イギ―増量中で嬉しい限り。…そして床屋のシーンが怖い………。

 こんにちは、星野です。寒い日々が続きますね…。風邪をひきそうです。。
 今回はスタンド攻撃でも受けていたのか、放送時間までスタンバッていたつもりがいつの間にか寝てしまっていまして、冒頭の数分を見損ねました……。な…何を言ってるのか分からねーと思うが(以下略)
 なので、改めて録画してあったのを見返したのですが………。
 イ、イ、イ、イ、イ、イギ―が増量されてるうううう!!!
 キャーッ、何このわんちゃん、可愛いー♪
 …お正月の特番のCMで使われていたのはここのシーンだったのですねぇ。看護師さん達にモテモテ。よく見たらちゃんと紙が隣にあり、今回は紙を取ってガムを噛んでるんだ…と思いました。アヴドゥル辺りが取ってあげたんですかね(^^;)
 そして、入院中の花京院のパジャマが何度見ても笑えます。…なんであんなに胸元はだけてるんだ……?(苦笑)
 それと、目が潰された同級生へのポルナレフとジョセフのリアクションも「らしい」感じでしたし、アバン最高でした。
 続きから、今週のイギ―の活躍&アニメならではのカッコイイ見せ場をリスト・アップ。
■病院の外で大人しく待つ間、看護師さん達にモテモテ
 地味に領収書の数字の話をしているポルナレフと、無表情で「早く払って下さい」と無言のプレッシャーをかけてる感じのお会計のおばちゃんの顔がじわじわ来ました。
 相場は分からないのですが、取り敢えずものすごく高い治療費なんだろうなぁ…と思っていたら!!
 外から聞こえる黄色い声。…よく見れば、そこには綺麗な看護師さん達に囲まれているイギ―が!!!
「何このわんちゃん、可愛い―!」
「お行儀良いのねぇ」
「何でガム噛んでるの? 変わってるわねー」
 ………。モテモテじゃねーか……。
「大人しくしてると思えば」
 とか言ってるアヴドゥルの台詞が妙に笑えます。…いやいや、いいじゃないですか…普通に大人しくしてるだけじゃあないですか…(^^;)
 そしてこのシーン、キャーキャー言われてるイギ―ですが、イギ―自身は一切愛想を振りまくような真似はせず、ただぶすっとした顔でガムを噛んでるだけ、というのが凄く良かったです。「ウルセーな、さっさとジョースター共来やがれ」って感じで。愛想を振りまくような真似は決してしない、イギ―らしさが出てるなーと。
 そして、そこへやって来るポルナレフ。
 おすまし顔でガムを噛んでいるこのクソ犬の正体を皆にバラします。
 しかしポルナレフ、見た目は「チャーミングそう」に見えてるのか…? いや、確かに初登場時に比べてめっちゃ可愛い感じにはなっているのですが、チャーミング…?(苦笑)そして。
 キタ━(゚∀゚)━!!!
 原作ではとうとう初登場時しか見せなかったイギ―の「下品な趣味」が発動。…なんだこの楽しそうな顔&仲良しそうな(笑)様子。ジョセフ達も「先に行ってるぞ、仲良しさん」などと先に行ってしまい、結局残されたポルナレフには再びイギ―の屁が……。
 なんて描写を入れやがる!!!
 こんなんされると、余計泣けるじゃあないですか…。あざとい…あざといぞ!!
 俺はこんなあざといやり方には絶対に絶対に絶っっっ~~~~~~~~対に引っかからんぞッ!! (ノД‘)・゜・。

■コーヒーガムを奪い、ポルナレフと仲良く追いかけっこ
 コム・オンボに立ち寄った理由がサラッと追加されていましたね。
 何気にここ、船の上でアヴドゥルの腕に抱っこされているイギ―が可愛すぎました。…すげー大人しいぜ…お持ち帰りしてえ……。
 原作では肩に乗ってるように見えましたが、こちらでは抱っこ。…コーヒーガムがここに至るまで、どのくらい消費されているかが気になる所です。
 そして気が付けば一人になっているポルナレフ。
 ここもパピルスを売りに来たおじさんに気を取られている間に(偽物だろうと売り物のパピルスを無言で引き裂くとか、ひでえと思いました/笑)、トイレを探しに行ったジョセフ達に置いてかれてはぐれた…って感じで、単独行動になった経緯がちょっと補完されてましたね。
 更にダメ押しのイギ―。
 ポルナレフの手から見事にコーヒーガムを奪い、ふふんと嘲笑うように走り去るその小さな後ろ姿を追ってるうちに、気が付けばどこかの遺跡へ………。

■VS.チャカ戦
 アバンやコム・オンボ到着すぐのおちゃらけたポルナレフから一気にシリアスになるこのシーン、演じ分けが凄いと思いました。
 背後から近づく刺客の気配に気付いてからの一連のやり取りが凄く好きです。原作でもここはかっこいいと思いましたが、アニメだと更に倍増です。
「いねーと思っていたぜ。名乗りな」
「お前の命貰い受ける」
「ヒエエエエ。命貰い受ける…ものスゲーわかりやすいストレートな台詞。ますます骨太で男っぽい敵だねェ~~~」
 ここからの「かかって来な」のシーンが鳥肌モノでした。
 ほんとに声優さんの演技が凄まじいです…!!
 先週は「オレンジの丸ごと一口食いの競争しようぜ」とか言ってた人なのに(^^;)
 ポルナレフは本当にまっすぐ真剣に生きてる人なんだなぁと改めて思います。だからこそふざける時は思いっきりふざけるし、怒る時は怒り、悲しむ時は悲しみ、これだけ感情表現が豊かなのかなぁと。
 シリアスもボケキャラも両方こなせる、正にナイスガイです。
 チャリオッツが剣を携えて出現するシーンがめちゃくちゃかっこいいです…!!
 それと、柱の向こうから物体を透過して斬りつける敵に対して応戦するシーンも動きが良いです!! あああ、チャリオッツかっけええええ!!!
 能力は至ってシンプルですが、デザイン的なカッコ良さはほんとにトップレベルだと思います。

 それとこのシーンはやっぱりあの「剣針飛ばし」をどう表現するかなぁと思っていたのですが…ここがまた、痺れる憧れるゥ!!! ここで使用されていたBGMがまた良かったです。夕暮れの空を舞う銀色の剣。柱から跳ね返ってチャカを一瞬でリタイヤに追い込む一撃、迫力すげえ…! 正に怖れを知らぬ剣が貫く…!!
 この一撃の後、落ちていく柱と、フイッと顔を背けるポルナレフがものすごくイケメンです。
 …いやもう、この一連の戦闘シーンはかっこいいの一言。…このポルナレフには、流石のイギ―も屁をぶっかける事は出来ない気がします…!!

■イギー増量再び
「すげえ美しいぜ……抜いてみるか」
 チャカを倒した後、剣に魅了されかかるポルナレフ。
 この演技がまた凄く良かったのですが、ここでポルナレフを我に戻すのがイギ―の吼える声、というのがまた憎い演出です。
 この後もずっと剣に向かって吠えたり唸ったり警戒しまくっているのに「静かにしろ」の一言で済まされてしまうのが可哀想…(^^;)誰か一人くらい「? この剣に何かあるのか?」って思ってくれても良さそうなものなのに、日頃の行いってやっぱり大切だと思いました(苦笑)
 しかしイギ―役の人、この演技は大変そうです…(^^;)

■そしてVS.カーン戦へ…
 承太郎が床屋で海に関する雑誌を読んでるのが、後の部への布石になってますね。
 髭剃りの気持ちよさは良く分からないのですが、あの泡は凄く気持ち良さそうだなと思います。…そして、単独行動が危ないからと付き添ったのに居眠りする承太郎を見てると、やっぱり結構疲れてるのかしらと思いました。
 それに、床屋とか美容院とかって、不思議と妙に眠くなる気がするのですが、そういう雰囲気も良く出てますね…!

 そしてここは原作を読んでてほんとにおっかないと思ったシーンでした。
 気持ちよく髭剃りしてもらってると思ってたら、いつのまにかその顎の下に剣の刃が………。
「アゴの下だなポルナレフッ!!」
 このシーンの恐ろしさたるや…!! このシーンを少年時代に読んだ男性読者の何割かは、床屋で髭剃りしてもらうのが若干怖くなってしまっているかも…?(笑)
 ここで引きか!!! と思ったのですが、次回いよいよ、あの二刀流チャリオッツが拝めるのですね!! そして再びイギ―の神アシストが発動すると思うと楽しみです。
 そしてもう一つ、あの独特の口癖(?)、「絶対に絶対に絶っっっ~~~~~~~対に」の再現!! 頑張って欲しいなぁと思います。ボインゴのあの奇妙な笑い声さえ再現してくれたので、きっとやってくれると信じています!!(笑)
 二刀流のシーンは、作画さんにはどうか今週並に頑張って欲しい!! と期待しつつ。
 To Be Continued…。
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

くぬむっ!

星野さま、更新ありがとうございます。

前回のEDのせいで、仲間うちで出会い頭にするあいさつが「くぬむっ!」になってしまっているでそうざです。

ポルナレフの戦闘、カッコよかった!アニメで動きがつくと更に魅力的ですよね。数話後のミニミニチャリオッツも今から楽しみです。
髭剃りの気持ちよさは連載当時はよくわからなかったのですが、大人になってから納得しました。なんかこう…うまく表現できませんが、例えば荷物の緩衝剤に入ってるプチプチ、あれをものすごく均等に規則的に潰していく快感に近い感覚があるのですよ。

それにしてもデヴィッドプロダクション、たいしたものですよね。
作品を愛するアニメスタッフが、原作を忠実にリスペクトして再現して成功しているのがジョジョのアニメならば、

「原作どおりにやったってつまんねーだろ!」とばかり作者本人が渾身の書き下ろしアナザーストーリーを提供して成功しているのが「東京喰種」のアニメですね(こちらは毎回違うED作画などこれまたスゴい)。

どちらも素晴らしい出来です。
この2つのアニメのおかげで今クールは楽しい時間を過ごせています。



テラフォアニメもこれぐらいのこだわりで作ってくれてい

No title

先週のギャグ回も素晴らしかったですがやっぱりバトル回こそジョジョ3部の魅力と再認識

 剣針飛ばしは昔の格ゲーで使いまくった覚えが、主にヴァニラ迎撃用としてw(遠距離なので便利だった)あとアヌビス系はチャカが使いやすかったですねストーリーの最後でDIO裏切るからヴァニラが鬼門だったけども・・
 
ジョジョは本当に良いスタッフに恵まれてますよね・・・
キングダムの3期もやって欲しいけど二期までの演出力(特に廉頗関連)では万極の怨念とか蒙武VS汗命とかブチ切れ張唐将軍とか表現できなさそうだからもっと頑張って欲しいところですね

Re: くぬむっ!

 でそうざさま、こんばんは。
 …くぬむっ! は、癖になりますよね…何となく分かる気がします(笑)
 信じてるぜ! 信じてるよ! も、汎用性高いなと思います。

> ポルナレフの戦闘、カッコよかった!アニメで動きがつくと更に魅力的ですよね。数話後のミニミニチャリオッツも今から楽しみです。

 カッコ良かったですよね…!! そう言えば、もうすぐあのちっちゃなチャリオッツも見られるのですよね、こちらも凄く楽しみです。

> 髭剃りの気持ちよさ

 ありがとうございます! ううん、やっぱりどうも実感できない(^^;)のですが、とにかく凄く気持ちよいのだろうなというのは伝わりました。ポルナレフが「散髪の中で一番気持ちいいとこなのに!」と言っていますが、決して大げさな話ではないのですね。

 本当にジョジョのアニメは原作に忠実で、クオリティ高くて嬉しいです。…愛されてるなあ、というのが良く分かります。
 東京喰種も凄いですね。毎回違うED…!?
 ……テラフォのアニメも、もし二期があるなら、これくらいのクオリティで…と、願わずにはいられません……。

コメントありがとうございました>am56さま

 am56さま、こんばんは。
 今週のバトルは素晴らしかったですよね…!

>  剣針飛ばしは昔の格ゲーで使いまくった覚えが、主にヴァニラ迎撃用としてw(遠距離なので便利だった)あとアヌビス系はチャカが使いやすかったですねストーリーの最後でDIO裏切るからヴァニラが鬼門だったけども・・

 剣針飛ばし、格ゲーでも使えたのですね。…しかも、ヴァニラ迎撃用…!?
 チャカとかも使えるのですね。格ゲーは苦手なので手は出せませんが、最後にDIOを裏切る展開というのが凄く気になります…。アヌビス神って、DIOには確か忠誠を誓っていた筈なのに…?
 こういうIFストーリーが楽しめるのは、ゲームならではですね。

 ジョジョのアニメを観てしまうと、どうしても他の原作付きのアニメもこれ位で…と望まずにはいられません……。。「キングダム」の合従軍編も、是非これくらいのクオリティで観たいものですね。

No title

コメ返しありがとうございました。

アーケードモード仕様(ストーリー)のヴァニラは原作通りの戦法で攻撃当てづらくしかも攻撃がガード不能とぶっちゃけDIOより苦戦しますw(このせいで更にトラウマキャラにw)
飛び道具持ちの花京院・アブドゥル・ホルホースや動き封じてハメられるジョセフとかアレッシーで子供化すると楽だったんですが近距離パワー型系は苦戦しましたw後に友人との会話で自分が下手なだけだったことが発覚しましたがww(でも苦戦した人は結構いた)

ストーリーのIFはやっぱりDIOの手下が特徴的で、ジョースター一行倒して終わるキャラ(ペットショップ・マライア・ヴァニラ)とは別にホルホース・アヌビス系・デーボ・アレッシーはジョースター一行始末後調子に乗って謀反、ミドラー(このゲームのために先生がデザイン)は承太郎とジョセフの血持って来いよバカーヽ(`Д´)ノで一方的にキレられて戦う事にwしかもEDで血吸われる(捧げる)・・・。

そしてジョースター一行は全員が自分でDIO倒す結末で生存ハッピーEND(ノーマル花京院は相打ち)

 キャラクター面はアヌビスはチャカ・カーン・ポルナレフ全員は言うに及ばずDIOは通常とは別にラストの搭乗前の影に覆われているVerがあったり、ホルホースはJ・ガイルと組んでるVerとボインゴと組んでるVerが、花京院は通常VerとDIOの館前で合流以降のグラサンかけた「恐怖を乗り越えた花京院」が存在し(こっちだと生存)、もちろん技も違ってます。
 ちなみにジョセフは隠しで2部Verが存在し超必殺技でシーザー出てきたり(老ジョセフだと同じ技でリサリサ)や赤石を使用したりします。
 更にアレッシーの技で全員の子供Verがあったり(ただし老ジョセフは技が使えない2部VerになってDIOだと何故かヌケサクww)

 ちなみに最強キャラはペットショップで、大会では使用禁止され、対人対戦でこいつ使うと未来永劫鬼畜にも劣る賊の烙印を押され、乱入で使おうものなら良くて鋼入りのダン、悪くてチョコラータみたいな目に遭ったとか遭わなかったとかww

 原作の再現に非常に力を入れており、先に書いたヴァニラ・アイスの仕様はあくまでCOMだけの仕様でプレイアブルキャラ版は技も全然違ったりします(こっちは超必殺でイギー蹴り有り、タメでガー不なので地味に強い・・)
 DIOやラバソの超必でロードローラーやバックブリーカー再現で若ジョセフの子供版がちゃんと漫画持ってたりしました(ハイジャックの時のアレ)。
 今のアニメスタッフと同じくらいJOJO愛にあふれたゲームで今なおいい意味で伝説になってますね、(連載当時にあったRPG版は悪い意味で伝説になりましたがw)

コメントありがとうございました>am56さま

 こんにちは、コメントありがとうございました!

> アーケードモード仕様(ストーリー)のヴァニラは原作通りの戦法で攻撃当てづらくしかも攻撃がガード不能とぶっちゃけDIOより苦戦しますw(このせいで更にトラウマキャラにw)

 正に原作通りですね…(^^;)
 下手をしたらゲームバランスがおかしくなりそうです。意外と攻略法があることにびっくりでしたが、アレッシーの子供化は中でもかなり有効そうに思えました。

> ホルホース・アヌビス系・デーボ・アレッシーはジョースター一行始末後調子に乗って謀反、

 ああ、この人達は何か分かる気がします(^^;)
 ミドラーさんはちょっと可哀想ですね…なんというラスト。。

> そしてジョースター一行は全員が自分でDIO倒す結末で生存ハッピーEND(ノーマル花京院は相打ち)

 おお、これは嬉しいです!! アヴドゥルや花京院、イギ―も生存ENDなんて…! 花京院は特に、その後どんな人生を歩んだのかあれこれ想像しちゃいます。
 イギ―はどんなエンディングだったのでしょうね…また野良犬の帝王に戻ったのでしょうか(笑)

> 「恐怖を乗り越えた花京院」が存在し(こっちだと生存)、もちろん技も違ってます。

 なんかこのネーミングが素敵です(笑)
 子供版が存在したり、超必殺技でシーザーが出て来るなどなど、ほんとに愛に溢れたゲームです…!! 当時知っていたら絶対やりこんだと思います。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR