厨房の雷鳴(笑)

 こんにちは、星野です。
 今週は本編よりもむしろこっちが気になって…(笑)
 厨房の雷鳴。
 どうしよう…このCD欲しさに買うべきか…買うべきなのか……ッ。
 背中合わせに立つアドルフさんとエヴァの距離感がイイ感じです。流石は180cmの長身。エヴァとの身長差がまたグッドです。今の強気エヴァなら、さり気なく腕を組むくらいはやってくれそうなのに!!
 ああ…、このCDだけ別売りで欲しい……ッ。
 そして、本編ですが。……あああああ、ミッシェルさんダメだー!!!
■第134話 SO LONG AND GOOD NIGHT さようなら、おやすみ
 明滅する命の光。生死の狭間で彼女が会ったのは、「ミッシェルの誕生日までには帰って来るよ」…そういったきり帰らなかった父でした。

 何もない殺伐とした荒野にブランコが二つ。
 一つは父、もう一つはミッシェルさんのためのもの。

「誕生日には会える…って、いつの誕生日とは言ってないってオチか? そういうギャグ?」

 この台詞を聞いて、なんか以前どっかで見たAAを思い出しました。
 金は払う…払うとは言ったが…いつ払うとは言っていない…つまり…。
 十年後…百年後でも良いということ…!! 

 的なヤツです(笑)
 ざわ…ざわ…みたいな擬音と共に。汎用性高すぎだろと見た時思ったものですが、ミッシェルさんのお父さんにしてみれば、きっと本当に約束通り娘の「次の」誕生日までには帰るつもりだったのでしょう。
 火星へ往ってみたらあんなんなってたせいで、そうはいかなくなってしまいましたが…。
 その後、約20年の時を経て再会した父と娘。
 ミッシェルさんが今までの人生を振り返るシーンで「プロムの時は母さんがレンタル彼氏借りて来てさあ…」と語るシーンがちょい切なかった(^^;)彼女ほど美人で頭もよければ、その気になれば彼氏なんてレンタルしなくても…(グスッ)
 レンタル彼氏借りてきて…の辺りで、ちゃんとミッシェルさんの方を向いて話を聞いてるドナテロ艦長が父の顔だなあと思います。
 クラブ活動も繁殖活動の真似事もせず、勉強に集中して22歳で宇宙飛行士に。
 そんな彼女の人生の大半は、父の影を追い続けてきたものでした。

『父さんが昔受けた手術のせいで、お前には大変な苦労をかけた』

 まだ難しい思春期の時期に、自分が「他の人達とは違う」事に気付き、以来人と距離を置いて生きる事を選択した彼女。その体質が無ければ、もしかしたらもっと普通の少女時代を送っていたかも知れない娘の人生を想うと、父としては色々申し訳なく思う部分もあるのかも知れません。
 しかし彼女は、自分は納得していると笑って返します。
 自分の人生がこうだったお蔭で色んなヤツに出会えた。そして最後は、ソイツの事も護れたと………。

『ミッシェル。父さんと来るかい?』

 尋ねる父。しかし恐らく、ドナテロ館長はもう娘の答えは分かっていたのでしょう。
 少し前までの彼女ならば父と一緒に行く事を選んだのでしょうが、今の彼女にはそうは出来ない理由があります。
 彼女の足にしっかり結びつけられた一筋の糸。それはこんな場所まで彼女を離さず。…そして父譲りの「耳」は、ずっと彼女を呼ぶ声をしっかりと拾っていました。
 ミッシェルさん、ミッシェルさんと。
 
 まるで、私に父さんがいなくても、もう一人ではないみたいに。

 父さんにも会わせたかったと思うその青年の傍らで今、彼女は父譲りの拳を構え、九頭龍の面々を相手に不敵に笑っています。
 いやいやいや、勢いで二、三人殴っちまった…って、あなたの鉄拳で殴られたら「勢い」じゃあ済まないぜ!!(笑)
 しかし状況が絶望的なのは確かに相変わらず。彼女はここで、「二人とも生き残る」為に自らが最善と思う選択を、躊躇せず断行しました。

 即ち、燈を扉から落っことし、自分はこの場に残る。
 この時二人の耳には「何か」が聞こえていました。
 加奈子ちゃんが殺せんせーも真っ青のマッハで二人を助けに来てくれてる音なのか、それとも他の二隻の救助艦が近付いてる音なのか。
 いずれかはまだ分かりませんが、少なくともどちらか一人ならより確実に「助かる」この状況。
 彼女は口では「燈にはこのまま楽になって欲しい」なんて言いながら、燈を助ける選択をしたのです。
 二人のような「耳」を持たない九頭龍の連中にしてみれば、ここから飛び降りるのは正に只の飛び降り自殺。そうなれば、せめて手元に残った「彼女」の方くらいは生かして連れて帰らないと、自分らの首がすっ飛ぶハメになります。
 しかし残った彼女はどんな目に遭うのか考えたくねえ!!! (ノД`)・゜・。
 やめようよミッシェルさんんんんん!!

「燈(おまえ)は、私が連れて来たんだ。だから私が終止符を打つ」
「なめんな。おまえは年下だろうが」


 通帳もカードもこのままじゃゲット出来ないよミッシェルさん!! (ノД`)・゜・。
 ミッシェルさんはやっぱり漢前だった………。

 かくして燈一人を九頭龍から逃がし、自分は残ったミッシェルさん。
 いやいやいやいやいや、ここでみすみす彼女をヤツらの手に渡したら、ちょっとダメだぜ燈くん!!! そこは頑張れ! どうやるかは知らないけど、兎に角頑張って彼女を奪い返すんだ……ッ!!

 ―――父さんの魂はもう、火星(ここ)にはいないよ。
 ―――ここからはお前の人生だ。

 まだ誕生日迎えたばっかりだから!!
 ここからの人生が実験動物とか泣け過ぎる…。誰か何とかしてくれ―――ッ!!!
スポンサーサイト

テーマ : テラフォーマーズ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR