キングダム第411話「雍に集う」

 こんばんは、星野です。
 今週YJは来週休載! な漫画が多いですが、キングダムもまた…。
 こ、この展開で次号、休載! はキツいものです…(^^;)
■感想御題:雍に集いし役者達。そんな中、飛信隊は…。
 扉絵の政、いよいよ名実ともに王様! って感じでかっこいいです。
 そう言えば、そろそろ髪型も変わるのでしょうか。

 いよいよ政が加冠の儀を迎える中、飛信隊は絶賛戦地往来中でした。順調に魏への侵攻を進め、今も速攻で敵の援軍を追い払っています。
 …楚水さんが凄い逞しくなってる気がする…!! 顔がもう、完全に荒くれ野郎共の一員の顔になってる!! 逞しくなるのは良いけれど、どうか飛信隊の数少ない常識人であってくれ…!!
 この人も出世しててくれると嬉しいなぁ…。二千人将位には…なってて欲しいなぁ…。

 さて、本営の貂の元にも忙しなく伝令が届いています。
 どうやら、侵攻はかなり順調。…しかし、隆国さんからは、隆国軍と並走して「垣」、「蒲陽」という二つの城を落とす作戦みたいなので、何せ遅れる訳にはいきません。これだけ急ピッチで進んでいても尚、気を抜いていられないようで…。
 いやしかし、なんだかんだ隆国さんのガミガミ、結構飛信隊にも功を奏しているのでは? と思います(笑)
 より効率よく無駄の内容に、きちんと細かいところまで気を付けて戦をする。軍師がいるとはいえ、ともすれば勢い任せになりかねない飛信隊に、こういう繊細な要素は絶対に必要です!!
 当の信はと言えば、うるさい隆国さんから解放されて絶好調。
 貂の予想を上回るスピードで敵の援軍をブッ潰し、ここから更に本軍を先に進めようとしています。目標とする「垣」城は常識で言えば「万」の軍で攻める城との事ですが、そこは、実質八千人隊となった飛信隊への、隆国さんなりの試練なのかも知れません。
 さて。
 そんな所に、孫築さんという伝令係の人がやってきました。
 どうも、咸陽の昌平君から急ぎの伝令で来たと。貂も名前を知っているみたいですし、そんな怪しい人ではないかも知れないのですが…。
 何かあの、メッチャ怪しいんですが(汗)
 封が破れてる事といい。
 51ページ最終コマの、不審な表情といい…。

 しかし
「こんな離れてて道とかまで分かんのかよ総司令様は」
「そーだよなめんなよ先生を」
「いくら何でも咸陽からこっちの天気が分かるわけねェだろ」
「分かんだよなめんなよ先生を!」

 …このやり取り、何か和みます(笑)
 貂の先生尊敬っぷりがハンパ無いです。

 さて、内容は「黒道」を使って攻めろ。と、天候に気を付けろ。
 という事なのですが、貂は何か他に気付いたことがあるようです………。

 一方、信は「咸陽」という言葉で、ふとある事を思い出します。
 そう、少年の日、秦国王宮で交わした約束の日。
 ――「加冠の儀」が、もうすぐ目の前に迫っていました。

 その場所は、旧王都「雍」。嘗ての国色であった青一色に(政の時代は黒)染められたその古都に、政は9年ぶりに足を踏み入れました。
 13歳の時、王位継承をしたときは、完全に傀儡の王。
 しかし今度は、名実ともに本当の「王」となる為に、数々のピンチを脱し、遂に彼はここへ辿り着きました。

 そして、その場所へ来たのはもう一人。
 
 制止の声を振り切り、見開きページでご登場! 颯爽と車から降り立ったのは、太后様。
 …先週からもう、株上がりっぱなしです…! 昌文君でさえ完全に黙らせてる…。
 もう後戻りできない道を往く彼女。アイ国の件は「めでたい式典が終わってからじっくり話そうじゃないか」と据わった目で返します。…話すってのはあの…やっぱり平和的な話し合いではなく、軍と軍で…!?(ガクガク)華やかな古都が血に染まりそうな予感が!!

 しかし、そんな中彼女はふと、政が「でかくなった」事に気付きます。
 いつの間にか、背も彼女より高くなり。
 それだけではなく、人としてもより「でかく」成長していた政。
 …嘗て呂不韋と後宮で密会した時、政の事を「何も感じなかった」と語っていた彼女でしたが、ここへ来て「いつの間にこんなにでかく」と心の中で思うのは、少しくらいは、何か政に感じることがあるのでしょうか。
 ロウアイとの間に出来た2人の子が、彼女の中にある母性をほんの僅か引き出してのことか、それとも単に「手強くなりそうだ」的な意味合いなのか。
 式典が終わった時、2人はまだ「政」「母上」と」呼び合う事が出来るのでしょうか……。

 そして、そんな母と子を遠くから見つめるダンディー呂不韋。
「いよいよ」
 二十三年前の"奇貨"の実りを回収する刻が来たな。
 その瞳は野望に燃えて。
 王位継承なんてほぼ無理に近かった、冴えない人質の王子に、嘗て彼は全財産を、そして愛する女性まで捧げました。
 商人から一国の相国にまで登りつめて尚満たされぬその野心。もう十分回収したじゃありませんかと思わずにはいられませんが、この男の欲というのは限りがありませんね。
 こちらとしては、そろそろこの溜まったイライラをスッキリ解消させて頂きたいので、残念ですが今回の回収劇が不発に終わる事を期待したいです。
 昌平君からの伝令文が、飛信隊を矢張りこの舞台へ引き寄せる事になるのか!? にも注目つつ、以下次号!!
 …と、思ったら。
 来週休載だとォォォ!? う゛ぇろろろろごうろろろあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ッッ!!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

荒くれないで…

星野さま、こんにちは。そろそろ秋も終わりでしょうか。ホットワインや熱燗の恋しい季節ですね。

政たちは、晴れの日だというのに、おいしいお酒は飲めそうにないですね…しかし、太后様のオーラすごいですね。つくづくこの母子、似てるんだなぁ。

礼儀正しい(そして切羽詰まると敬語を忘れる)楚水さんがツボな私としては、あまり荒くれないで欲しい気が…。
テンちゃんがシャキシャキしてるの、やっぱりイイですね♪

キングダムと関係ないのですが、私も「南極物語」途中から観てました。昔観た時は、置き去りにされた犬達がひたすらかわいそうでしたが、今回、本能のままに雪原を駈け、狩りをする犬達の姿に崇高な輝きを感じて…「人間のいない世界はなんて美しいのか」と思っていました。
もちろん、連れて行ったのは人間の勝手なのですが。ちなみに私も、クマは長生きしたと思いますよ!
しかし、高倉健さん追悼企画なのに、画面はほとんど犬と雪でしたね…

休載は酷w

昌平君からの書状、封が切られてたり「黒道」「天候に気をつけろ」ってのは貂への裏のメッセージですね、もちろんアイ国関係で。
とりあえず政・呂不韋・太后がまとめて擁に集っているわけですが、ここで何が起こるかドッキドキですね・・・。
呂不韋の刺客が政を狙うにしても昌文君らがきっちり固めてるだろうし直接政を狙ってくるのでは無い可能性もありますし、以前呂不韋が言っていた「絡繰り」がどういうものなのかとか。ホントこのタイミングで休載とは酷な事をしますねww

南極は犬達が一人(一匹)ずつ倒れていく展開がもうある意味テラフォよりくるものがありましたね、とりあえずシャチに殺られた子がウチの昔買ってた子に似てたため、ハリネズミに頭えぐられろとか思いましたねww(ジャレッドさんごめん)
ただやっぱり健さん追悼企画としては微妙に外してた感が・・・やっぱり
任侠ものにしたほうが良かったんじゃ・・wもしくはゴルゴとかw

決着が近い?

管理人さま、こんばんは!
なんか色々と伏線があって決着が近い気がします。個人的にはロウアイの乱はセイキョウの乱みたく、話が大きくならないと思っていたので…。やはり信も今回の件にからんできそうですね!そして政は非情な決断をせまられそうな気がします。政が勝つならそうならざるをえない感じが。
二週間は長いですね…。続きが早く知りたい!

何もしてない王がどうやったら成長するのか?

No title

こんにちは☆

いよいよ、加冠の儀。雍に役者が揃いましたね!

今週も色々ありましたが、やはり気になるのは先生からの伝者。ほんと、めっちゃ怪しいですよね^^;

どう見ても、中身を確認して、誰かに漏らしたとしか、、、

楚の策略か?さらに天候の話とか、ひょっとして策略をも見越した先生の暗号とか?など、色々思うところありますが、、、

次号休載 ・゚・(ノД`)・゚・。

これから

やはり対立しかないと思うと切ないですが
政がどれだけ辛い思いをしなければいけないかと
考えると気の毒で…(T_T)
楚が絡んできたのは予想外だったな(-_-;)

アニメでは輪虎に対して「もっと我々を信用してほしい」と苦言
やはり将が信用するのとしないのとではやる気に差が出ます
彼の心にどこまで届いたかは不明ですが

信に重傷を負わせた所で次回続き
今まで散々休んできたんでもうお休みがあってほしくないけど
年末年始休みがあるんだよなー(-_-;)
また1月近く休みは0にしてほしいです
 

Re: 荒くれないで…

 サンさま、こんばんは!
 そうですね、そろそろ熱燗やホットワイン、といった温かいお酒も美味しい季節です。

> 政たちは、晴れの日だというのに、おいしいお酒は飲めそうにないですね…しかし、太后様のオーラすごいですね。つくづくこの母子、似てるんだなぁ。

 確かにそうだと思います(苦笑)あの見事な檄も……。
 ほんのちょっとボタンを掛け違えなければ、普通に良い母子になれたかも知れないのに…と思いますね。あんな環境でなければ……。

> 礼儀正しい(そして切羽詰まると敬語を忘れる)楚水さんがツボな私としては、あまり荒くれないで欲しい気が…。

 おお、私も同じです!! やっぱり、楚水さんは荒くれないで欲しいですね。
 貂はやっぱりああしておかんみたいに飛信隊の男共をチャキチャキッと纏める姿が似合いますね。もう、すっかり飛信隊の一員だなぁ…と改めて思います。
 南極物語、ご覧になっていたのですね! クマ、長生きしてると良いですよね。
 仰るように、確かに殆どが氷と犬………。(^^;)追悼として…となると、他には「鉄道員」や「網走番外地」といった作品でしょうか…。

Re: 休載は酷w

 am56さま、こんばんは。
 やっぱり、あの封が切られていたり「黒道」や「天候云々」は何かしらの暗号ですよね。そして雍には太后様自らが乗り込んで来たり、どう決着が付くのか目が離せません。

> 南極は犬達が一人(一匹)ずつ倒れていく展開がもうある意味テラフォよりくるものがありましたね、とりあえずシャチに殺られた子がウチの昔買ってた子に似てたため、ハリネズミに頭えぐられろとか思いましたねww(ジャレッドさんごめん)

 リキですよね。…リキのシーンは私も泣けました。特に、リキの飼い主の姉妹の姿が余計に来るものがあります。何であんなタイミングでシャチが(涙)
 高倉健さんの追悼、としては…任侠ものでも良かったかもですね。網走番外地とか…。

Re: 決着が近い?

 danさま、こんばんは!
 私も決着が近いと思います。どんな形で決着が付くのか、そして政は母の苦しみを止められるのか。
 信がどんな形で絡んでくるのか。諸々気になる事が多すぎて、二週間の待期期間が本当に長いです。もう少しで発売日ですね、待期期間が長かった分、熱い展開が楽しみです!

コメントありがとうございました>うえでんさま

 うえでんさま、こんばんは!
 いよいよ役者が揃いましたね。飛信隊に届いた怪しさ満点の先生からの伝者と言い、飛信隊もきっと今回のエピソードに絡んで来る事でしょう。

> どう見ても、中身を確認して、誰かに漏らしたとしか、、、

 そうですよね。…あの怪しい表情からして、そうとしか…。
 しかし、そこはきっと昌平君がそこまで見越して、暗号じみた文章で貂に何かを上手く伝えたに違いないと思いたいです。
 待期期間、長いですよね…。あと少し。休載明けが楽しみですね。

Re: これから

 鹿角さま、こんばんは。
 もう、とうとう対決は避けられない状況になってしまいましたね…。太后様も哀しいですが、政はもっと辛い思いをすることになると思うと、例えこの一件で呂不韋を追い込み、政が名実ともに王権を手に出来るとなっても、あまり素直には喜べません…。

> アニメでは輪虎に対して「もっと我々を信用してほしい」と苦言
> やはり将が信用するのとしないのとではやる気に差が出ます

 魏兵のあのセリフは、原作でも正直「良く言った!!」と思いました。魏の人達にしてみたら、あの戦いは自分達の国を護る為の闘いであって、廉頗達の復帰戦じゃないんですから…。
 輪虎にもあの台詞はちゃんと届いていると思いたいです。
 ちょこちょこお休みがあるのでしょうか、あまり休まれるのは嫌ですよね…。その分長く楽しめると思って、待期期間を凌ぎましょう(^^;)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR