スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの夜より賑やかだから。

 こんばんは、星野です。
 単行本1、2巻重版おめでとうございますッ! やっぱり嬉しいですねぇ(^^)
 扉絵で小屋に突き刺さったまま、夜空を見上げるアシリパさんはシュールですがキレイです。
 
 そして、本当に賑やか過ぎる夜になりました。
 久々に現れた入墨持ち。……なんと二瓶さんでした。攻略難易度高ェェェ!!!(汗)
 谷垣にとっては衝撃の入れ墨。…二瓶さん、谷垣がガン見しているのはあくまでも入れ墨です。ナニではありません(笑)
 …いやしかし、小さくなってしまったポルナレフと言い二瓶さんと言い…。男子たるもの、股間の剣の大きさがそんなに気になるものなのでしょうか(苦笑)「普段はもっと立派だ」がなんか笑えます…(^^;)

 しかし谷垣さんはそんな冗談で笑える状況ではありません。
 軍帽を捨てたとは言え、二瓶さん達が脱走する為に殺した屯田兵達は嘗ての自分の同志。…そうと知れば、流石に谷垣も顔色を変えます。
 しかし、銃を向けられても微動だにしない二瓶さん。
 このまま自分を撃って皮を剥いで軍へ戻るのか? それともやっぱりマタギに戻るのか?
 一体どちらの谷垣なんだと問われれば、その指が引き金を引く事は出来ません………。

 そして二瓶鉄造をというその名、実はアシリパさんにも覚えがありました。
 小屋に突き刺さったままのアシリパさんをズボッと抜く杉元の姿が微笑ましいですが、彼女が語った話は結構血なまぐさいものでした。
 …昔、猟師を殺してその獲物を横取りする悪い連中がいて、実はアシリパさんたち父子も狙われた事があったとの事。
 アシリパさんの父は咄嗟に熊のお尻に傷を付けて逃げ、後にその傷が証拠となって、毛皮商に毛皮を売りに来た悪者一味の内、1人はとっ捕まりました。
 しかしまだ三人残っていた仲間達はそのまま山へ姿を消し、よりによって狙ってはならない人物を狙ってしまったのです。
 そう、それこそが二瓶鉄造。
 …羆を仕留めて解体していた最中の彼を襲った三人組。
 見開き二ページに渡る凄まじい声を轟かせての警告にも耳を傾けず、一味の一人が放った銃弾が、惨劇の始まりとなってしまいました。
 猟師を狙って獲物を横取り。…そんな山の掟を平然と破る輩には、この二瓶容赦せん!! …という訳で、なんと二瓶さんは銃も使わず、ボッコ(棒)で三人組を三日もかけて追い詰め、1人また1人と撲殺。…これが後の鬼ボッコの始まりか…!? (;゚Д゚)
 残った一人は警察に捕まってしまった訳ですが、二瓶さんは警察の制止もきかず、そのとっ捕まった男の首を素手でへし折って殺害してしまいます。…羆より怖いわこの人…と思った一瞬でした…。もはやホラーの域です。
 こうして、彼は網走監獄へ入獄となりました。
「俺は獣じゃなく人間だからな。人間には人間の掟がある。山での掟をつらぬいた代償は、網走監獄への収監だ」
 それをちゃんと分かっていながら、彼が脱獄したのはただ「山で死にたい」という望みの為でした。
 この人の戦闘力なら、それこそその場にいた警察の人達を皆殺しにしてでもその場から逃げる事は出来たかも知れませんが、なんだかんだ大人しく(?)捕まった辺り、自分がやっちゃいけない事をやっちゃったんだという自覚はちゃんとあるのですよね…。
 しかし彼は、根っからの猟師であり、山で生きる男だったのでしょう。
 自分で「皮を剥ぎ」という言葉を口にしている事からも、入墨が殺して皮を剥ぐ事を前提に彫られたものであることも、仮に脱獄しても、金塊の場所を知る為に自分が狙われるであろうリスクも重々承知だった筈。…それでも「のっぺらぼう」の話に乗って脱獄した辺り、至極身勝手ではありますが、ブレない人だなあと思いました。
 もはや頑固とかそんなレベルじゃないこの二瓶ズム。
 闘いの果て、やがては自分の体も獣に食い荒らされて糞となり山の一部へ還る。
 そんな最後を理想と語る二瓶さんの気持ちは、やっぱりマタギを捨てきれなかった谷垣にも理解出来たのでしょうか………。
 そしてアシリパさんの父が逃げの一手を打ったのは、もしかしたらアシリパさんが一緒にいたから…? とも、ふと思いました。何せ羆の巣へ一人で入っていくほどの猛者。…この人もその気なら、悪者三人位ブチ殺せそうな気がしますし…。

 一方、白石は二瓶鉄造の容姿ともう一つ、「白いオオカミの毛皮」について毛皮商に問い合わせていた話を語ります。
 その言葉で、谷垣の狙いが自分ではなくレタラだと知ったアシリパさん。あの鹿肉が仇になってやしないかと、そしてまさかレタラが狙われていたなんてと、その顔が不安に揺らぎます。
「何でそれを早く言わない!!」
「そうだぞ白石。てめーは『フプチャの刑』だ。噛めオラ!!」

 …杉元さんが完全に新入りを可愛がる先輩になってます(笑)
 この杉元一味の序列は
 アシリパさん>>杉元>白石
 って感じになってますね、もはや………(^^;)
 すごい苦そうな顔して大人しく噛んでる白石がほんとにいい味出してます。この二人のパーティーに白石が加わったのは正解だなあ…と思いました。
 そして、朝を待とうと言いつつも、再びやって来た金塊への手がかりに目をギラつかせる杉元の横顔がゾクッと来ます。
 …先週では「きん……かい?」とか言ってた人ですが(苦笑)、やっぱりこういう猛々しい一面、これも杉元の魅力です。杉元自身、本当はすぐにも探しに行きたいんじゃないかなぁ…と思いました。

 そしてその夜。
 例の鹿肉の傍で、火も起こさずに寝ずの番レタラを待ち構える二瓶さん&谷垣ペア。…谷垣はやっぱり、「兵隊さんの谷垣」には戻れないようですね。
 もはや湯たんぽ代わりと言われてしまった駄犬(涙)扱いのリュウと共に見張りをする姿が絵になってます。
 …リュウが可愛い……。
 めっちゃ懐いてる感じですね。「狼が来たら教えてくれるよな?」って語り掛ける谷垣がまた微笑ましいです。…この人も殺されなきゃいいなぁ…。

 しかし朝になっても、とうとうレタラは現れませんでした。
 そう言えば、これだけの鹿肉。狙って来たのは鳥ばかりで、キツネの類が全く姿を見せない事を不審に思い、二瓶さんが見てみると、そこには………。
 狼のオソマが!!!
 なんかモザイクかかってるぅぅぅ!! 銀魂みたいなノリです(笑)
 しかし、リュウは全く反応せず、谷垣もずっと見張っていたというのにいつの間にレタラは来たのか?
 それは、二瓶さん達が洗いっこしているときだったのです。

 マタギに伝わる「送り狼」というその言葉。…これだけ聞くとちょっと別の意味に取ってしまいそうですが、それは「見知らぬ人間を追跡して観察する」という狼の習性を示す言葉でした。
 つまりは、二瓶さんたちの行動は既にレタラにはお見通し。
 一晩中糞の見張りをさせられていた訳です。…幾ら専門分野が違うとはいえ、歴戦の猟師二人を手玉に取るレタラ。…まずはこの一晩は、レタラに軍配が上がりました。
 しかし。
 それはますます、二瓶さんの漁師魂を勃起させてしまったようです。

 もう立派なのはわかりましたから!!!(悲鳴)
 やめてけれー!!!

 さて、嫌がる白石を「お前にしか二瓶鉄造は確認できないだろ」と一緒に連れて、二瓶さんたちを「狩る」べく出撃する杉元一味。
 金塊の手がかりを得る為。
 レタラを守る為。
 序盤からいきなりラスボス級の男との激戦が始まる…!?
 次号も楽しみです♪

<追伸>
 谷垣は仲間になって欲しい気もしますが、二瓶さんは仲間になるとかじゃなく、今後も山でフツーに猟師を続けて、時折何かあった時に登場するお助けキャラ的な感じでもいいかなあ…と思いました。
 それとこの人が囚人達の中でどういうポジションだったかは不明ですが、もしかしたらアシリパさんに「のっぺらぼう」についての情報を教えたりとかそういう役目を担う事もあるのかも? と想像しています。
 最初に杉元に金塊の話をしたオッサンと言い、次にとっ捕まった囚人と言い、殆どの囚人は「のっぺらぼう」についての詳しい事は知らないようでしたが、例えば土方であったり、囚人達の中でもリーダー格だった人なら、もしかしたらある程度のっぺらぼうについて知ってたりするのかも…? と思っています。
 元々金塊には興味が無い人ですし、入墨の模写くらいならいくらでもさせてくれそうですし…。
 レタラは最後のホロケウカムイ。どうか、レタラもこのサバイバルで生き残って欲しいです…!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはです。
最近本当に盛り上がってますよねゴルカム。登場人物達の誰もが魅力ありすぎて。

今のところは二瓶さん盛り上がってますがアシリパ達も狙われてるのがレタラと気づいたようで何より

洗いっこは…

星野さま、更新おつかれ様です。

喰種捜査官への採用を見送られ、現在の仕事を頑張って続けるしかないと決心したでそうざです(ToT)
(まぁ再就職そうそうあんなヤバい掃討作戦に参加させられなくてよかった…かも…)


いよいよ杉元たちと、チーム二瓶との対戦は避けられないようですね。
今のうちにチーム土方とチーム鶴見の準決勝で潰しあってくれたらいいのに…。

「洗いっこ」の絵が詳細に描かれなくてホッとしました(^_^;)

コメントありがとうございました>瓶 さま

 瓶さま、こんばんは!
 はい、巻頭カラーやYJ表紙と盛り上がっていて、こちらのテンションもつい盛り上がってしまいます(^^;)
 登場人物が皆それぞれ味があるので、誰のターンになっても楽しめますね。

> 今のところは二瓶さん盛り上がってますがアシリパ達も狙われてるのがレタラと気づいたようで何より

 ここはほっとしました…。相手が相手なので、流石のレタラも援護が無いと厳しいでしょうし。
 まず最初の夜は凌ぎましたが、アシリパさん達がレタラを守れるかも注目です。

Re: 洗いっこは…

 でそうざさま、こんばんは。
 …おおっ、またすごい転職先を…!! 考えようによっては、さ、幸いだったとも言えますよ…。(いきなりあんな掃討作戦に参加させられたら、私ならまず生き残れる気がしません…)

> いよいよ杉元たちと、チーム二瓶との対戦は避けられないようですね。
> 今のうちにチーム土方とチーム鶴見の準決勝で潰しあってくれたらいいのに…。

 そうですね、土方さんも第七師団とはやる気満々でしたし、このチーム同士の対戦も(凄く血なまぐさい感じになりそうですが)見てみたいです。

> 「洗いっこ」の絵が詳細に描かれなくてホッとしました(^_^;)

 私もこれやっちゃうの? やっちゃうのぉ~? とドキドキしていたのですが、無くてホッとしました(笑)折角可愛い美少女ヒロインがいるので、あの…洗いっこの図はやっぱり(ゴホゴホッ)

更新お疲れ様です!

 こんばんは。更新お疲れ様です!
 
>男子たるもの股間の剣の大きさがそんなに気になるのでしょうか?

 はい、気になりますし気にします(苦笑)。
 女子に『あらかわいいものが』とか言われたらどうしようかとそれはもう。
 
 今週は『フプチャの刑だ、食え白石』『それ屋根じゃん』がツボでした。なんだかんだ言って3人+1匹パーティーになってますね!
 レタラ、人間より頭良さそうなので二瓶さん達より上手をいきそうですね。

Re: 更新お疲れ様です!

 キートンさま、こんにちは!
 そ、そうですか…気にするのですね(笑)…まあ、女子が胸の大きさを気にするのと同じようなモノと思えば分かる…のかしら(^^;)

>  今週は『フプチャの刑だ、食え白石』『それ屋根じゃん』がツボでした。なんだかんだ言って3人+1匹パーティーになってますね!

 このシーン凄く好きです!(笑)フプチャの刑って…もう罰ゲーム状態じゃないですか。。白石のイジられキャラっぷり好きですね。逃げ足は天下一品、情報収集能力にも長けているし、今後もまだまだ生き残って欲しいです! 独りだけ、何故か装備が「飴」と貧弱なのが気になりますが…(^^;)他に色々隠し持った仕掛けあるでしょ! と。
 レタラは凄く賢いですよね。今回はなんとか免れましたが、今後は心配です。リュウもレタラも可愛いので生き残って欲しいです。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。