キングダム第410話「二つに一つ」

 こんばんは、星野です。
 今週は太后様のターン。…色々とやらかしてしまった人とはいえ、一体どうしてこうなってしまったのか。
 破滅へと向け爆進するアイ国。その中で、太后様が思う事は………。
■感想御題:天は、彼女に最後まで踊れと…。太后最後の舞は、遂に秦国最大の内乱へ。
 バレたからには仕方ない。
 そう言って、咸陽への挙兵を促す虎歴。それでも太后や皆を含めて相談して決める、とロウアイは必死にごねますが、もはや挙兵は時間の問題となっていました…。

 太后様はここで、最も下手を打ってしまったのは「隠し子の件がバレた事」と考えます。
 実は子供達の件については、細心の注意を払って隠していたハズだったのです。…しかしぶっちゃけ、こんな秦国から勝手に独立した「アイ国」の大臣とかになっておいて、今更子供二人の存在が発覚した位でそこまで慌てますかね…こいつらは…とは思うのですが(苦笑)
 案の定、もうこれで咸陽は容赦なく攻めて来るに違いない! と色めき立つモブ大臣ABCD達。
 虎歴大臣曰く、「最初に出産した時、ある御方にだけバレてしまっていた」との事ですが…その「ある御方」ってのはどう考えても呂不韋でしょう。ここへ来て、今更ポッと出の訳分からん新キャラが、という事は無いでしょうし…。
 もはや趙高にも打つ手はありません。太后様は、彼を「宦官になんてなっていなければ、最年少で丞相まで登りつめたかも知れない逸材」と評しましたが、もし本当にそうであれば、そもそも彼は宦官になどなっていなかったのでは…と思います。並ならぬ才能は確かにあるのでしょうけれど、海千山千の連中の中で出世していくスキルまでは無かった、という事なのでしょう。そしてそれは、太后様も同じでした。
 虎歴は元々、楚から送り込まれた回し者でした。…つまるところ、適度な所でアイ国を暴走させ、内乱を起こさせて秦の力を大幅に削ぐ為に、アイ国は利用された形になります。
 こんな北の果てまで来てもまだ、誰かに利用される。それは彼女にとっては本当にうんざりな事なのでしょう。

1)挙兵して咸陽をブッ潰す
2)この場で太后&ロウアイ、そして二人の子供達の首をはね、それを手土産にして咸陽に許しを請う。

 
 子供達までいつのまにか虎歴に人質に取られ、上記どちらかの選択肢しかなくなった時点で、彼女の運命も決まりました。しかしここへ来ても尚冷静な太后様マジすげぇ…。

(挙兵してどうする。運よく咸陽を落としてもその先は…)
(虎歴を仲介にして楚を盟をなして秦を手にするのか……冗談じゃない。疲れるって言ってんだよ、もうそういうのが…)
(――かと言って動かねばここで終わり…。クク こんな下らぬ最後ならもっと早く終わらせていればよかったじゃねェかよ)
(所詮すでに破滅したこの人生。ここにきて安息を手に入れようなんて虫が良すぎたって話か…)


 そんな事を言う間にも、虎歴の合図で最後の一押しをキメようとした文官Aの刃が、太后様のすぐ傍に。
 そしてその瞬間、彼女の心は決まりました。
 やめろ…文官A、逃げて!! こういう腹を据えた人に迂闊に近づくのはヤバいです!!

(いいだろう。最後まで踊りきれっていうのならやってやろうじゃないか。天よ)
 ギュムゥゥゥゥゥゥゥ。
 うわあああああああああああああ!!!(絶叫)
 だから言ったのに…無茶しやがって…ッ。文官Aのムスコが今、壮烈に散った!!

 しかし、何というか、流石政の母というべきでしょうか。
 戦(や)るからには最後まで付き合ってもらう、と宣言した彼女の檄も凄まじいものがあります。

「咸陽を叩きつぶし王位を我が隠し子に強奪し新しき王朝を打ち立てるところまでだ」

 決行は一か月後、旧都"雍"にて行われる政「加冠の儀」。
 …もう、政の事は完全に、自分の子ではないと…改めて彼女と政の間の情の無さを思い知ります…。この二人は「母子」として向き合うには、あまりに辛すぎる時間を共有し過ぎてしまったのかも知れません。

 こうして、もう後戻りの出来ぬ道を突っ走り始めたアイ国。
 太后様自身が言っているように、今更虫の良過ぎた話だったのでしょう。幾ら過去にあれだけの事があったとはいえ、彼女は太后としても人としても、やっちゃいけない事をやらかし過ぎちゃったと思います。
 それでも、一体何故こんな事態に、と思わずにはいられません。もう少し、もっと他に、「安息」を得る方法は無かったのか、と……。
 かつて邯鄲の宝石と呼ばれ、沢山の人々を魅了して舞っていた彼女が、今は破滅の舞を踊っている。幾ら舞妓出身だからって、ちょい苛酷な運命と躍らせすぎじゃあないでしょうか…天よ…((ノД`)・゜・。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

楚っとしといて欲しいけど

こんばんは。今回もアイ国オンリーでしたね。

しかし確かに、反逆なんて大それた事に付き合った割には大事なところで肝の小さい文官たちばかりでしたね。反対に、ロウアイはこの2週で随分好感度が上がりました。そしてそれは太后様も。

さすがに、とっくに自分の人生は破滅していると悟りきっているだけあって胆力は凄まじいですが、策略謀略ではやはり後手に回らざるを得ませんね。趙高がもっと出来る男かと思ってましたが。

しかしまあ何と言っても、事ここに至ってなお、全てが呂不韋の手のひらの上なのが心底気に入りませんねぇ。早いところ狼狽した顔芸ダンディを見せておくれ、天よ。

政の決断は?

管理人さま、こんにちは!
政は非情な決断をしなくてはならないようですね。この親子は最後までこのまま終わるのでしょうか?太后・ロウアイ・子供二人の運命は?後宮でおとなしくしていれば良かったのに。でもそれは呂不葦にとっては都合が悪いか…。そこから呂不葦の掌だった?
しかしモブ大臣共…。首を4つさしだして自分らは無罪放免なわけないと思わないのかな?今回は礎の政策がらみですが、秦もそのうちやりますからね…。しかも鍵を握る人物が本編にもう出ているみたいだし。
アシリパさんを見ているとナコルルを思い出します!ゲームの人気キャラで彼女もママハハ(鷹)、シルクゥ(狼)をつれて戦っていたっけ…。よくゲーセンで勝負したけど強かったな。

状況判断?

星野さま、とうとうスカウターまで…寒くなってきてますのでお体ご自愛下さいませ。


それにしてもアイ国…

①密通がバレちまった!一刻も早く反乱して奇襲しないと「咸陽から討伐軍」が出そうでヤバい!

虎歴「秦軍の主力は国境付近に張り付いてて咸陽は手薄」

???


②密通がバレちまった!「一刻も早く」反乱して奇襲しないと咸陽から討伐軍が出そうでヤバい!!

太后「1ヶ月後(まで待って)加冠の儀の時に反乱起こすぜ!」
?????


…どー考えても状況判断に矛盾ありすぎな気がしますが…原先生ェ。


ま、まぁ太后様の最期に直面した趙高が怒りと悲しみで人為変態する事を期待しましょう。

No title

↑は自分も確かに思いましたねw
そして趙高が人為変態したら秦国滅亡フラグなんですがそれはw

太后様のギュムゥゥゥはムタの吹き矢以上の驚異としてテンや向ちゃんに伝授してほしいですねwもちろんキョウカイでも可ww

カテゴリが、、、、

これは感想ではないのですが、、、宜しいでしょうか?
管理人様、カテゴリがキングダムのYJ感想では無いのですが、、
少し気になったので書きました。

意外と呂不韋じゃなくて政が出産に気づいたとかじゃないかな
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR