遂に…終着の場所へ!!

 こんばんは、星野です。今日はフィギュアで盛り上がっておりました~! 明日のエキシビジョンも楽しみです。。
 そして氷と言えばジョジョも熱い…。鳥公の執拗な追撃は水中にまで及び、前脚を失ったイギ―は大ピンチ…。果たして勝者は!?
 鳥VS.犬というアニマルスタンド対戦、遂に決着!!!
 …ああ…イギ―好きだぁ…。
 今回も凄い熱演でした。ハイ!!
 声優さんの喉が心配になります…。「この脚はSW財団に頼んで義足を作って貰うとして…」の台詞が地味に好きです。…義足って発想が既に犬離れしてますね…ほんとに(^^;)
 水中まで追い掛けて来るペット・ショップの恐ろしさはほんとに原作再現度高し!! ホラーですね…。
 そのペット・ショップに対し、汗だらだら流しながらも応戦、氷のミサイルを跳ね返すシーン、ちょっと原作よりボリュームアップしてる感じでGJです♪ 耳をそばだてて「3発来るぞ!」って辺りが、嗅覚だけでなく聴覚も人より鋭い犬の能力をフル活用して闘ってる感じでそれもいいなと。
 そして、所々に見える肉球とケツが可愛いなーと思います。
 勇ましいけど可愛いイケ犬です。初登場時のあのブサ犬っぷりは何だったのか………!?

 最後の最後、地面を掘る描写は動きが付いたせいもあってか、原作以上に痛々しかったです。…どこで調達したのか不明ですが、一応包帯(?)を巻いてるとはいえ、切断された前脚で地面を掘るってかなり痛いでしょうに…(涙)火事場のクソ力的なアレで、そんなのイチイチ気にしてられないかもですが、それにしても凄まじい覚悟。
 しかしその先にまで待ち構えるペット・ショップ。
「鳥公だァ――ッ!!」
 のシーンは、ものっそい原作再現度高くてこっちまでビビりました。
 一体何なんだあの鳥はァ―――ッ!!!

 ここでイギ―が取った決死の戦術が、「わざと潰れてその空気圧でぶっ飛ぶ」という正に捨て身の作戦。
 氷のミサイルの発射口である嘴に噛みつき、その嘴の中で鳥公のミサイルを暴発させて仕留めるという、荒業でした。
 …幾ら他に手は無いとは言え、この状況で咄嗟に良く「前へ出る」行動が出来たなぁと…!!
 そして空気圧でブッ飛ぶとか、ほんとに犬離れした発想。何という覚悟…ッ!!

 こうして辛くも勝利を収めたイギ―でしたが、もはや岸まで泳ぐ気力もなく、溺れかけ、その身体は川底へ……。
「何のトラブルもない人生を送る筈だったのに」
 という台詞に被る数々の回想シーン、メッチャトラブルありまくりな人生だったじゃねーか!! (´・ω・`) と思わず突っ込みそうになりましたが、思わず笑ったのがメス犬らしき犬達をはべらせまくっているイギ―(笑)
 なんじゃあのスケベなオッサン顔は!!
 …しかしこの犬たちの中に、イギ―が「恋におちたくなる」ようなイイ女はいなかったという事なのでしょうか…。
 これだけメス犬をはべらせていたなら、ぶっちゃけNYの何処かにイギ―の子孫がいたりするのかなぁ、とか地味に期待したくなる自分がいます。…プロフィールでは「家族:独身」となっていましたが、果たして…!?
 それと、何が嬉しいってアヴドゥルの「魔術師の赤」VS.イギ―の「愚者」の死闘をサラッと描いてくれたこと。
 あの憎たらしいけどかっこいいイギ―がたまらん…ッ!!
 激闘の果て捕まったイギ―に、そっとコーヒーガムを差し出すアヴドゥルがいいです。ジョセフもアヴドゥルもボロボロですね(^^;)やはりあの髪毟り&屁攻撃をされたのか……。

 そしてこの回想を見て、イギ―が「ミスった」と言ったのは館で少年を助けた事ではなくて、そもそももっと前、アヴドゥルとジョセフに捕まった時点で、もう「ミスった」と考えてたのかな…とふと気づきました。
 原作を読んでた時はあの少年を助けた事かなとも思ったのですが、↑の解釈もアリだなと…。そしてだとすると、イギ―はほんとに賢い犬だなと。
 
 あの少年がイギ―を助けるという結末がまた好きだったので、アニメでもしっかり見られて嬉しいです。
 イギ―、よくあんな凶悪な鳥野郎と……。あの鳥がいないのは、イギ―がやっつけたからなんだぜ…! とあの少年に思わず言いたい自分がここにッ!!

 そして、あの砂漠のンドゥールとの戦い以来、遂に集いしスターダスト!!
 グラサン花京院が復帰、キャスト欄にも五人と一匹勢ぞろいで感慨深いものがありました。
 それと花京院合流前、何だかんだ皆でイギ―を探してる感じにしてくれたのが嬉しかったです。原作だとハッキリ探してるとは明言されてませんでしたが、ここはちょっと嬉しいです。
 承太郎達の目線からすると、人様のテーブルに乗り込んでケーキを盗み食いするわアメを拾い食いするわ、しょっちゅうふらっと何処かへ行っちゃうわ、ほんとに自由奔放なクソ犬って感じだったのでしょうけど、ちゃんと気に掛けられてたんだなと…。
 しかしポルナレフが真っ先に駆け寄るとか、もうほんとにこれ以上仲良し描写は追加せんで欲しいものです。
 …嬉しいんですけど…。この先を思うと、涙腺にダイレクトアタックです。
 そして、イギ―を抱き上げるジョセフの手の動きは細かいなーと思いました。ちゃんとお尻を支える抱き方してますねー…。
 人間には懐かないイギ―ですが、写真の時もジョセフには意外と大人しく抱っこされてた辺り、抱き方が上手で結構おさまりが良かったのかしらとか色々考えてしまいます。。

 そしてついに、ジョースターエジプトツアー御一行様は館の前へ!!
 前半のOPと共に回想ラッシュで、一瞬最終回みたいだと焦りました(苦笑)が、遂に…遂に、終着の地へ到着してしまったんだなぁ…と。
 いいですね、イギ―が「こんな目に遭ったのはDIOとかいう野郎のせいだ! この借りは返してやる」というのが…。
 エジプトへ連れて来たアヴドゥル&ジョセフのせいではなく、「DIOのせい」という辺りが……。
 確かにDIOがいなければ、ジョセフやアヴドゥルだって、イギ―をこんなエジプトまで連れては来なかったでしょうけど…。目先の事ではなく、根っこの部分の元凶をちゃんと考えてる辺りが深いなあと…。流石黄金の精神を持つ野良犬の帝王です。いやー…ほんとにペット・ショップ戦をここまでしっかり描いてくれて嬉しいです…!!
 ありがとうスタッフの皆さん…ッ!!

 DIOの館を見付けた時の構図とかも原作際限で嬉しかったですが、ここから先はほんとに死闘の連続になりますからね……。次回予告でコーナーへフルスロットルで突入!! とかやってましたが(笑)
 執事の「イグザクトリー!!」がめっちゃ気合入ってましたね。次回は、あのTVゲームの雰囲気をどう再現するのか楽しみにしています♪
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ついに…

星野さま、更新おつかれ様です。

信の嫁レースも、ヤンジャン今週号をもって一応の決着がついたみたいで何よりなでそうざです。


ついに!DIOの館へたどり着いてしまいましたね。作中の時間経過ではあと1日で全ての決着がついてしまうのですね…なんだか寂しい。

それにしてもイギーが倒した敵の数って、クルセイダーズの中でも承太郎に次いで二番目に多いのですよね。クヌム神、アヌビス神、トト神(2回目)、ホルス神にとどめを差し、作中屈指の強敵ンドゥールとガオンさんにも勝負の行方を左右する戦いぶり。途中投入なのに素晴らしい助っ人ぶりですね。

それに比べてアブドゥルときたら((-_-;))

No title

鳥公との決着、初めて読んだときは少年に助けられたあとでもう一回襲撃有るんじゃないかとヒヤヒヤしてました、それくらい執念深い敵でした。

>遂に集いしスターダスト!!
グラサンかけた通称「恐怖を乗り越えた花京院」合流でのこの役者が揃った感じが原作読んだ時もテンション上がりましたね。
ちなみに格ゲーのこの恐怖を乗り越えた花京院はノーマル花京院と比べて性能的に微妙に・・・半径20mエメラルド・スプラッシュは良く再現されてて格好いいんですけどねwボインゴホルの水道管連射もですがw

>遂に…遂に、終着の地へ到着してしまったんだなぁ…
ここからの展開はまさにOP1番「近づいてくる決戦の時」から2番「ついに始まる死闘の時」という感じで、来襲再来週はまだ少し息抜きできますがその次はいよいよあの戦い=本当に本当の死闘が・・・・

ペット・ショップ戦はアニメで迫力あって大満足でした。アニメ化大成功ですな!
ハイウェイスター戦編もアニメ化したらきっと面白いだろうなぁ。


ホルス神は人間が使っても相当強そうだと思います。特にこれがジョセフやシーザーやリサリサのような波紋戦士が使えば、スタンド使いとしては吸血鬼のDIOと同じくらいに脅威的ではありせんか?
セト神や7部の大半のスタンドみたいに、直接的な戦闘力に欠けるスタンドでも波紋戦士が使い手であるだけで脅威は常人がスタンド使いなのと比べても段違いですからね。


>エジプトへ連れて来たアヴドゥル&ジョセフのせいではなく、「DIOのせい」という辺りが……

ジョジョはだいたいDIOせいですもんね(笑)
例えばエリナにとってDIOは天敵だと思いますよ。(不思議とジョナサンの天敵がDIOとは思えないんですけどね)
最期の数年は孫夫婦と嫁、友人たちに囲まれて幸せでしたが、エリナの幸福を全部DIOが台無しにしてましたから天敵と思えました。DIOに辱められて初恋を踏みにじられ、数年後再会して愛を貫いて、結婚するがわずか4日ほどで夫をDIOに殺され、息子はDIOの作ったゾンビに殺され、嫁は息子の敵をとったばかりに身を隠さざるを得なくなった。しかも夫の肉体が死後もDIOに利用されているんですから。
まあ、それだけでなく、本当はジョナサンとともに死にたかったのに、彼の意志を尊重して生き続けたのに、孫のジョセフの無事を伝え忘れて数ヶ月にわたってエリナに相当な精神的ショックを与えたであろうスージーは何げに罪が重いとも思いますよ(笑)。

Re: ついに…

 でそうざさま、こんばんは!

> 信の嫁レースも、ヤンジャン今週号をもって一応の決着がついたみたいで何よりなでそうざです。

 え、そんな、まさかの陽ちゃん…!?(笑)
 しかしこんな状況であの出会い方、これは惚れてもおかしくはないですね…(どきどき)

> ついに!DIOの館へたどり着いてしまいましたね。作中の時間経過ではあと1日で全ての決着がついてしまうのですね…なんだか寂しい。

 そうなんです! …遂に辿り着いてしまったな…と。ここから先は、一日も経たないうちに色んな事がありますからね…。エンディングの映像が、ますます涙腺に来そうです。
 イギ―の倒した数って、実はそうなんです、ペット・ショップだけではなく、めちゃくちゃ貢献しまくってるんですよ!! 私はこれは、是非是非皆さまに認識して欲しい…! と強く願っております。。
 ほんとに素晴らしい助っ犬です…!!
 アヴドゥルは……。正直、スタンドはクルセイダース中でもかなり強い筈なのに、どうしてか活躍の場が狭まってしまった感じですよね。ただ、マライア戦での機転を利かせた戦いや、仲間を熱く想う彼らしいシーンの数々は、これもまた皆が勝利を得る為に必要な活躍だったなー…と思います。
 でももうちょい、派手な戦闘シーンは見たかったですね(^^;)

コメントありがとうございました>am56さま

 am56さま、こんばんは!
 あそこでまだペット・ショップが生きていて追撃して来たら…もう絶望ってものじゃありませんね(汗)
 でも本当にそれくらい想像してしまう程、凄まじい執念でしたよね…あの鳥公は…。

> ちなみに格ゲーのこの恐怖を乗り越えた花京院はノーマル花京院と比べて性能的に微妙に・・・半径20mエメラルド・スプラッシュは良く再現されてて格好いいんですけどねwボインゴホルの水道管連射もですがw

 えー、ノーマル花京院より微妙になってしまうのですか?? それは何か凄く…残念な…。
 半径20mのエメラルド・スプラッシュは、ゲームで再現したら凄くカッコイイでしょうね! しかし、そのシーンもアニメでもうすぐと思うと、何か本当に切なくなって来ます…。
 水道管連射も再現するとは、ほんとに愛に溢れてますね…。

 来週再来週までは、まだそうなんです、見られるんですけど……。その次の闘いが…辛いです…。

コメントありがとうございました>あるるかんさま

 あるるかんさま、こんばんは。

> ペット・ショップ戦はアニメで迫力あって大満足でした。アニメ化大成功ですな!
> ハイウェイスター戦編もアニメ化したらきっと面白いだろうなぁ。

 そうですね!! 第4部のハイウェイスター戦もスピード感溢れる描写でしたので、こちらもアニメ化したら凄く迫力ありそうです。

> ホルス神は人間が使っても相当強そうだと思います。

 そうですね…。使いようによっては、ペット・ショップは本体の機動性も凄かったですが、人間が使っても十分強いかと。特に波紋戦士との相性は良さそうですよね。

 そしてジョジョの大抵の事は「DIOのせい」…。仰るように、相当なものですよね、あのDIOの罪状は…。
 正に「DIOには皆が貸していたのだよ」というジョセフの言葉はその通りかと…。

> 孫のジョセフの無事を伝え忘れて数ヶ月にわたってエリナに相当な精神的ショックを与えたであろうスージーは何げに罪が重いとも思いますよ(笑)。

 …笑い話じゃすみませんよね、何気に…(^^;)
 あの時のエリナお婆ちゃんの哀しみを思うと。。
 そのエリナも、最後は家族皆に看取られて穏やかな最期を迎えたのは、彼女が理不尽な数々の事に負けずに強く生きたからだろうなー…と思います。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR