スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥か昔からこの地に住んでいる。

 今週はYJ表紙にカラー扉、それに様々な特集ページッ!!! 熱くならずにはいられないッ!!!
 脱獄王白石くん最高でした。…本当に、何故こうなった…?(^^;)2巻にこのシュールな漫画が収録されることを願っています(笑)
 そしてYJ表紙、背中合わせにそれぞれ構える杉元&アシリパさんカッコ良過ぎィィィッ!! テンション上がります。
 単行本2巻の表紙は、以前巻頭カラーになった時のアシリパさん&レタラみたいですね。あのカラー絵は凄く好きなので嬉しいです。
 さて、今週も大きく物語が動きました。
 土方かっこ良過ぎる…!!
 しんしんと更けてゆく小樽の夜。そんな中、土方達が向かうのは、樺戸集治監という監獄から出所した渋川という男のアジトでした。この渋川という男、元は盗賊団の頭首であり、部下たちからの信頼も厚いとの事。…この男を、どうやら土方は部下ごと手に入れたいようです。
 しかし、昼間に送った使者は戻って来ず、もうどう考えても決裂してるとしか思えないこの状況。
 先週出て来た永倉さんの情報によれば、盗賊団は12人。土方の手勢は、不敗の牛山さんを入れても8人。…人数の上では不利ですが、土方は言います。
「いつだって頭数は当てにならなかった」
 と。戦場で役に立ったのは、命を捨てる覚悟が出来ている者だけだ、と。
 その強さは、ギリギリまで死神に近づく事で活路を見出す杉元の不死身の強さとも通じるものがあります。
 …手強いジジイです。

 さて、渋川のアジトへと乗り込んだものの、矢張り交渉は決裂。
 ………が、ここからが恐ろしかった…!!!

 牛山さんの殺伐とした「高い高い」が可愛く思えるその凄まじい武力。「ブッ殺せ…」の指示出し中にいきなりズドンと頭をブチ抜かれる渋川に始まり、その場はあっという間に阿鼻叫喚の血の海となりました。
 その修羅の如き戦いぶりには、あの牛山さえ半ば引いています。
 ていうか渋川さん、ダメだよ…。こういうジジイ相手に「ブッ殺す」なんて言っては!!
 そんな言葉を言う暇があったら引き金の一つも引かなきゃあ…!!

 しかしこのアクション、凄まじい…!!
 右手には刀。
 左手には銃。
 銃をグルンと回してブッ放すシーンは「凄み」の一言です。
 この年にして、攻撃あるのみというアグレッシブな戦闘スタイル。
「皆殺しだッ!! ひとりもここから逃がすなッ!!」
 その眼光、もはやジジイではありません。…鬼です。正に鬼の副長がここにいる………ッ!!!

 しかしその戦いには、どこか虚しさも感じられます。
 先週登場した、かつて新撰組最強と謳われた剣士・永倉。しかし彼は言います。
「人は死すべき時に死ななければ、死に勝る恥があると云います。老い先短いこの歳になって戦争を起こそうだなんて、正気の沙汰とは思えません。土方さん…。あなたは死に場所が欲しいんじゃないのかね?」
 永倉は、その「恥」を受け入れて(半ば諦めて?)生きていく道を選んだのでしょう。
 でも土方にはどうやらその生き方は出来なかったようです。…土方がその歳に似合わず若々しいのは、もしかしたら彼の心が未だ「壬生の狼」と恐れられたあの時代に置き去りにされているからかも知れません。
 そしてこの言葉の通りだとしたら、永倉が土方に協力したのは、血が滾ったからではなく、土方に死に場所を与える為なのかも知れない。そう思うと、ちょっと切ないものがありますね…。
 私はあと百年生きるつもりだ、と豪語する土方ですが、そんな彼の心に去来する思いは何なのでしょう。
 盗賊団の一味をこんな形で血の海に沈めても、彼の心は本当に滾っているのでしょうか…。

「こいつは近藤さんの器じゃなかったな…」
 ボソッと呟いたその言葉には、どこか寂寥感が漂っているようです。
 武器があっても、それなりに人が集まっても、それだけじゃ彼の望む「戦争」は出来ないのでしょう。
 彼が望む戦争をするには、それなりの「御旗」や「義」が必要。…彼はそれをどうやら、この蝦夷地に遥か昔から住む者達。……即ち、アイヌに求めるようです。
 牛山は、俺は金にしか興味は無い、北海道の占領なんて夢物語を誰が信じるんだ、と突っ込みます。
 しかし土方の言葉通り、確かにそれを望む人達はいるのでしょう。…現に、アシリパさんの父親達はシサムと戦う軍資金として、例の金塊に手を付けたのですから………。

 そして網走の牢獄では、顔の無い男が一言。
「アシリパ………」
 矢張り、「のっぺらぼう」はアシリパさんの父親なのか? いずれにせよ、アシリパさんと深く関わる人物なのは間違いないのでしょう。
 そしてのっぺらぼうの件だけではなく、アシリパさんは土方の行動次第によっては、彼女自身も大きく波乱の只中に放り込まれる事になるのかも…? と、ふと思いました。
 アシリパさんの祖父は、元々彼女の村では一番偉い立場の人だったとの事。
 という事は、アシリパさんの父親も、恐らくは結構偉い立場の人だったのでしょう。金塊を手にしてシサムに立ち向かおうとしてた人達のリーダー格だった可能性だってあります。
 つまるところ、彼女は少なくともあの村では姫姉さま的な立場な訳で………。

 土方はあくまでシサムであって、アイヌの人達を独立戦争に巻き込むと言ったって、彼の一言でそんなにアイヌの人達を動かせるとは思えません。…が、そのアイヌの人達にとって、求心力になりそうな存在がいるなら話は別。
 今後の展開次第では、アシリパさんがアイヌの人達を纏める為の求心力代わりに目を付けられる可能性もあったりするのかも…? 
 ガンダムのミネバしかり、ベラ・ロナしかり、意外と美少女をカリスマに…って考え方もアリだと思うのですよ…。
 いや、この時代に女子を御旗に掲げるのはどうなの? っていうのはさておいて(笑)

 ともあれ、もしかしたら、現時点ではあくまでもまだ「杉元の相棒」であり協力者であるだけのアシリパさんが、一気に文字通り物語のヒロインになる可能性もあるかも!? という所で。
 …この二人は、相変わらずこの二人でした…(^^;)
 今度はエゾシカの脳味噌を食す事になるのか、杉元!?
 そしてカエデの樹木のツララは、ちょっとなめてみたいと思いました! メープルシロップ大好きな身としては…!!
 聞いただけで美味しそうです♪
 そして、「あれを取りたい」っていって杉元に抱っこしてもらうアシリパさんが可愛すぎました。
 幾ら凛々しい狩猟系女子でも、やっぱりまだまだいたいけな少女のアシリパさんです。…うう、あんまり苛酷な事にはなって欲しくない……。
 ともあれ、町へ情報収集に出かけている白石を後目に、次号、杉元&アシリパさんはエゾシカを追うようです。
 …白石が情報を持って来たら、そろそろ金塊も追い掛けようぜ…(^^;)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

テラフォが八重子なら、今週のゴールデンカムイはまさに土方オンステージ!!あの戦闘シーンは痺れました☆「渋川だけは殺すな」と言っておきながら、いざ開戦となれば一切の躊躇なし。ほんと「ブッ殺す」とか言ってる間にやられた渋川とは役者が違いすぎますね^^

そして土方の狙いは(やはり)北海道の独立!?

もしも函館戦争で旧幕府軍が勝利して、蝦夷共和国が成立していたら?土方も生き残っていたら?新撰組&土方ファンの夢の続きが見られるかも、と今後の展開に期待大です☆

P.S.アシリパさんもいよいよ、ただのお転婆な純情娘では済まなくなり、否応なしに物語の中心部へと引きずり込まれそうですね。これからアシリパさん(と杉本)の立ち位置がどうなっていくのか?も凄く楽しみです^^

歳三の活躍に大満足な回でした。久しぶりに『燃えよ剣』を読みたくなりました。
片手での銃の扱いがターミネーターを思い出しました。


ここ最近の『リクドウ』も興味深いです。先週の苗代は今週の歳三やエヴァに負けないくらいオーラがありましたよ。
リクもベルトも欲しい、苗代も欲しいと欲しがればいいのに!

コメントありがとうございました>うえでんさま

 うえでんさま、こちらの記事にもありがとうございます(^^)
 はい、こちらは土方オンステージでした!! 仰るように「殺すな」と自分で言っておきながら、相手に協力する気が無いと見るや言葉も無くいきなり引き金を引くあの躊躇の無さ。…渋川も相当な男だったのだと思いますが、なんというか、土方とはちょっとものが違ったんだなぁと…。

> もしも函館戦争で旧幕府軍が勝利して、蝦夷共和国が成立していたら?土方も生き残っていたら?新撰組&土方ファンの夢の続きが見られるかも、と今後の展開に期待大です☆

 どうやら金塊探しだけではなく、こちらの方向でも物語は動いていきそうですよね。
 そして、鶴見中尉も北海道占拠を狙っていますが、目的そのものは一致している両者が手を組むような展開になるのか? という所や、恐らくアシリパさんも北海道独立の戦いへ巻き込まれていくのがほぼ確実となった中で、杉元達の立ち位置もどうなるのか楽しみですよね。
 土方達の一派と杉元一味の遭遇も楽しみです♪

コメントありがとうございました>あるるかんさま

 今週の土方の活躍ぶりは、皆さん燃えたようですね…!!
 片手でのあの銃の扱いは特にカッコ良かったです。

> ここ最近の『リクドウ』も興味深いです。先週の苗代は今週の歳三やエヴァに負けないくらいオーラがありましたよ。
> リクもベルトも欲しい、苗代も欲しいと欲しがればいいのに!

 私も注目しています。あの鬼気迫る告白→いきなりキス→チケット破り捨て、と、ちょっと予想がつかない超展開で……。ベルトも欲しい、苗代も欲しい…もうちょっと器用な人なら、きっとそれも出来たかも知れないですね…。このまま苗代さんは遠ざかってしまうのか、それともやっぱりリクを追い続けるのか、気になる所です。

更新お疲れ様です

 こんばんは。更新お疲れ様です!
 『めんこい奴じゃのう』『高い高い』に度肝を抜かれました(冷汗)。
 ゴールデンカムイ、戦闘力高すぎるおじさん多すぎ。油断してるとびっくりします。
 毎回アシリパさんの顔芸がツボにはまってます(笑)。

Re: 更新お疲れ様です

 キートンさま、こんばんは!
 めんこい奴→高い高いは強烈でしたね(汗)
 何せ、金塊を巡るサバイバルですから、戦闘力は基本的に高くないと生き残るのは難しいでしょうからね…(白石さんには特技の逃亡スキルを活かして頑張って欲しいものです)
 アシリパさんの顔芸は毎回私もツボです(笑)
 今後も楽しみですね。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。