こいつが一番おっかねえ。

 こんばんは、星野です。
 今週はテラフォとゴールデンカムイの掲載順がナイス! だと思いました。こうなったら、ゴキをヒンナヒンナする杉元達とか、コラボを…(笑)
 というのはさておき。
 杉元の一面を垣間見たり、シャチをヒンナしたり、アシリパさんがなんかこうアレな単語を連発したり、今週も見どころ満載でした。
 しかし…。
 ラストがエラいことになってる!! ぎゃあああああ!!!
 父の仇。金塊。惚れた女の為に。
 北海道の大自然を縦横無尽に駆け巡る三人。白石、飴ちゃんが落ちてるぞッ!(笑)
 …という扉絵から、いきなり白石&アシリパさんがやってくれました。

「この白く染まった海水…全部ニシンの精子だぜ」
「精子?」
「ニシンのメスが海草とかに卵を産み付けてオスが精子をかけるんだ」
「精子?」

 ………アシリパさんやめなさい!!!(笑)
 淡々と説明する白石がじわじわ来ます。
 そんな中、昆布にニシンの卵がびっしりついた「子持ち昆布」なるとても美味しそうな高級食材をゲットする白石。クジラ漁でお腹ぺこぺこの白石は、自分も食べたいでしょうに、真っ先にアシリパにもこの昆布を勧めます。(イイ奴だ…)
「いらない。白米食べたし」
 …アシリパさん…(^^;)まだ白石ランキング低いんですか、まさかッ!?
「ええ? なんだよそれずるいぞ!!」の白石のかなしそうな顔がまたたまりません。白石アイコンがだんだん欲しくなって来ました…。デスクトップとかに色んな表情のヤツを貼り付けたら面白そう…ッ!
「袖についてる乾いたオコメ食べるか?」
 とか、この何とも言えない笑顔で黒い事を口ずさむアシリパさん。…杉元一味のトップは矢張り彼女か…(笑)
 ポリポリそれをかじりつつ、さっさとヒモを切って帰ろうと杉元を振り返った白石。
 今週にはもうバッチリ服をフル装備している杉元ですが、皮となった辺見を持って座るその瞳はどこか暗く、もはや先週までのキラキラモードではありません…。

(こいつが一番おっかねえ)

 元々、戦争前から父の死を知るや家を焼いて村を飛び出す(これは人に、特に梅ちゃんに病気をうつさない為、というのが大きいとは思いますが)という結構苛烈な一面のあった杉元です。…それが戦争帰りで人殺しの匂いを纏わせるようになって、一層そういう部分を強めたのかも…??
 普段は垣間見えない杉元のほの暗い一面。白石にとっては、土方のジジイよりもおっかなく映ったのでしょうか…。

 さて。
 シャチは他の舟にも驚いたのか、運よく浜に打ち上がってくれました。
 アシリパさん曰く、シャチは海の近くに住む人達にとっては「レプンカムイ」と呼ばれ、クジラの肉を届けてくれる重要な神様として扱われているとのこと。それは、山で暮らすアシリパさんたちが羆を「キムンカムイ」と呼んで敬うのと同じような感覚です。
「じゃあ、シャチを食べることもしないのか。無駄な殺生を…」
 例によって、シャチの助命(?)を嘆願する杉元。しかし…。

「死んで浜に打ち上がったシャチは食べる」

 積極的に穫りにはいかないけど、打ち上がったものはありがたくヒンナヒンナする。素晴らしい教えです…!!
 白石曰く、シャチも鯨の仲間なら、美味いんじゃないか? と。近畿地方のハリハリ鍋とか、白石も結構グルメに堪能していますが…日本全国色んな所へ行った事があるのでしょうかね。
 しかしその白石も、食べた事があるのは「シロテモノ」と呼ばれる皮下脂肪の部分。
 赤身の部分は日持ちしない為、なかなか出回らないのだとか。…さて、今日は折角その新鮮な赤身を食べられる絶好の機会!
 という訳で………。

 白石ゴハン!!
 シャチの脂身を使った、竜田揚げ!!

 そして私、初めて知りました…。
 竜田揚げとから揚げの違いを………(^^;)下味付きかそうでないかだったんですね………。
 アシリパさんの「竜田揚げ?」の顔がカワイイ!! 顔芸も好きだけど、こういうワクワクした年相応の可愛い顔もやっぱり天下一品だぜ♪

 しかしなんか、聞いただけで美味しそう…。。
 酒と醤油で下味をつけ、片栗粉をまぶして油でサッと。
 メッチャおいしそうに食べる杉元&白石。…しかし最近、グルメレポートは白石担当になりつつありますね…(^^;)
 しかしアシリパさんは手を付けません。

「このシャチは人を殺した悪い神だから食べられない」
「アシリパさん。辺見和雄に致命傷を負わせたのは俺だ…。俺が殺したんだ」


 はっきりとそう告げた杉元に対し、アシリパさんは即座に竜田揚げを口に入れました。

「そうだな。別にこのシャチは辺見和雄を食べたわけじゃ無いしなッ。人を食ったウェンカムイを食べるなっていうのは単に気持ち悪いからかもな。そもそも人を殺して食べたヒグマをウェンカムイと呼んで必ず討ち取りこらしめるのは、人の弱さを知って人肉の味をおぼえた危険なヒグマを野放しにしないためだったりするんだ、きっと。
 だからヒグマ以外はウェンカムイとは言わないんだ多分」


 流石アシリパさん。
 新しい時代のアイヌの女!!(笑)ばっくばく食べてるよこの娘ォ!!
「竜田揚げ 食べたいからってアイヌの教えを都合よく解釈するんじゃないよ!」
 即座にツッコミが入りました(笑)
 アシリパさん可愛いですアシリパさん。…深読みすると、杉元が人殺しをしたと話す時の瞳を見て、そこに何かしら暗いものを感じ取って、場の空気を変える為にわざと…? とか思ったのですが、多分そんな事は無いですね。はい(^^;)

 さて、お次は先程ゲットした子持ち昆布の串揚げ。
 これもまためっちゃ美味そう!! 酒が進みそうッ。

 そしてここで不死身の思わぬ弱点が。なんかさっきからはっふはっふ言ってると思ったら…猫舌だったんか…ッ。
 先週まであんな凄惨な殺し合いやったり全裸になったりしてたのに、今週はヒンナヒンナ。…なんていうスイッチの切り替えの早さ。しかし食事シーンの杉元は何か可愛くすら感じるから不思議です。
 しっかりヒンナヒンナした後は、背筋を貰おうと呟くアシリパさん。
 シャチの背筋は頑丈で、弓の弦になるとのこと。。アシリパさん、この間の羽根と言い、地味に武器をパワーアップしてますね。
 杉元一味の紅一点、しかしこの神業の弓で何度男達の窮地を救って来たか…! たのもしいネ、アシリパちゃん!!

 そのいっぽう。
 ニシン御殿の親方にスポンサー交渉を今でも続ける鶴見中尉。…自分が銃でブッ叩いたものをその辺の壺が飛んできたせいにして、尚も出資を頼み続けます。
 いずれにしてもまずは家の建て直しだと渋い顔で言い返す親方。
 まあ確かに死人も出る現場となた訳ですが…、正直、建て直しが必要な位めっちゃくちゃになたのは、9割方アナタ自身のせいじゃあ…(^^;)
 意外となかなか出資をOKしない親方に溜息交じりの鶴見中尉ですが、そんな彼に気になる情報が入ります。

 1つ。入院中の尾形百之助上等兵が病院から消えた。
 1つ。二階堂浩平一等卒の姿が数日前から見えない。


 地味にフルネームが明らかになった彼ら。二人とも杉元とは浅からぬ因縁があります。
 …一人は杉元に返り討ちに遭い、もう一人は双子の片割れを殺され、自身も結構しこたまやられた男。
 彼らの目的は容易く想像が付きます。果たして、鶴見中尉はどう動くのでしょう……。
 
 そして正直、第七師団の面々は鶴見中尉のカリスマもあって規律を保ってはいるものの、やっぱり一枚岩ではないというか。
 下手をしたら、瓦解する危険性も孕んだ、意外と脆い組織なのかも知れない、と思いました。その内鶴見中尉自身も、掌握していた筈の部下の誰かに殺されて…とかそういう展開もあるかも知れません…。

 不穏な気配が漂う中、カメラはアシリパさんのアイヌコタン付近へ移ります。
 街へ売る為、子供達と一緒にシタッ(白樺の樹皮)を集めるこの男。谷垣じゃありませんかッ!!
 もうすっかりアイヌ姿が板について…(笑)
「無駄飯ばかり食ってられん」
 とか、実直にも程があるよこの人!!
 なんか随分こう…丸くなったというか、本当に「毒が抜けた」感じだなあと思います。もし故郷へ帰れなくても、もうこのままアイヌ村で猟師やってもいいじゃない…。
 しかし。
 現実は非情である。
 アシリパさんの家へ帰ると、オソマちゃんが何やら中を伺っています。
「シンナキサラ(変な耳)」
 その言葉に、杉元達が帰って来たと思う谷垣。
 しかし、よくよく考えればそれなら彼女はこんな風にこそこそ中を伺うような事はしないでしょう。…杉元にも懐いていた彼女です。…何故か彼女が近寄ろうとしないのには、やっぱり理由がありました。
 こんにちは。殺意。
「バアちゃんかなり硬いねえ」
 何も知らず、浩平に肩をマッサージしてもらっているフチ。
 その奥では、銃のボルトに指を駆けつつ、ニヤリと笑う尾形の姿が………。

「谷垣 源次郎一等兵…」
 そして谷垣のフルネームもさり気に明らかに!! とか言ってる場合じゃあねえええ!!!
 フチ逃げて!! 逃げてー!!!

 彼らは何の為にここへ来たのか?
 そして谷垣は、マタギには戻れないのか…!?
 
 ものっそい緊迫した状況の中、以下次号!!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

フラグ乱立にも程があるッ…(白目)

竜田揚げ…ホント美味しそうでしたね(*^_^*)
以前、出張で来たロシア人に鯨の竜田揚げを(もちろん合意の上で)食べさせたら、めっちゃ美味しがって食べてたのを思い出しました!

ですが、そんな食道楽が消し飛ぶくらいに今週は不吉なフラグの乱発でしたね…テラフォ共々。゚(゚´Д`゚)゚。

谷垣にフチにオソマちゃんに…全員何事もなく逃げて欲しいです!ええもう全力で。゚(゚´Д`゚)゚。

谷垣のいい人っぷりが、白石の脱糞王っぷり同様にうなぎ上りなだけに、不安のゲージもはち切れそうです。゚(゚´Д`゚)゚。

No title

ハテ、尾形上等兵ってこんな男だったかしらんと思うような凄みのある風貌に様変わりしました
砕けた顎が縫われ、病院暮らししていたせいか髪も伸びてこう、バイツァ・ダストに目覚めた吉良吉影のようなイメチェンですね
フチも含めたコタンの皆も心配ですが谷垣も死んでしまいそうでおっかないです

今週のテラフォーマーズとゴールデンカイムが続いて載っているのは狙ったんでしょうかね?

杉元は通常のときと戦闘モードが切り離されてますけど、今回みたいに気持ちが沈む状態が入りやすいですね。そこはやっぱりラストサムライ歳三との違いでしょうか。
凄みとか覚悟とかの違いなのだろうか。

杉元一味は杉元以外がみんな図々しいのが良いと思います。

コメントありがとうございました!>皆さま

>あるるかんさま
 こんにちは。今週の掲載順は絶対に狙ったと思います(笑)
 仰るように、杉元一味ってアシリパさんも白石も、皆良い意味で図々しく図太いキャラですよね。。そういう所が、杉元にとってもどこか救いになっているのかも??
 元々杉元自身は、本人が言うように殺人狂でも無いし戦いを望んでいる訳でもないので、やる時は覚悟をキメてやっても、ふと我に返った時気持ちが沈む…というのはあるかも知れません。

>ぶちさま
 こんにちは。私も、ちょっと尾形上等兵変わった?? と思いました(苦笑)…そう、正にバイツァ・ダストくらい発動させそうな変な凄みがありますよね…。双子の片割れも元々どこかネジが飛んでる所がありますから何をするか分かりませんよね。
 …もう、谷垣にも嫌な予感しか…(涙)

> Seagreenさま
 こんばんは。竜田揚げを食べたくなってしまう回でした(笑)
 鯨の竜田揚げ、ほんとに美味しいのですね…!? 私は、クジラは和歌山に旅行に行ったときに一度、鍋物みたいな料理で食べた事がありますが、竜田揚げにしたらどんな味だったのだろう…とふと考えてしまいました。
 不安のゲージ、私もはち切れそうです…。もうすっかりアイヌコタンの生活に馴染んで、子供達にも結構懐かれてる感じなだけに、余計に…。尾形達も軍帽を脱いでいるので、もはや自分達が第七師団に戻れない覚悟で杉元達に復讐に来ているのでしょうから、何をするか分かりませんし。来週の展開が怖いです…。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR