あ…ありのまま、今見た事を話すぜ!

 こんばんは、星野です。
 遂に…遂にあの伝説の名シーンが。…アヴドゥル、イギ―を悼む間すら与えず現れる悪の化身・DIO。
 あの階段の名シーンから、ウィルソンン・フィリップス上院議員の凄まじい熱演(→ほんとに凄いと思いました)に至るまで、なんという濃密で怒涛の展開…!!
 そしてすみません。
 次回予告は反則です…!(涙腺的に…)
 今も尚、なんかこう、1人と一匹が本当にいなくなってしまったんだ…という喪失感が消えない中、それでも物語は怒涛の展開が続きます。
 DIOと対峙するポルナレフ。
 階段を一段上がったつもりがいつの間にか降りていた…。これはぶっちゃけ本人も語るように「な…何を言ってるか分からねーが、俺も何をされたのか分からなかった」状態ですよね。

 それでもアヴドゥル、そしてイギ―を想い、心を奮い立たせたポルナレフの「銀の戦車」はDIOの「世界」の元へ。
 その瞬間!!!

 三人お揃いのポーズ&DIOがあんなに言っても説得力の欠片も無かった「安心するんじゃ…ポルナレフ」
 ここは原作でもめちゃくちゃ好きな好きなシーンだったので、本当に嬉しかったです!!!

 穴から差す陽射しを避け、暗闇へと姿を消すDIO。すかさず追撃しようとする承太郎達。そして遂にあのポーズが、あの台詞が!!!
 遂にアニメで観られるなんて、本当に感慨深いです…!!!

 しかしこのシーンもそうですが、何気に周囲を見渡して「一人と一匹がいない」事を確認した後、承太郎が「アヴドゥルとイギ―は?」と尋ねるシーンが、今週は地味に涙腺に来ました。
 ここにいない、という事の意味をよく解っていて、それでも確かめなきゃならないから聞いたのだというのが良く解るというか。
「ここまでは来れなかった」
 という説明の仕方をするポルナレフの声音が、全てを物語っています。
 この時、承太郎が黙ったままで、その表情が学帽で隠れているのが印象的です…。
 そんな中、「急がないと」と、外の夕陽を後ろに呟く花京院。…そう、仲間を失った事を悼む時間すら、今の承太郎達にはありません…。
 そしてこのヌケサクの扱いが(苦笑)
 半ば、仲間を失って、泣いてるヒマなんてないから、とにかく先へ進まなければならないから、その想いが、余計にこのヌケサクへの冷たい扱いになってるのかな…とも思いました。
 …しかし今回は名台詞のオンパレードですが、様々な例えがまた凄かった(^^;)

「風が吹いている時にションベンをしたらズボンにかかるくらい~」
「エンジン音を聞いただけでブルドーザーだと認識出来るように分かったッ!」
「ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だッ!」
「コーラを飲んだらゲップが出るのと同じ位確実なんじゃッ!」

 何という名台詞のバーゲンセール。しかし「ケツの穴にツララ」は想像したくないというか、この状況でよくこんな言葉が浮かぶもんだと、上に挙げた中でも個人的には一番インパクトがありました(^^;)

 こうして、ヌケサクも棺桶行きになり、別行動を取る承太郎達。
 軽トラックを買い取って(これがまた凄すぎる…^^;)夜の街を闘争するジョセフ達。
 やけに手慣れた仕草で盗んだバイクで走り出す承太郎達。
 
 ……上院議員のあの「歩道を行く」シーンは流石にカットになりましたが、ボンネットを染める血飛沫が、ぶっちゃけその凄惨さを際立てていたように思います。
 そして上院議員の名台詞の数々が凄すぎて…。
 この人、マジでものっそい勝ち組人生じゃあありませんか……。
 それが、本当にたまたま、DIOが触れた車がこの人の車だったばかりに………。

 かくして、あれだけ利用した上院議員を最後は容赦なく「飛び道具」の如く使い、ジョセフ達の軽トラを破壊して追い付くDIO。爆炎の上がる中歩く姿は正に恐怖、そして悪の帝王そのものです。
 そんな中、スタンドを使って建物の上へと逃れたジョセフ&花京院。
 花京院はサングラスを外して呟きます。
「思いつきました。DIOのスタンドの秘密を暴く方法を…」

 ………そして、あの次回予告です。
 反則じゃありませんか!!! (ノД‘)・゜・。

 ダメだ…。アヴドゥル&イギ―の時と同じ位、これは涙腺に来そうです。
「アヴドゥルとイギ―の事を考えると、鳥肌が立つのは何故だろう」
 BGM無しの中、呟かれる花京院の想い。
 次回、雨のようなエメラルドが夜のエジプトの街へと降り注ぐ…!!!

 ああ…ほんとに、遂にここまで来てしまいましたね………。
 旅の終わりまであと少し。寂しさがどうしてもありますが、次回もまた見届けようと思います…!!

<追伸>
 そして今回は、CMにも泣かされました…。
 あのシーン&BGMを出さないでぇぇぇ~(ヌケサクの女Ver.の口調で)
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

コメントしに来ました。

体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。かくいう私も火とのことを言えないのですが。
>あのポーズが、あの台詞が!!!

 このAAでしばらくスレが埋まったらしいです(汗)。

>DIOが触れた車

DIOの運命に関わった乗り物って破壊しますよね。ジョナサンパパが乗っていた馬車からずっと。。。

>悪の帝王

 本当にラスボスはこいつっていう貫禄ですわ。アルスラーンではあんなへたれ兄王を支える小悪党なのに。

>反則じゃありませんか!!!

 後悔はないんです(涙)。今までの事に、これから起こることにも。だから最後まで漢の戦いぶりを見ましょう。

ダ メ だ

星野さま、更新おつかれ様です。

マネキンと化したポルナレフをいそいそと階段下へ運ぶDIO様を想像し、その勇姿にシビれて憧れているでそうざです。


タッ!
(間に合うかな)

(ゲッ!ポルナレフって意外と体重重いじゃん。ヤバいかも)

アセッ、アセッ!

ササッ!

「そうかポルナレフ、階段を降りたな!」
(ゼェッ、ゼェッ、な、なんとか間に合っ…)

(えっ?もう一回登るん?(°д°;;))

以下ループ


階段暗すぎました。

皆さま、コメントありがとうございました!

こんばんは、星野です。
コメントありがとうございました!

>うしつぎさま
…やはり、例のAAで埋まりましたか(笑)
そう言えば、DIOって関わったものをことごとく破壊しまくりですね…。ジョースター一行が乗った乗り物が破壊されまくるように…。

> 後悔はないんです(涙)
そうですね、後悔は無いんですよね…! 本人もそう覚悟していましたし。はい、最後まで見届けましょう…!

>でそうざさま
こんばんは!
…あの階段のシーンは、どうしても想像しちゃいますよね(笑)
あれだけ余裕の表情をしておいて、その陰でそんな努力をと思うと、なんとも言えない気持ちになります(^^;)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR