スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして集いしクルセイダース!! …遂に、遂にエジプト編開始ッ!!!

 こんばんは、星野です。お正月明けの仕事始めの週、皆さまは如何でしたでしょうか?
 憂鬱で堪らなかった月曜日でしたが…この日をッ! 楽しみにッ!! 乗り切りました…!!
 …実は金曜日、あまりに楽しみ過ぎて……。ジョジョの先行上映会へ行って来てしまいました……。大画面で観るイギ―、そして承太郎達。…最高にハイな金曜日でした!!!
■先行上映会
 25、26話を上映するとの事で、…どうしてもイギ―に早く会いたいと思い、遂に遂に、行ってしまいました。
 この日だけは…この日だけはッ!! 絶対に絶対に絶対に絶対に絶対に絶対に絶っっっ………対に!! 定時に帰るんだぁぁー!! との想いを胸に、予定通り職場を飛び出し、TOHOシネマズ日劇へ。
 上映会までの間、「『愚者』のイギ―と『ゲブ神』のンドゥール」編を読みながら復習。…イギ―のブサ犬っぷりににやにやしつつ、20時になりました。
 …何というか、想像以上に女子率が高くて驚きました…。どちらかというと男子の方が多いと思っていたので…。。
 司会進行役の方が、妙に滑舌が悪い? ような気がする&原稿にしょっちゅう目を落としているのがちょっと気になりましたが、トークショー楽しかったです。ほんとにジョジョ好きなんだなぁと(笑)特に小野さん登場で起こる拍手→「やかましい! うっとおしいぜッ!!」は最高でした(笑)どうもイベントの度にやってるみたいです。
 ここは観客も「キャーッ、あたしに言ったのよっ!!」と言うべきなのでしょうか(笑)
 そして始まる上映会。…OP&EDは是非、放映で…との事で、本編のみ25、26話を上映。
 トークでも語られていましたが、下手にOP,EDで区切られない分、「映画のような感覚」で観る事が出来ました。これぞ、大スクリーンの迫力!! …いやぁ…イギ―最高でした………。
 26話はネタバレになってしまいますので詳細は伏せますが、とにかくイギ―の演技最高です。26話も、また放映日に観るのが楽しみでなりませんッ! 何ていうか…声優さん、「俺は人間をやめるぞ!!」という勢いで演じられてらっしゃるなぁと。見事なクソ犬です…!!
 ああ…三か月待っただけに、もう嬉しくて嬉しくて。以降、主に25話について語ってみます。

■25話について
 あの、妙に存在感あるヘリの運転手二人の原作再現率の高さに吹きました。…何度見ても笑えます。いかにもどちらかがスタンド使いですって言わんばかりな感じだったのに(^^;)
 それと、「助っ人を連れて来てくれたのだ」とジョセフが語った時の花京院の髪の荒ぶりっぷりが凄い再現度高くて笑えました。…うねってる…凄い元気一杯にうねってる…。
 そして、待ちに待った彼の初登場シーン。
 …何という原作再現度…!! ポルナレフの髪がものっそい毟られっぷりで笑いました。…やめたげて…そんなんやったらポルナレフの象徴とも言えるあの髪が…!!(^^;)さり気なくボッサボサになった髪を手早く直すシーンが追加されてるのが嬉しいです。
 しかしあの毟り方を見て、きっとイギ―は、髪が薄い人だろうと、容赦なく毟るんだろうな…と思いました…。
 愚者の登場シーンも凄い迫力でした。さり気にドヤ顔してるのがぶさかっこいい!!

 そしてポルナレフ。
 ………イギ―とめっちゃ仲良くなってますね…(笑)…なんかあの…ちょっと泣けました。泣けると言えばEDが凄い泣けるんですが、それはまた後で書くとして。
 
 まさか、あの第5部の写真撮影のシーンがサラッと描かれるとは!!!(歓喜)
 あったら嬉しいなぁ…でもなぁ…なんて思ってたら、まさかまさかの!!! 凄い自然な流れでしたし、皆ほんとに良い笑顔していて、見ただけで泣けました。原作の写真では少しブスっとした表情だったイギ―も地味に笑ってるのがいいです。大好きなコーヒーガムも貰えましたし、きっと機嫌も直っていたのでしょう。ジョセフの膝の上でちゃんと大人しく座ってるのが何とも…。(その直後に、↑の通りポルナレフを追いかけ回してますが(笑))
 承太郎がこの写真を手にして微笑んでる図がGJです。
 
 しかしそんなほのぼのしたのも束の間。
 ホリィさんの命はもってあと二週間。…にも関わらず、まだ敵はあと9人残っているかも…という不穏な情報を得たその直後、ヘリの二人は殺され、さっそく9人の内の一人、ンドゥールが遠隔攻撃を仕掛けて来ます。
「お前がエメラルドスプラッシュ食らわせてやりゃあいいじゃねーか!」
「僕だって嫌だ」
 …このやり取り原作でも思ってましたが最高です(笑)
 ホントに花京院てポルナレフに気を許してるなぁ…としみじみ思います。そしてこれだけわーわーうるさくしゃべっていれば、当然「音」で敵を感知して攻撃するンドゥール様に狙われるのは必至。…いや、ほんとこの人達うるさい!!(笑)と思いました(^^;)
 花京院が倒れるシーンの緊迫感や、さっきまであんな言い合ってたけれど、パニックを起こす位心配するポルナレフがほんとにイイ奴です。
 花京院を抱えて走るシーン、抱える人の重さと砂に足を取られて思うように走れないもたついた感じが良く出てると思いました。結構好きなシーンです。…花京院はあの一行では一番華奢に見えますが、よく考えたら十分体格良いんですよね……。
 それと、イギ―の動き。
 なんかこう、イチイチ「犬」です。…いや、犬なんですが(笑)コーヒーガムを噛んでる時、ご機嫌な時に尻尾がピコピコ揺れてる所とか、鼻をふんふん鳴らす所。車の窓によじよじっ! と登ってさっさと逃げる所。あのお尻の動きがたまりません。凄い熱そうな砂地で呑気に昼寝こく所は、最高に可愛いです。このイギ―の仕草、動きに、凄い愛情を感じました。可愛すぎる………。
 ええ、CMでは徐倫やエルメェスも欲しがるのは解ります! 正に人類の夜明けです。
 そう言えば、「オラオラジオ」ではイギー役の福圓さんがゲストでいらしていましたが、メールで来ていた「イギー的に、クルセイダースの面々によしよしされたい人は誰だと思いますか?」の質問に「イギーは基本的に全員下に見ているので、そう言う気持ちは無いと思う」というような回答をされていて、…ああ、この人ならペット・ショップ戦もバッチリだ! と思いました。イギ―は最後まで、別に誰にも懐いてなかったと思いますので。
 でも、きっと一緒に旅した日々は悪くなかったんだと思うのです。だからあの時だって…(グスッダメだちょっと…)「懐いていた」というより「気に入っていた」って感じかなあと。

 と、閑話休題。
 容赦ない追撃を加えるンドゥールのスタンド。果たして、承太郎達はどうやって倒すのか!?
 という所で To Be Continued…となりました。次回予告のイギ―の哀しげな(?)鳴き声が最高です。
 …ああ、今週のギャグパートのシーン、DIOの館突入後を想うとまだ後半戦始まったばっかりなのに切なくなるなぁ、なんて思ってたら…あのEDだよ!!! (ノД`)・゜・。
 
■EDについて
 何ていうんですかね。
 あの哀愁漂う曲。…そして所々のシーンが、前半戦は「さあまだまだ旅は続くぜ!」って感じで、皆で旅してる! 感じだったのに対して、まるで家路につく列車の中で旅の日々を想っている、そんな感じに見えました。
 地味にオインゴ&ボインゴ戦で承太郎達が立ち寄ったあの喫茶店も旅の景色の中にありますね。
 実際、ここから先五人と一匹が勢揃いで旅路を往く事は無い訳ですが、列車の中で承太郎も珍しく笑っていて、皆勢ぞろいなところが、何とも泣けます。…なんでこうやって、皆で一緒に列車に乗れなかったんだと……。
 ジョセフの持つチケットが三枚しかない事。
 窓辺にちょこんと座り、ポルナレフと一緒に外の景色を眺めるイギ―。
 ここでなんかもう、ゴメン…ちょっと目が……って感じだったのに………。

 曲のラスト付近。
 川を挟んで別れる三人と、二人と一匹。まるで先を行く人達を照らそうとするように、炎を起こすアヴドゥル。ぽつんと佇み、橋の付近にいるポルナレフを見つめるイギ―。花京院が初登場時に付けていた謎のストール付きだったのを見てちょっとクスッと来てしまいましたが、その景色もやがて砂漠へと変わる辺りから、もう涙腺がやばいです。
 砂漠の中一人佇む承太郎、風に砂が吹き上げられ、その足跡も消えていき。…一人で歩き出した承太郎も去った後、ひらりと何かが宙に舞いました。
 あの写真が。
 …もうここで、目からエメラルドスプラッシュが………。(ノД`)・゜・。
 ボロボロになり古ぼけて、少し色褪せて。…それでも尚、消えずに輝く彼らの黄金の精神と想い出。
 ああ、命懸けで苛酷な旅路ではあったけど、本当に楽しい旅だったんだな、と。…なんでこんな、泣ける映像&曲なのよォ―――ッ!! 毎週泣けて来るじゃあないですか…。
 いやでも、ほんとにありがとうございました。
 何度も見返してしまいました…。最高です。大好きだ!!!

■OPについて
 カラオケで、ジョジョファン皆で歌ったら凄い盛り上がるのでは、と思いました。…特にあの、最後のオラオラが(笑)
 曲全体は、映像と相まって燃えました。ジョナサンとディオの因縁に始まり、やがてそこから100年の時が経ち、遂にディオの世界を終わらせる承太郎が登場する出だしはかっこいいと思います。
 そしてOPの端々に、グッとくる映像が凝縮されていましたね。
 ヴァニラ・アイスのあのシーン。
 花京院の結界。
 受け取った命のバトンを承太郎へ繋ぐジョセフ、その喉元に迫る刃。
 そして、時の止まった世界の中、僅かに動く承太郎の右手……。
 この辺はもう鳥肌モノです。
 個人的に、前半戦の「STAND PROUD」では、二番の歌詞に入っていてTV版のOPとしては流れなかった「クルセイダース」という言葉が1番から堂々と入ったのがポイント高かったです。
 始まってしまった物語に~歩き続けるクルセイダース の辺りは脳内ぐるぐる回ってます。
 それと、最後の方の「その拳を叩き込め end of the World その血の記憶」の辺りは凄くハイになります。…いよいよ最終決戦が近い感じがして!!
 最後のオラオラは思わず一緒に言いたくなる感じですが、ちょっと笑ってしまいました(^^;)
 私は個人的には凄く好きですが、結構好き嫌いは別れそうだなぁと感じます。
 映像はもうとにかく最高なので、カラオケでは是非映像付きで配信されて欲しい…ッ!!!

 これからまた、長い旅路が始まります。
 金曜の夜は酒瓶を片手に、テレビの前で待機です♪ コーヒーガム食べたい…。
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遂に始まりましたね!
 自分もOPのサビ?部分見た時はうわぁぁぁッ」ってなりましたよ、
特に階段の二人と一匹→法王の結界のコンボ時点で特にキマした・・・。

 本編見た感想として大まかはこの間書いたのが期待通りだった他は
そういえば花京院はもうこれ以降ダービー弟まで出番がないんだよな・・と今更ながら思い出しました、あと自分の知らない間に勝手に魂賭けられたりとかwまあペットショップ戦からの「恐怖を乗り越えた花京院」としてカムバックの流れが楽しみでありますw

 5部の写真の件はもう今考えるとさらにヤバイ気持ちになります、だって6部までの事を考えるとさらに・・・・・

コメントありがとうございました>am56さま

 am56さま、こんばんは!
 はい、遂に始まりました…!!

>  自分もOPのサビ?部分見た時はうわぁぁぁッ」ってなりましたよ、
> 特に階段の二人と一匹→法王の結界のコンボ時点で特にキマした・・・。

 ここは来ますよね……。「このラクガキを見て…」のシーンに、法皇の結界。…結界が同時に全て破壊されているのも地味に来ますよね…。
 あの結界のシーンを見ると、どうしても花京院の切ないモノローグが脳裏を過ります…。

> あと自分の知らない間に勝手に魂賭けられたりとかw
 
 そう言えば、そんな事もありましたね…(笑)ダービー弟戦のF-MEGAも地味に楽しみです!
 これから暫く戦線離脱になるのが何とも寂しいです。考えてみれば、五人と一匹が揃ったのは今回のエピソードの後は、DIOの館直前。余計に、あの写真のシーンが切ないです。…第6部の事を考えたら、更に…ですね…。

ようやく観ることが出来ました。相変わらず面白くて満足です。
ポルナレフに水筒を攻撃しろと言ったとき、花京院に友達がいない理由の一端を見た気がしました(笑)
ンドゥールはミスタの人でしたね。他には『彩雲国物語』浪燕青を演じている人でしたか。

イギーのスタンドは確かにシンプルで強いですよね。承太郎、ポルナレフ、アヴドゥルも同じタイプですが、イギーのスタンドは都市部とか日本じゃ鳥取砂丘ぐらいでしか使えないんじゃないでしょうか?
ポルナレフはギャグ担当ですけど、ワムウと同じく戦闘の天才だと思うんですよね。ボスが直々に始末しに赴くっても凄いです。

曲に関しては個人的に2部のOPが大好きです。2部の全てを凝縮したような映像に、ジョセフもシーザーも柱の男も格好良いし、リサリサも美しく最高でした。カラオケでもよく歌います(笑)

そういえばちょっと気になったのですが、ジョセフの隠者の紫はタブレットで念写とか出来るんですかね?
パソコンとかを使えばネットを介して、企業の機密情報を手にしたり、戦艦のミサイルを発射したり出来そうです。3部当時よりも6部や8部の時代のほうが隠者の紫は危険ですよね。

コメントありがとうございます>あるるかんさま

 あるるかんさま、こんばんは!

> ポルナレフに水筒を攻撃しろと言ったとき、花京院に友達がいない理由の一端を見た気がしました(笑)

 アレは、心を許しているが故の辛辣さなんですよね。しかしヒドいです(笑)
 そしてああいう態度をつい取ってしまう辺りを見ると、人に心を許すという事を知らずに生きていたんだなぁ…と思ってしまって、少し哀しくなります。

> イギーのスタンドは確かにシンプルで強いですよね。承太郎、ポルナレフ、アヴドゥルも同じタイプですが、イギーのスタンドは都市部とか日本じゃ鳥取砂丘ぐらいでしか使えないんじゃないでしょうか?

 どうでしょうねー…。イギ―の場合、スタンドがそもそも砂なので、砂が無い所では使えない…という事は無いとは思うのですが(ただ、砂地で使えば更に脅威になりそうですが)、何より、あの変幻自在な特性と、本体へのダメージフィードバックが無い辺りが強いなぁと。第4部とかでも十分通用する能力だったのでは…なんてつい思ってしまいます。

> ポルナレフはギャグ担当ですけど、ワムウと同じく戦闘の天才だと思うんですよね。

 ギリギリの状況下での判断力や、「剣で斬りつける」のみの本当にシンプルな能力のスタンドをあれだけ使いこなすのは、努力もそうですが、センスが無いとなかなか出来ないと思います。…性格上、ギャグパートが多い彼ですが、凄腕のスタンド使いなのは間違いないと思います。

> 曲に関しては個人的に2部のOPが大好きです。

 実は、私もよく歌います(笑)機種によってはアニメの映像も流れるので、更に震えるぞハート! ですよね…! OPの映像は、シーザーに赤いシャボン玉が重なって舞うシーンが何度見ても泣けます…。
 出だしの低音部分は歌いにくいのですが、サビの「闇を欺いて刹那をかわして 刃すり抜け奴らの隙を突け 貫いた想いが 未来を拓く」この辺の歌詞が特に好きで、つい歌ってしまいます。ジョセフを良く表してるな…と。第2部は映像も凄くお洒落な感じで、本当に第二部の雰囲気にピッタリでしたね。

コメントありがとうございます。あるるかんさま

 あるるかんさま、こんばんは!

> そういえばちょっと気になったのですが、ジョセフの隠者の紫はタブレットで念写とか出来るんですかね?

 そういえば、どうでしょうね…? 個人的には、テレビを使って念写(念聴?)をしていた位ですから、きっとやろうと思えば出来るのでは、と思います。
 ジョセフの「隠者の紫」は、そのままでは戦闘とかには向かないかもしれませんが、ジョセフの応用力も相まって、凄く便利なスタンドですよね。仰るように、今の時代なら、それこそセキュリティなんてお構いなしで、ハッキングし放題…。時代が進んだ第5部以降の方だと、また第3部とは違った活躍が出来るかも知れませんね。

Last Train Home

お久しぶりです♪

エジプト編、ワタシもホントに…ホントに待ちました!
テンション上がりまくる中でも何だかホロリと泣けてきて…最後まで保つのかオレ?(汗)

あのエンディング本当に泣けますね。曲のタイトルが「Last Train Home」ってのがあまりにも出来すぎというか…。
iTunesでJoJoのジャケットバージョンが今日から配信なので、思わずポチしてしまったワタシです(^^;

ちょっと旅したくなりました(*^^*)

Re: Last Train Home

 Seagreenさま、お久しぶりです…! エジプト編、始まりましたねー!!
 エンディングは、曲のタイトルがまた泣けるんですよね。…皆であの列車に乗って帰れたら…とどうしても思ってしまいます……。
 
> iTunesでJoJoのジャケットバージョンが今日から配信なので、思わずポチしてしまったワタシです(^^;

 私もちょっと揺れております…。ほんとに良い曲ですよね。
 私も、何だか列車の旅がしたくなりました♪
 …そう言えば、ジョースターエジプトツアー御一行様が使った乗り物の中で、もしかしてほぼ唯一、無事で済んだ乗り物かも…?(苦笑)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。