スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私達、血よりも強い絆で繋がった…………家族です。

 こんばんは、星野です。
 やっと観れました、テラフォアニメ。…うん、やっぱりハンカチ用意必須だった………。(ノД`)・゜・。
 YJでは対談で思いっきりネタバレしてましたが(アニメから入った人もいたでしょうに…^^;)、遊佐さん、熱い演技ありがとうです。しかし、最終回でもないのに記念撮影って(^^;)やめたげて!!(笑)
 うん、こんなん見てたら、そりゃ「濡れると危ない」ってタオルバサァされてたエヴァだって、「道(そこ)を……退きなさい」くらい言えるようになります。と、改めて感じました。。
 俺たちのアドルフ…。(ノД`)・゜・。
 アニメで動きがつくと、ますますもて「てきとーに」踏んでるようにしか見えない…(苦笑)
 あれのどのあたりが「適切な処置」!? とツッコミたくなるところからのハゲゴキ復活→銃弾の雨から「こいつらを、護る!!」と電磁バリアを出すシーン、もうほんとに泣けます…。
 もうレイン・ハードを持つ力も残ってないくらい、ふらふらだった筈なのに。
 
 ただ、ちょいと幾つか不満はありますね…。
 まず、冒頭のナレーションの「落雷」についての説明。あれは「側撃雷」の所までしっかり説明してくれないと…!!
 それと電磁バリアの直前、エヴァやワック、サンドラさんのプロフィールを読む所。
 あそこは、やっぱりアドルフさんの声でやった方が良かったんじゃあないでしょうか…。聖書の方はナレーションで良いので、班員みんなのプロフィールの所は、彼の声でやるからこそ意味があるんじゃ、と思うので…。あそこは逆でよかったと思いました。
 それと「もう、嘘を吐かないで 生きよう」の所。
 あそこは普通に、イッヒリーベディッヒの電話で良かったんじゃないかなーと。…幼少期の電極に繋がれた鰻状態の姿をあそこで重ねられても(^^;)でもここは、本当に声優さんの演技が良かったので、まだ…。
 …あと、少年アドルフさん可愛いですし…。じゃなくて!!!
 そこはまだ良いにしても、どうしても許せんところが。

 …ほんとのラストのシーン。
 あの。

 ………あの…アドルフさんのお母さんのあのセリフ、どういう事ですか!?(悲鳴)

 何ですかあの、てきとーな言い方!? あの、なんていうかその………もうちょい、何とかならなかったんでしょーか………。あの台詞、凄い大事な台詞じゃないですか!!!
 どんな形でも良いから、アドルフさん→エヴァへも繋いで欲しい大切な台詞なのに。
 あの…あそこはDVD化する時にでも録り直して欲しいです。正直。はい。あそこだけは、ちょっとあの…すみません涙の雨も止むポカーン状態でした。

 ただ、幾つか少しだけ良かったと思えたのは、エンリケさんの改変です。
 エンリケさんは、原作ではあの時点で亡くなっていましたが、アニメだとまだ生きていたっぽいですね。
 イザベラ以外全員ちゃんと生きていて、そして班長と共にその時を迎えた、という構図が、切なくとも心に響くものがありました。
 食事シーンもきちんと入れてくれたのは嬉しかったです。あのシーンのイザベラほんとに好きなんだ……。

 それと、エヴァがハゲゴキに「大好きなアドルフさんを…お前らなんかに、渡すもんかぁぁぁ!!!」と叫ぶシーン、あの演技はGJだったと思います。
 エヴァは、アドルフさんが倒れた後、呼び方が「班長」→「アドルフさん」になってるのが凄く泣けるのですが、そんな彼女の想いが凄く良く伝わるなぁと。
 きっと、ほんとはエヴァももっと「アドルフさん」って呼びたかったんじゃないかなぁと思うんです。
 でも、きっと消極的な性格もあり、なかなか名前で呼べなかったのかなと。
 彼がいた時に、どれだけ「アドルフさん」って呼べてたのか、考えると何か妙に切なくなるんで…。

 あとあの…。
 だから、あの電話のシーンとかいいべや!! もう!!(苦笑)
 随分まぁ短いスカート履いちゃって…。ジェシカさんは、実は今日チェックしてしまったテラフォの小説版「月の記憶」でちょこっと株が上がったりしているのですが、あの名台詞は捨てがたい(「君は童貞かね?」からの「強い男は云々」)ので、あそこをやるならあの切り捨てシーンは必要ではあるのですが………。
 
 この第五班のエピソードでは、もはや主人公かというくらい、キャスト欄トップにいたアドルフさん。…テラフォイイ男ランキングナンバーワンは伊達じゃないぜ!(笑)
 そんな中、ローザさんの姓がラインハルトではなく旧姓になっていたのは、…何ですかね…アニメスタッフさんの何かあの…意図的なものを感じるのは気のせいですかね(^^;)アニメスタッフさんにも、アドルフさん結構人気っぽいですし。
 ドイツって結婚しても姓は変わらないとかそういう事ならまだ分かるんですが。

 さて、そっからいきなりマルコスの投石撃破&加奈子ちゃん大活躍なシーンに変わりましたが、うん、残り話数的にこれくらいのすっとビングは仕方ないのでしょうね…。
 短い尺の中、第五班の闘いをほぼ原作通りに熱く描いてくれた事は、本当に感謝したいと思います。

 …やっぱダメだ…。
 今週のエピソードは、分かってても何か、なかなか観る勇気が無かったのですが、やっぱり泣けた…。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。