スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版遊戯王 THE DARKSIDE OF DIMENSIONTS 感想 その4

すみません、今更気付きました………。
「つづきから」に記載した筈が、思いっきり本文に記載しちゃってました……。m(__)m ちょっと次元移動してきます(汗)
 今更感ありますが、感想その4、続きから叫びます。
 いや…何度みてもあの神々しいシーンは鳥肌モノです…!!! 待ってたぜ!!!
10)VS.ディーヴァ(藍神)戦
 さて、デュエルの細かい内容については割愛しますが、ともかく。
 まずはあの「次元領域デュエル」を、遊戯がいともあっさり理解して普通に受け入れてるのが流石だと思いました(笑)
 しかしモンスターを召喚する度、いちいち「はああああああっ!」と気合を入れる姿が、まるでドラゴンボールを見ているかのようで、どうも慣れません(^^;)社長とかがやるならともかく、普段は穏やかな遊戯が「はあああああッ」とか言ってるのを見ると、なんか何とも言えないもやもやした感じがします(^^;)
 そして遊戯は、精神力はとても強いと思うのですが、それは攻撃に向いている強さではないので、こういうデュエルはやっぱり何かと負担が大きいのかなぁ…とも思いました。
 それでも、常にモンスターの力を最大限引き出しているのは流石です。
 そして、マジシャン・ガールシリーズが増えてる…!! のは是非触れておきたいところです(笑)
 アップル・マジシャン・ガール。レモン・マジシャン・ガール。そして勿論、ブラック・マジシャン・ガール。
 皆それぞれにタイプの違う美少女で、なんだこのガールシリーズは…! あざとい! あざといぜ!! と思わずにはいられませんでした(笑)
 そしてそんな華やかな彼女らの影で、割と悲惨なやられ方をして散るブラック・マジシャン…(涙)
 ぶっちゃけ、LPが3桁になってからが本番、な遊戯達のデュエルとは言え、相変らずド派手に吹っ飛ばされるわ地面に叩き付けられるわ、正直本当に見ていて痛々しいです…。しかし圧倒的に不利な状況下で、サレンダー&「一緒に来ないか」という誘いも蹴った遊戯の顔は、本当に凛々しいと思いました。
 例え、ディーヴァ達からすれば醜く歪んだ世界であっても、この世界にもそれぞれの未来がある、と。
「憎しみからは、何も生まれないよ」
 …セラの言葉を伝え、あくまでも「藍神くん」への説得を続ける遊戯。
 しかしもう、ディーヴァは引き返すつもりはありませんでした…。正直、その気になれば踏み止まれるポイントは幾つもあったと思うのですが、彼は結局、その悉くで踏み止まれなかったのです。
「結局、お前には解らない」
 悲惨な幼少期を過ごした自分達の想い。こんな世界なんて捨てたいと容易く思えてしまう程の辛さ。…しかしその彼の思いを全てぶつけられても、遊戯は決して折れませんでした。
 必殺のトリプルトラップコンボを決めてみせ、藍神のLPを0にしたのです。
 …素直にそんな遊戯のデュエルを喜んでるモクバが結構可愛いです…。。モクバは兄サマ第一とはいえ、普通に遊戯達とも仲が良いという、結構大事なポジションなんだよなぁ、と改めて思います。
 ともすれば暴走したままどこかへすっ飛んでしまいそうな社長にとっては、やっぱり必要な楔なんだろうなぁと…。

 ――それはともかく。
 遊戯の勝利後の城之内達の変顔が最高でした(笑)TVシリーズでも度々ありましたが、何か拘りでもあるのか!?
 またこの表情が見られたのは、何か嬉しかったです。

 そして、藍神を倒した事で、無事に獏良も戻って来る事が出来ました。藍神の姿も例のキューブも消え、そこに残ったのは、千年パズルのもう一つの欠片…。
 千年パズルを完成させるか否か。
 ある意味、セラ達の運命も左右するデュエルが始まりました…。

11)そこに、アテムの魂は…。
 もう、なんというか、終始遊戯を「器」呼びは流石にあの…社長…勘弁して下さい!!!(^^;)と思いました(笑)
 デュエル開始前など、「海馬くん、聞いて欲しい」「問答無用!!」…もはや会話まで成立しないという有様で…(涙)まあ、これは相手が遊戯に限った話ではないかもですが(^^;)
 次から次へとブルーアイズの進化形モンスターを繰り出し、容赦なくLPを削りに来る社長に対し、遊戯は多彩な技を持って応戦します。…例によってLPが3桁まで減った遊戯ですが、遂に劇場の特典にもなっている切り札「破滅竜ガンドラX」を召喚します。
 フィールド上のモンスターが悉く破壊された上、大ダメージを受ける社長。「あくまでもオレの邪魔をするか!」…と激昂する社長に対し、遊戯は中央の千年パズルに歩み寄ると、なんと手にした二つのピースをはめ、千年パズルを完成させました。
 はっと息をのむセラ。
 しかし。

 ――千年パズルはもう、嘗てのように輝きませんでした。

 …この直前、遊戯が一枚の魔法カードを海馬に渡しているのですが、そのカードがまた泣けます…。

「ボクは君に告げなければならないことがある。…もう、この千年パズルの中に、アテムの魂はいない。最後のピースを手にした時から、ボクには解っていたよ」

 心のどこかでは、アテムの復活を願っているのではないか?
 あの雨の夜、社長にそう言われた時に遊戯ははっきりとそれを否定しませんでした。
 もしかしたら、ほんの僅かでも、彼ともう一度会いたい、くらいの気持ちはあったかも知れません。しかし同時に、遊戯はある程度「その事実」を理解し、そして受け入れてもいたのでしょう…。
 海馬が自分に要求している事を理解していても、それを叶える事はできない。
 それはつまり、例え遊戯自身の手で再び千年パズルを完成させても、もう彼には会えないということ………。

 あんな「KC」型の宇宙ステーションまで作って。そこに御世辞を言えるコンピューターまで用意して、更には軌道エレベーターまで用意して。…どんだけの巨費と労力を費やしたか解らん程の手間暇かけて、結局遊戯が伝えた結論は「ここにアテムはいない」という事実。
 …流石にそれを告げられた社長の気持ちたるや如何なものか、その辺は解るつもりです。
 遊戯も、なんというか色んな意味で社長にその事実を告げるのは辛かった事でしょう…。
 しかし。だがしかし。
 社長を前にしては、その事実にして真実すら無意味だった!!!

「…認めん…」

 流石に遊戯すらドン引きするその名言が炸裂しました。

「オレは断じて認めん!!!」

 いやいやいやいやいやいやいやいやいやいや!!
 だから、いねーって言ってるじゃないですか!!!
 ファンの私だって「認めん」て言いたいですけども、でも認めるとか認めないとかの問題じゃないんです、こいつは…!!!

 社長は、遊戯に渡された魔法カード「死者蘇生」のカードで、ディープアイズ・ホワイトドラゴンを復活させ、今度こそ遊戯を倒そうとするのですが………。
 遊戯は、その社長に対して罠カード「ファイナル・ギアス」を発動。
 社長のモンスターを破壊し、代わりに蘇らせた「ブラック・マジシャン」のダイレクト・アタックで、丁度2500残っていた社長のLPを消さんとします。
 死者蘇生は、遊戯があの「闘いの儀」で「禁じた」カード。
 自分達はそれぞれの道を歩いていくのだと、そう宣言してみせたカードです。…その「死者蘇生」を、今度は社長に渡してデュエルを決める遊戯の気持ちもまた、辛いだろうなぁと…。

 しかし。
 社長のLPのカウンターが残り100になった所で、何故かデュエルはストップします。
 ――そう。
 千年パズル以上に大活躍しまくりな千年アイテム、「千年リング」にディーヴァが取り憑かれ、大暴走を引き起こしたのです………。

12)最終決戦!!!
 もはや人としての形すら成さない、恐ろしくグロい姿で戻って来たディーヴァ。彼の耳にはもう、妹のセラの言葉さえも届きません。
 全ての世界を闇へ呑み込まんとする彼を前に、観客も次々と呑み込まれていきます…。
 折角取り戻した獏良も、そして城之内達までもがピンチに陥る中、無論遊戯はディーヴァの前に立ちはだかります。
「遊戯…。まだ、闘う気力は残っているか」
 そして無論、社長もこんな暴走を黙って見ている筈もありません。
 かくして、遊戯&社長のタッグVS.暴走したディーヴァの闘いが幕を開けます。
 それは、LPが削られた分、身体も闇へ呑まれるという、正真正銘「闇のゲーム」。

 しょっぱなから全開でトバす社長&遊戯ですが、恐ろしく凶悪になったディーヴァの「方界」モンスターの前に、瞬く間にピンチに陥ります。
 バンバンLPが削られる中、方界モンスターからのダイレクト・アタックを阻止する為に罠カードを発動し、そのコストとしてLPを2000も削った遊戯は、もはや絶体絶命のピンチに。
 しかしその瞬間、社長が助け舟を出しました。罠モンスター「クリスタル・アバター」を使用し、攻撃の対象を変更させた上で、闇ディーヴァにダメージも与えて一矢報いてみせたのです。
「貴様の相手は、このオレだ!!」
 爆炎の中、社長のLPは0に………。しかし尚も立ち続けていた社長は、駆け付けた遊戯に千年パズルを渡しました。
「奴だ。…奴を、呼べ。………奴を…」
 社長…! ここは正直メチャかっこ良かったです…!!

 もうここには彼はいない筈。今更こいつを首にかけてもどうにもならないでしょう。
 しかし遊戯は、社長の気持ちに応えて千年パズルを首に掛けました。…そしてその闇ディーヴァの攻撃を「クリアクリボー」で凌ぎ、希望を繋いだのです。
 …名前や効果が多少変わっても、やっぱり君は速攻で墓地行きになるんだね、クリボー…!!(涙)

 しかし。

 そこでもう、遊戯の気力は尽きてしまいました。
 消滅に抗おうとする城之内も、もはや立つ気力は無く…。
「皆…ごめん……」
 必死にドローしようとするその手ももはや上がらず、倒れそうになったその瞬間………!!!

 ――長かった感想も、次で終わります。
 デュエルの幕が下りる…!!
スポンサーサイト

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。