スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エフッ! メガアアァァァッ!!!

 こんにちは、星野です。
 先週、喉が心配な位に絶叫しまくっていたイギ―ですが、今週はお休み…と、思いきや。

 CMで来たァァァ!!
 イギ―さん!! DVD買ったら私も護ってくれますか!?(笑)
 …買うしか…買うしかねぇのか…ッ!? 承太郎がイギ―に「どうしたイギ―?」と、どうやってかイギ―からDVD発売の情報を聞くCMも微笑ましくて好きですが、今回もイギ―がDVD&ブルーレイ推し。流石ブルース・リーを知っている犬。ジョジョの売り上げにも立派に貢献してます。。
 そして今週のダービー・ザ・プレイヤーは、原作でもシュールでしたが、アニメで絵が付くと更にシュールな笑いが…。
 大真面目な魂を賭けたバトルで、TVゲーム! エフメガの鬼畜難度を改めて実感しました(笑)
 まず、兄も良い演技していましたが、テレンス・T・ダービーの声も凄く良い演技です。ラストのあの迷台詞がとても楽しみです。あのねっとりした慇懃無礼な感じとか、よく出てるなぁと。…それと、人形のシーンが妙に気合入ってて怖かったです。
 
 承太郎の右腕を人質に取り、自分の土俵に承太郎達を引き込んだダービー弟が持ち掛けたのはTVゲーム。
 原作を読んでいてもサラッと描かれ過ぎていてアレだったのですが、ジョセフのハーミット・パープルが高性能だなぁと。ゲーム機のイカサマまで調べられるなんて。さり気に便利な能力です。
 そしてダービー兄も弟も、いざ相手が実力行使でオラァッ! と来ると弱いだけに、そこを自分のフィールドに持ち込むのが上手いと改めて思います。

 さて、最初に闘うのは花京院。
 …幾つかカットされた台詞があったのは残念でしたが、これはどうにかその2で決着まで持って行くつもりということですかね……。ああ、いよいよ奴との死闘まで、あと少し。。
 そしてさり気に、あそこで穴に引きずり込まれた時点で、それがもう…というメンバーもいるんだなぁと思うと、だんだん哀しい気持ちになってきます。ラスト・トレイン・ホームが涙腺に来る…ッ。 
 しかしBGMにあのかっこいい「高潔なる教皇」まで流して、やってることはボタン連打&TVゲーム。スタンドまで駆使したあの連打、高橋名人を思い出しました。
「花京院貴様ッ! このゲームやり込んでいるなッ!」
「答える必要は無い」
 このやり取りは凄くカッコ良かったのですが!
 恐るべき鬼畜難度のF-MEGAで火花を散らすムキムキな男二名という構図は、変な笑いを誘いますね…。

 改めてあの加速トンネルの設定が酷過ぎです(笑)
 8つのカーブ。1つの地雷原。更に視界も効かずレーダーも使えない暗黒空間が続き、トドメにはキャノン砲。
 クリアさせる気ありますかッ!?(苦笑)
 私なら何度やり込んでもクリアできる気がしねえ…ッ!! orz

 そしてゲームの音声と言い画面の感じと言い、凄い原作再現度で、これも嬉しかったです。アニメ化するならどういう感じにやるのかなーと思っていましたが、想像以上にOKでした♪
 …ジョセフの実況がうるさすぎるところも、バッチリ再現出来てるなーと…(^^;)
 ダービー弟が「静かにッ! 気が散るッ!!」って言ってましたが、アレはダービー弟が言っていなければ花京院がその内言い出しそうな…(^^;)

 加速トンネルを潜り抜けた二体、しかし花京院の車体はダービー弟の後ろに……。
 次回、荒ぶる花京院の前髪(笑)と、その勝負の行方は!?

 次回予告で早くもネタバレしてるのですが(苦笑)、野球ゲームの画面再現も楽しみです。スタープラチナが野球やるとか、それだけで胸が熱くなります。
 そして、予告最後のやり取りが秀逸でした。

「こういう時は応援するもんだぜ」
「みじめすぎる…」

 おじいちゃん!!(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ラスボスの陣地へ正面突破して最初にやることがTVゲームをすることなんですから、荒木先生は(勿論良い意味で)頭おかしいですよ。これは前回のイギーvsペット・ショップの相対と絶対に被らせないという意地を感じられますね。
そしてやっぱりこの兄弟は兄貴のほうが優秀そうです。

今回の話でも思いましたがDIOはやっぱり3部だと得たいのしれない怪人として描かれてますよね。1部だと主人公ジョナサンがディオと対等だったからこそ、演出やキャラクターたちの反応が違うのでしょうね。

No title

承太郎達が吸い込まれるところが5人+1匹で居られた最後の・・・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

絶対にファミコンじゃ無理だよなって画面クオリティなFーMEGA(&本体)のオーパーツっぷりも再現されててニヤリでした

人形にされた医者はコイツだけ魂開放しないで火にくべちまえって外道ですが更にコイツを上回る外道医者がイタリアあたりにいるとはこの当時は夢にも・・w

とりあえず今は来週の「YES!YES!YES!」の流れを楽しみにしてますが早ければ次回予告、もしくはCパートの辺りでもうあかん事になりそうな気が・・・

相変わらず週遅れ

こんにちは!更新お疲れさまです<(__)>

この鬼畜難度はファミコンならでは!私もファミコンの「F-1」を持っていましたが、未だにクリアした人を見たことが無いww まさに鬼畜と言わんばかりの難易度!操作性がシンプルなだけに昨今のゲームとは難易度の質が違います。

> クリアさせる気ありますかッ!?(苦笑)
アニメを見るまで気がつかなかったので同感だったのですが、アニメで表示されたコースとトンネル突入直前を見たら、迂回路があったんですね(^^;) 加速トンネルを通らずに進む道がちゃんとあったみたいです。加速トンネルは難易度が神か地獄かというレベルなだけに、操作を間違えれば一般道に負ける可能性がある仕様、でも話題にすら挙げずにトンネルに突入する2人。やり込み過ぎだろww

さて、次週はどうなるのか?承太郎にタッチするのか、途中からポルナレフたちの動向を写すのか?りょ、両方ですか??もしかして三部構成ですか〜〜〜!?実に楽しみです(⌒▽⌒)

コメントありがとうございました>あるるかんさま

 あるるかんさま、こんばんは!
 本当に、まさかラスボスの本拠地へ突入→いきなりTVゲームって、なかなか出来る発想ではないですよね…。イギ―VS.ペットショップ戦は息もつかせぬバトルだっただけに、びっくりでした。

> そしてやっぱりこの兄弟は兄貴のほうが優秀そうです。
 
 そうですね。テレンスはかなり兄を見下していたようでしたが、兄は兄で、弟を内心見下していたような…。いずれにせよ、オインゴボインゴ兄弟のような仲良しではなさそうですね。10歳も離れているのに…。

> 今回の話でも思いましたがDIOはやっぱり3部だと得たいのしれない怪人として描かれてますよね。

 第一部の時は、まだ「人間」だった時の姿も描かれていましたが、第三部では最初から吸血鬼として登場している…というのも大きいかも知れませんね。今まで第三部では顔が描かれる事はありませんでしたが、もうすぐその全貌が明らかになりますね…。

コメントありがとうございました>am56さま

 am56さま、こんばんは。

> 承太郎達が吸い込まれるところが5人+1匹で居られた最後の・・・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 …そうなんです、あれがもう……(涙)
 本当にさよならさえ言う暇もなく、という別れでしたね。原作を読んでいた当時は、またきっと館の中で再会出来ると思っていました…。

> 絶対にファミコンじゃ無理だよなって画面クオリティなFーMEGA(&本体)のオーパーツっぷりも再現されててニヤリでした

 本当に素晴らしい再現度でしたね!! F-MEGA、あの手のレースゲームとかは得意ではありませんが、あそこまでの鬼畜仕様だと逆にちょっとやってみたくなりました(笑)ジョセフの実況&解説も面白かったですね。

> とりあえず今は来週の「YES!YES!YES!」の流れを楽しみにしてますが早ければ次回予告、もしくはCパートの辺りでもうあかん事になりそうな気が・・・

 ……予想では、やっぱりあそこまで行っちゃうのかなー…と感じています…。
 ラスト・トレイン・ホームがいよいよ泣ける展開になりますね。(涙)

Re: 相変わらず週遅れ

 ぎがほさま、こんばんは!

> この鬼畜難度はファミコンならでは!私もファミコンの「F-1」を持っていましたが、未だにクリアした人を見たことが無い

 そうなのですね…。漫画の中の話だけではなく、実際にファミコンゲームもそんな鬼畜難度だったなんて……。

> アニメを見るまで気がつかなかったので同感だったのですが、アニメで表示されたコースとトンネル突入直前を見たら、迂回路があったんですね(^^;)

 ええっ、そうでしたか!? 後ほどもう一回迂回路をチェックしてみます。
 しかしあの二人、そんなつもりは微塵もなく普通に加速トンネルに入るつもりでしたよね…。仰るように、ふたりして「貴様らこのゲームやり込んでいるなッ!!」状態ですね(^^;)

> さて、次週はどうなるのか?承太郎にタッチするのか、途中からポルナレフたちの動向を写すのか?りょ、両方ですか??もしかして三部構成ですか〜〜〜!?実に楽しみです(⌒▽⌒)

 次回予告のサブタイトルに愕然としてしまった私ですが、まずはダービー弟のあの迷台詞を楽しみにしようと思います。F-MEGA、あそこまで鬼畜難度だと、逆にちょっとやってみたくなりました(笑)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。