オービー・ザ・ギャンブラー

 こんばんは、星野です。
 …おっと失礼、バービー・ザ・ギャンブラーでしたね(笑)
 今回のエピソードも、原作ではかなり好きなエピソード。承太郎がめっちゃかっこ良くてシビれました。
 そして「表面張力」という言葉をこのエピソードで知った私です。(余談ですが絶対零度は聖闘士星矢で知りました/笑)
 楽しみにしていたエピソードでしたが、今回もやってくれました…ッ!
 アイスティー4つを4人で一気飲み、のシーンがまずすごい好きでした。…いかにも映画的な雰囲気で。
 原作でも好きなシーンだったので、バッチリアニメで再現してくれて嬉しかったです…!!

 それと、トランプのシーン! 一瞬にして広げたトランプをパタパタパタッ! と立てるところ、そしてちょっとねっとりした喋り方、バービーくん…じゃなかった、ダービーくんの登場シーン、痺れました。
 まさに「ギャンブラー」って感じで。
 あの登場シーンと、第三部では珍しく(?)酷い目に遭わない猫ちゃんが出て来るのも印象的です。
 …あの猫ちゃん、原作同様の憎たらしい感じがグッド! です。賭けのシーンで「音を立てないようにあなたがたの犬をおさえていて下さい」の台詞がカットされたのが残念です…。
 実は画面外でイギ―に追っかけられたりして(^^;)
 ポルナレフの「あのニャンコ右へ行くぞ…」の「ニャンコ」が妙に可愛いと思いました。「猫」って言わないんだ…と(笑)

 ジョセフの「表面張力」の賭け、実は一度はやってみたいカッコイイ賭けです。
 これを見ていると遊戯王を思い出します(笑)魂を賭ける、という辺りも似てますし。そう言えば遊戯王、初期の頃はどことなくジョジョに雰囲気が似てるなあと思ったのを思い出します。
 魂はかけたくないですが、なんというかこの酒をなみなみ注いでやってみたい…ッ!!
 ちゃんとした外国のコインで!!

 そしてこのエピソード、実はジョセフのギャンブラーっぷりも凄く好きです。「ギャハハハーッ、もう一枚も入らんよ」の演技とか、かなりイメージ通りでした。結果は敗北してしまいましたが、個人的には、これはもうダービーの方が一枚上手だったな、感じています。
 ポルナレフの魂が取られたと知った時、即座に自分の得意な賭けを持ち込む所、そしてさり気なく脱脂綿を使ったイカサマを使う抜け目なさ、ジョセフも凄くかっこいいと思う回です。目の前で人の魂がぶっこ抜かれたのを見てあの行動を取る胆力は、なかなか持てないと思うので…。
 今回は、エンディングもカット(途中から一部入りましたが)、最後は黒背景の文字のみエンドロールで、ちょっと映画っぽい雰囲気かなと思いました。

 それにしてもダービーのスタンド、実はそんなにパワーとかは無いのですね…。
 魂をうどんみたいにこねてコインにしちゃうシーンはかなりおっかなかったです。このダービーも、正に自分のスタンドの特性を使いこなす為に、自分の土俵に相手を誘うのが上手いなと改めて思います。
 承太郎の言う通り、暴力は使わなくてもかなり危険なスタンド使いです…!!

 次回、いよいよ承太郎の怒涛の「レイズ」が…!!
 承太郎好きにはたまらんあの名シーンが黒塗りに彩られない事を祈りつつ、ポーカー勝負を楽しみにしたいと思います。

<追伸>
 今週のイギ―。…台詞(?)無し。
 しかし、冒頭で列車でカイロ入りした時、ポルナレフの足もとでカリカリ足で首元を掻いてる姿がめっちゃ可愛かったです。
 そして、BGM「スターダストクルセイダース」が流れる中、「いよいよじゃ!」とカイロ入りする時のメンバーのカットインでは、メチャキメ顔していたのが印象的です。…いやいや、あなたの本気は鳥公からで、今はまだそんな気合入れた顔しなくて大丈夫よ? と(笑)今回はホントに出番がないエピソードですから、ちょっとサービスしてくれたのでしょうか。
 原作では、扉絵でポルナレフの足からひょこっ! と顔を出すシーン、それと最後の方のコマでちょこんと遠くに映ってる所が何とも可愛かったので、アニメでも上手い事表現してくれると嬉しいなあ…と思います。

 いやあ、しかし来週の金曜日が楽しみ過ぎて、ふるえるぞハート!!
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

知っているのか?

星野さま、更新ありがとうございます。
星野さまと同じく、少年ジャンプに教えてもらった自然界の絶対法則が「表面張力」「絶対零度」「民明書房」なでそうざです。

ダービー戦をより楽しむために美味しいチョコを買って準備して見ていました(≧ω≦)b。
明治の「The_Chocolate」がイメージにぴったりでした。コップの底にはりつけやすい形なのです。

ダービーは、スタンド能力よりもダービー個人の方が手強くて、他と違った面白い戦いですよね。


次週、花京院の魂が賭けられる時、アニオリで花京院が承太郎たちに思いをはせるシーンとか入れてほしいな。


鳥公との遭遇が徐々に近づいている事にワクワクをおさえられない今日この頃です。

コメントしに来ました。

キングダムの感想よりも比重が増している状況がなんともいえない私であります。  まだ繁忙期から抜けられないので感想が追いつけない。

>今回のエピソードも、原作ではかなり好きなエピソード。承太郎がめっちゃかっこ良くてシビれました。

 私もラスボス戦を除けば間違いなく第三部ベスト3にはいれる戦いですから。 やはり承太郎は戦術から戦略を作れるタイプなんだなぁと思う。

>結果は敗北してしまいましたが、個人的には、これはもうダービーの方が一枚上手だったな、感じています。

 そうですね。しかも二人とも同じタイプの戦略家でかぶってしまいましたから。先に自分の戦場に持ち込んで勝つ先の先をとる人間。承太郎は反対で戦場を理解して高い技術でカウンターを取る後の先を取る人間。
 同じタイプならば慣れた戦場を持つダービーが有利ですよね。

決断力あふれるジョースター家

こんにちは!更新お疲れさまです<(__)>私も聖闘士星矢で「絶対零度」「光速」「音速」「黄道十二星座」等を学び、理系となる基礎を築きましたw 「コウソクは音速より速いんだよ!」「じゃあ何でコウソク道路があって音速道路はないんだよ!」という喧嘩を友人とした幼い頃が懐かしいですww

ポルナレフがやられてすぐ、ジョセフが机の上を一掃してグラスを置くシーンが好きです。相手の土俵でもペースは渡さない、こういう所はさすがジョセフ!と思います。ただ、策を弄する者は自分が策にはまるとは思わない、とは言いますが、自分がイカサマするつもりで仕掛けた勝負でイカサマを仕掛けられる、しかもイカサマの仕込みは勝負の前にされるとは、ジョセフよりもダービーが勝負師としては上だったということでしょうか。

そして祖父が目の前でやられたというのにすぐさま勝負を挑む承太郎!この決断力、勇猛さ、さすがジョースターの血!!そこにシビレる、憧れるぅ!!!次週、ギャンブラーではない、勝負師としての承太郎の活躍と、銀河さんの熱演wに期待です。コールコールコールコールコールコールコールコールコール・・・・・・。

No title

遂に始まったダービー戦
 個人的にこの話は本当に遊戯王は言わずもがな後の異能力系漫画に多いな影響与えた漫画誌に残る名エピソードかと思っています、
仮面ライダーWでまんま人間の魂コインにする怪人と賭け勝負してましたしw(しかも脚本がダイ大の三条先生という・・)

ダービーの声に銀河万丈さん持ってきたのはまさに「GOOD!」ジョセフ戦前の「負けんがね」がなんかツボでしたw
OVAの内海さんも良かったですが、ラオウからサウザーになったんですねwちなみに男塾のJやダイ大のクロコダインもやってるんですよね

OVA版では手を掴まれたジョセフが一瞬バレたかと動揺したり、店主がイギーも一緒に店に入れてくれるシーンなど、30分ながらさりげない演出が凝ってましたのでこちらもオススメです

連投スミマセン

「グラスとコイン」はジョジョ好きが集まったら絶対やる遊びですよねw
いつかのアメトークでもやってましたし

こういう勝負でジョセフが負けるのって2部から読んでると更にとんでもない結末ですよね・・・
若ジョセフ対ダービー戦とかもジョジョ好きとしては見てみたい対決ですよね

Re: 知っているのか?

 でそうざさま、こんばんは!
 おおっ、同志がいて嬉しいです…!(しかも「民明書房」まで!/笑)民明書房、もしこんな愉快な本が実在していたら全巻読破したいものです。…あくまでも作中に出て来る架空の書と知って、割と本気でがっかりしたのは懐かしい思い出です…。

> ダービー戦をより楽しむために美味しいチョコを買って準備して見ていました(≧ω≦)b。
> 明治の「The_Chocolate」がイメージにぴったりでした。コップの底にはりつけやすい形なのです。

 ああ、分かります! 私も仰る通りのイメージです。
 羨ましい…。私もフォアローゼスを片手に楽しみたかったのですが、結局サントリーの角瓶になりました(笑)
 鳥公との戦いが近付いていますね…。勿論凄く楽しみでテンションが上がる反面、もうすぐ旅も終着に近づくのだと思うと寂しくもなっています。(^^;)

Re: コメントしに来ました。

 うしつぎさま、こんばんは。
 …うしつぎさまもお忙しいのですね。お身体に気を付けてお過ごし下さいませ。
 …私も、正に今感想が追い付かない状況です…。(T_T)

>  二人とも同じタイプの戦略家でかぶってしまいましたから。先に自分の戦場に持ち込んで勝つ先の先をとる人間。承太郎は反対で戦場を理解して高い技術でカウンターを取る後の先を取る人間。
>  同じタイプならば慣れた戦場を持つダービーが有利ですよね。

 なるほど、確かにそうですね。ジョセフにしろダービーにしろ、自分の土俵に相手を引き込むのを得意としますよね。それも相当な手腕が必要ですが、そんな中相手に圧倒的有利な状況下で、それでも後の先を取れる承太郎、高校生とは思えない貫録ですね…(^^;)

Re: 決断力あふれるジョースター家

 ぎがほさま、こんばんは!
 凄い、そのまま理系になられたのですね…!? 私は我が師の教えで絶対零度は学んだもののやっぱり理系はダメで、文系の道をひた走る事となりました。(^^;)

> 「コウソクは音速より速いんだよ!」「じゃあ何でコウソク道路があって音速道路はないんだよ!」という喧嘩を友人とした幼い頃が懐かしいですww

 花京院…こういうダジャレを言う奴ってよ…腹が立たねーか…(笑)
 音速道路、あったらどんな道路なのか、ちょっと体感したいです…。。光速道路も凄そうですね。スピードの向こう側の景色が見られそう…。

> ポルナレフがやられてすぐ、ジョセフが机の上を一掃してグラスを置くシーンが好きです。

 私もここのシーンは好きです! 目の前で人の魂が抜かれたのを見て怯みもせず、状況を瞬時に理解して、今出来る最前の策を即座に実行に移す、流石ジョースター家の漢ですよね。
 策を弄する者は、自分が策にはまるとは思わない…正にそんな感じでした。騙すのが得意でも騙されるのは苦手、なんて話もよく聞きますからね。

> 銀河さんの熱演wに期待です。コールコールコールコールコールコールコールコールコール・・・・・・。

 原作で読んでいて、承太郎の一世一代のハッタリも勿論ですが、このダービーの「コールコールコール…」の所が凄く印象に残っているので、ここの演技が凄く楽しみだったのですが…! 期待を裏切りませんでした。。
 凄かったですね、あの「コールコール…」からの「みんなー、僕とゲームやろーよぉー」。
 百戦錬磨で肝も据わってたダービーをも失神させる承太郎の凄み。…そこに痺れる憧れるぅ!! ですね。

Re: 連投スミマセン

 am56さま、こんばんは! すみません、私もちょっとこちらのコメントで纏めて返信させて頂きますね。。
 やっぱりグラスとコイン、やってみたいですよね…! 絶対誰かしら脱脂綿を使ったイカサマをする人がいそう…(笑)
 あとは、一度ポーカーで札を見ずに「このままでいい」と勝負してみたいです♪
 
 そして銀河万丈さん、ダイの大冒険のクロコダインの声も演じてらっしゃるのですよね!
 銀河万丈さんの名前はクロコダインの声で知りました。当時そんなに声優さんに詳しくなかったですしあまり誰が演じているかまで意識していなかったのですが、ハマり役だなあと思ってキャストをチェックして…。思えばアニメや吹き替え等で、キャストを確認するようになったのはあの頃からでした。懐かしいです。
 
> こういう勝負でジョセフが負けるのって2部から読んでると更にとんでもない結末ですよね・・・
> 若ジョセフ対ダービー戦とかもジョジョ好きとしては見てみたい対決ですよね

 「お前は次に○○と言う!」や「またまたやってしまいましたァ~~~ン!」をダービー相手に見せてくれたら熱いですね…。それこそこういうのはゲームで実現してくれたら嬉しいのに! と思います。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR