銀魂。一年間、素敵な時間を、ありがとうだお。

 こんばんは、星野です。
 先週、ちょっと涙腺が大変な事になった「信女」からの、今週の「さらば真撰組」。
 某議員の会見を彷彿とさせる銀さんの号泣会見に始まり、今回のこのシリアスな終わり方。…提供画面の「俺達の戦いはこれからだ!!」…に、また次もあると信じて、ちょっとつらつら語ってみたいと思います。
 銀魂は単行本も暫く集めていなくて、アニメのみ追い掛けていたのですが…、先週の話にちょっと泣けたのもあり、久しぶりに最新巻など買ってしまいました(^^;)
 続きから、この一年のアニメと、これはアニメ化して欲しかった…!! なエピソード等についてちょっと語ってみたいと思います。
■ギャグ編
 何といっても、本当に本当に、「これをアニメ化してくれてありがとううう!!」だったのは。
 真夏の階段(笑)話。12宮を駆け抜けろ!!
 よくぞここまでやってくれた、EDまで美味しかった「フェニックスは何度でも蘇る」
 …これ、ほんとに大丈夫だったんか…!? セーフだったんか…!? とドキドキです…。
 そう言えば、銀さんの中の人は星矢Ωでも一輝兄さんの声でしたねぇ。
 いや、もう、本当にこのエピソードをアニメkしてくれて、嬉しかった…!!!
「アンドロメダの網からは逃れられない…」
「それはお前だあー!!」

 は、何度見ても爆笑ものです。本当に何度見返したか……!!!

■シリアス編
 やっぱり、年末辺りから続いた「将軍暗殺編」~「さらば真撰組」編ですね。
 将軍暗殺編は、地味にさっちゃん&全蔵になんかすごく燃えました。さっちゃんがめっちゃドシリアスでしたし。何というか普段は「銀さん銀さん」言ってても、本当に心の奥底で通じ合ってるのって全蔵さんなんじゃあ…と…。
 そして何より、まさかの将ちゃんが。
 …今まで、将ちゃんのエピソードには何度も爆笑させて貰ったのに…。(キャバクラのエピソード&床屋のエピソードは双璧です)
「将軍かよォォォ!!!」
 の絶叫がもう聞けないと思うと、本当に寂しいです。せめてそよちゃんは元気にしていて、またどっかで登場してくれないかなぁ………。

 さらば真撰組編は、最初は「これが銀魂か…」という位、鬱な始まり方でしたが、そこからの盛り上げは流石だなぁと。ヅラ子さん登場辺りは痺れましたし♪ …今まで攘夷派の皆さんと真撰組が共闘する所とか、ああ物語全体が終わりに近いんだなぁ…と感じると同時に燃えました。
 しかし、終盤でまさか松陽先生の衝撃の正体だの、見廻組に色々と持ってかれるとは…。
 異三郎さんは正直色々やり過ぎた所があるので、そこまで同情も出来なかったりするのですが、復讐の為に全てを捨てた筈の彼が、たった一つどうしても消せなかったその名を、沢山の想いや願いを込めて自分の娘に贈る筈だった名前を、道具として利用した少女に与えたってのが何とも切ない。
 …もう少し早く真っ直ぐに「信女」と向き合っていれば、まだもう少し違った道が、やり方があったのでは? と…。

 信じて良かった。友達に囲まれて。優しくて頑固な、信女さん。
 メール、やっと届きましたね。


 もうここで涙腺がスパーキン!!でした。
 そしてその瞬間、信女の瞳に光が宿る描写がたまらんです。
 一つの戦いに幕が下りた夜明け、
「異三郎。素敵な名前を、ありがとうだお」
 …と最後の返信を空へ返す信女さんの瞳が、ちゃんと「生きた」人の目になってる所に、一縷の救いを感じます。
 ただお互いに独りになりたくない、独りにさせたくない。それっぽっちの理由で良かったのに、仇だ道具だ理由を付けて、お互い暖かな血の通った心に蓋をしてしまっていた、というのがまた、ありがちなだけに哀しいものがあります。相手を喪おうというその時になって素直になれるというこの皮肉。
 人は色々理屈をこねてはいるが、結局は心を許した者の傍で生きたい、死にたい、たったそれだけの単純な生き物…桂の台詞がふと思い返される瞬間でした。
 それともう一つ、信女さんの涙に動揺した沖田隊長に萌えました。…ドSな人のハズなんですが、なんだかんだ、銀魂の男子キャラは女の涙ってやつに弱いんですかねぇ…。神楽との喧嘩友達みたいな間柄も好きなんですが、信女さんとの、どこか似た者同士な感じもいいなと思う今日この頃でした。
 
 最後は近藤さんですねぇ。…長年の気持ちが報われそうな感じで、お赤飯炊きたい私です。
 なんかこう、普段の行いがアレなだけにアレなんですが、普通に漢気あってかっこいい人だなあと。ゴキブリーダーの辺りから、何となくこう風向きがちょっと近藤さんに向いてきてない?? とか思っていましたが、お妙さんも本当はそういう所ちゃんと見えてる人ですからねぇ。歳の差が若干気になる二人ですが、次に江戸に帰って来た時、笑顔で「おかえりなさい」「ただいま」と言える二人を早く見たいです。
 どうも、今は銀さん達は宇宙へ行って、春雨とかとドンパチやってるみたいですが、また彼らと合流して、この国の夜明けの為に闘う所が見たいなーと思います。
 少年ジャンプは流石に卒業してしまったので、また次の単行本も楽しみに待とうと思います。

■アニメ化して欲しかったなーというエピソード
 別にカップリングがどーこーで楽しむ作品ではないかもですが、私は色々と好きな組み合わせがあったりします(笑)
 近藤局長とお妙さんとか。沖田隊長と神楽ちゃんとか。銀さんと月詠さんとか。さっちゃんと全蔵さんとか。

 …が、今回、アニメ化しなくて残念だったなーというエピソードの二人が、かなり私のツボでして。
 そのエピソードは、一杯のラーメン。
 …そう、ヅラと幾松さんです。

 名前のモデルとなった方々の関係を考えると、幾松さん初登場の時から何となーく意識しちゃってはいましたが、一杯のラーメンのエピソードは凄くド壺でした。
 ちょこちょこ登場していたホームレスのおじいちゃんが、まさかの幾松さんのお父さんだったとか。長谷川さんは一体どこまで落ちていくんだろうとか。(もうこの人もそろそろ許したって欲しい…^^;)幾松さんの為なら段ボールにブッ刺さって段ボールライフに溶け込む事も辞さないクズラさんとか。色々てんこ盛りでしたし。
 笑いもあり、泣ける話でもあり、いい話だったので、どっかでアニメ化して欲しいものです。
 幾松さん、結構イイ女だなあと思います。他の女子キャラと比べると戦闘力は普通の女性ですが、芯の強さとか精神力は他の皆さんにひけを取らないなーと。
 確か幾松さん初登場エピソードのアニメは、ちょっと色っぽい雰囲気が増してる気がしたのを憶えています(笑)
 特にお風呂上り(?)、幾松さんが髪を梳いてるシーンがものっそい色っぽさがあって。…こんな女性と一時とはいえ一つ屋根の下にいて何一つないヅラは紳士だなあと思ったものです(笑)
 …が、一杯のラーメンの話では、銀さんに「お前、幾松と○○○まで行った?」とからかわれて必死に否定するとか、まさか凄い純情なチェリーなのか!? とか色々考えさせられました(笑)
「残念ながら恋敵ではない。そしてなれるものでもない」
 なんて言ってましたが、クライマックスに銀さんが言った言葉が全てなんだろうなぁと思います。
「幾松に二人の男の想いが伝わるなら、例え自分の気持ちが伝わらなくても、もう一人の男は行くんだろう。愛する幾松のラーメンの為に」
 おばさんたまらんぜって感じです。渋いなぁと。
 ラーメンの残り汁なんて言わずに、図々しく蕎麦の一つも啜っていいんじゃないかなぁとか…。 
 しかしこれ、実は幾松さんも悪しからず思ってたりしないかな? とか色々思うんですよね。なんだかんだ、エピソードの冒頭ではお蕎麦出してあげてましたし。(顔面にブチ撒けてましたが^^;)
 
 何か色々脈絡なく語ってしまいました(^^;)

 銀魂アニメは、一時期はDVDも買っていまして、カブトムシ狩りの話や神楽ちゃんが傘を買って貰う話なんかは、今でもまた観返したくなるエピソードです。
 声優さんの演技と言い、原作に基本的に忠実な所と言い、本当に、アニメ化に恵まれている…!! と思う作品の一つです。
 また是非是非、4期もアニメ化して欲しいです!! 300円あげるから!!(笑)

 ――以上、銀魂アニメ最終回を記念して、とりとめなく語ってみました。
スポンサーサイト

テーマ : 銀魂
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ワタクシも…

ズラ松のカップリングは大好物です♪
もしかしたら銀魂の中で一番好きかも。

いつだったかの桂の回想で、江戸には大切なものが多すぎる…とかってのがあって、その中にちゃんと幾松が入ってた時には思わずにんまりしたものでした(^^;

と言う事で珍しくカップリングに反応してしまったワタクシです(*^^*)

知らなかった・・・

銀魂はジャンプでおいかけてるだけでアニメはほとんど見たことないんですが、そんな神の回があったんですか。。。TSUTAYAで借りられますかね?アンドロメダの綱ww 見たい!!頑張って探してみます!!

Re: ワタクシも…

 Seagreenさま、こんばんは!
 おおおおお、ヅラ松カップリング大好物ですか!! 嬉しいです♪ 
 
> いつだったかの桂の回想で、江戸には大切なものが多すぎる…とかってのがあって、その中にちゃんと幾松が入ってた時には思わずにんまりしたものでした(^^;

 紅桜編ですね。…私もあの1シーンはにんまりしました♪
 Seagreenさまとは美味しいそばが食べられそうです(笑)

Re: 知らなかった・・・

 ぎがほさま、こんばんは。
 ハイ、、あったのです…!! 本当に素晴らしい、正に神回というエピソードでしたので、星矢ファンも銀魂ファンも、両方楽しめると思います。
 恐らくDVDやブルーレイにもなっていると思いますので、TSUTAYAで借りられると思います。
 エンディングもGJですので、是非、ご覧になって下さいませ♪
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR