ヨシヨシペロペロしてもらうんだッ

 こんばんは、星野です。
 …今週号のYJは、表紙&巻頭カラーのイラストが素敵過ぎて、何度も見返しております。
 杉元&アシリパさんコンビは、やっぱり鉄板!!! と何度見ても思います。この、本当に互いに「命を預け合ってる」相棒感がたまりません…ッ。

 そして、江戸貝くぅぅん………。(涙)
 間一髪、トロッコに乗り、坑道内を爆走して尾形の追跡を逃れようとする江戸貝くぅぅぅん&月島さん。
「ボクが作った偽物の入墨人皮。鶴見さんに必ず届けてヨシヨシペロペロしてもらうんだッ」
 ……地味にその手に抱えた鞄に張り付いた、安らかな顔の表情が何とも言えません…。
 ヨシヨシは解るとして、ペロペロは何なんだぜ、江戸貝くぅぅっぅん!!!(笑)

 しかし、追跡者はもう二人。
 杉元&白石コンビです。…もはやアシリパさんがいない今、月島さんは「排除」の方向&あの偽物人皮をどうにかするべく、飽くなき追跡を決行します。
 尾形はと言えば、両者の潰し合いを利用し、あわよくば漁夫の利を狙っています。
 が、先週号の「煙突の煙が二つに分かれていた」件、そして今までの尾形さんの戦歴を顧みるに、正直そんなに上手く行くの? ………と、不安しかありません………(汗)

 さて、必死に炭坑内で働く抗夫達をあざ笑うかの如く爆走するトロッコチェイスは、人の迷惑顧みない銃撃戦へとヒートアップ。
 地味におっぱいぽろんしている女性がいるのに、こんなにも嬉しく無いのは何故なんだぜ………。
 そしてお前ら、いい加減にしろぉぉぉ!!! 人が必死に働いてるトコでドンパチとか!!!
「いんッ」
 石をぶん投げて応戦する江戸貝くぅぅぅん。
 その石で倒れた柱に引っかかり、一回転する杉元達の反応がじわじわ来る中、石炭がひっかかった江戸貝くぅぅん達のトロッコは、遂に杉元達のトロッコに追いつかれてしまいました。
 しかし負けじと杉元の銃を奪い、応戦する月島さん。
 その隙に入墨人皮を奪おうとする白石。
「すっこんでろ」
 月島さんが応戦した拍子にトロッコは方向を変えてしまい、杉元達のトロッコは左側へ、江戸貝くぅぅん達のトロッコへ右側へと分岐してしまいました。
 …そしてお約束(?)どおり、おマタが裂けそうになる白石。
 辛うじて杉元のトロッコへ飛び移り、真っ二つになる事態は避けられたものの、これで追跡は困難に…!!

 そこへ颯爽とやってきたのが尾形でした。
 銃でレバーを撃ち抜いて、自分のトロッコの進路を変えた処まではカッコ良かったのですが…。
「マイトに火を点けたぞォ。止まれーッ。発破に巻き込まれるぞッ」
 どうしてこんなにアナタは間が悪いんだ尾形さんッ。
 慌てて銃でトロッコの勢いを削ぎ、爆発から逃れようとする尾形。しかし遠く離れていた為か、江戸貝くぅぅぅん達にその声は伝わらず………。
 まず一度目の爆発が起きました。
 …幸い、江戸貝くぅぅlん達のトロッコは無事で、これで上手い事尾形をまいたと思いきや………。

 恐ろしい事態が起こりました。
 ダイナマイトの発破が、運悪く「ガスケ(※ガス溜まり)」を引き当ててしまったのです。…そんな引きの良さ、要らない…!!
 かくして起きた大爆発。
 それでも辛うじて無事だった江戸貝くぅぅん達、そして杉元達、そして尾形ですが、爆発で坑内の通気が乱れる「もどし」が発生した事により、事態は更なる大惨事へと向かいます。
 山が揺れる程の爆発。
 …それを不安げに見守るアシリパさん&キロランケ。
 それは、「大日常(大事故)」を意味していました………。

 ひとしきり爆発が収まった坑内で、無事だった月島さん。
 江戸貝くぅぅぅんを探しますが…。
「月島さん早く逃げてください火災が広がります。ボクは足が…岩盤に潰されて…」
 崩れた瓦礫の向こうから、必死に江戸貝が差し出したのは、例の入墨人皮の入った鞄でした。
 あの爆発の中、それでも無事に鞄を抱えていたのは、もはや執念なんてものを超えたものを感じます。
「ボクを初めて肯定してくれた鶴見さん。鶴見さんがボクに与えてくれた役目……ムダにしないでくださいね月島さん。それからもう一つだけ伝えてほしいことがあります…!!」
「なんだ? 言え!! 江戸貝!!」

 …もはや、救助は不可能でしょう。
 まさかこんな形で、江戸貝が散るなんて…ッ!!!
 最期となるであろうその言葉を聞こうとする月島さん。…ていうかまさか、最初のトロッコチェイスからこんな悲壮な展開になるなんて………。(涙)江戸貝くぅぅぅん!!!
 センター分けの猫も悲しむぜ!! あんなに「にゃ~」とか言ってネズミのお土産を持ってくる位、懐いていたじゃあないかッ!!
 思えば歪んだ家庭に育ち、世間一般から見て歪んだ嗜好を持ち、剥製に囲まれてひっそり一人生きてきた彼の存在を、鶴見中尉はドン引きもせず認めてくれました。
 江戸貝にとって、それは何にも勝る程尊い事だったのかも知れません。
 鶴見中尉からすれば、単に「利用出来る手駒」程度に過ぎなかったとしても、或いはそれを薄々解っていても、彼にとって鶴見中尉が何にも代えがたい絶対な存在になってしまったのは、「自分を認めてくれた人だから」…その一点だとしたら、正直哀しいな…と思います。
 しかし少なくとも、その鶴見さんの役に立てるものを遺せた事は、彼の人生にとっては幸せな事なのでしょう。
 必死に作ったそれが、今はただ、ムダにならない事を祈りたいです…。

 江戸貝くんが脱落する中、杉元&白石組もピンチでした。
 吐き気と凄まじい眠気に襲われる中、気絶した白石を背負い、懸命に脱出を図る杉元。
「俺は、不死身の、杉元だッ」
 
 炭坑火災の消火方法は、唯一つ。
 坑道の密閉です。

 ………板と粘土で坑口を塞ぎ、空気の流れを遮断することで、火を消すのです。
 例えその坑口の向こうに逃げ遅れた者がいようがいまいが………。

 江戸貝の遺言と入墨人皮を抱え、脱出を図る月島。
 白石を抱え、必死に生き延びようとする杉元。
 カッコよく追跡してたと思ったら何か爆発に巻き込まれてしまった尾形。

 果たして誰が為に、誰が死ぬのか…!?
 炭坑での生き残りをかけたサバイバルが今始まる!
 以下次号ッ!!!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

江渡貝くぅぅぅん!!!

久々のゴールデンカムイレビューありがとうございます!
今、煌めく人の時に感じた時を遥かに上回る、喪失感に捕らわれております。江渡貝くぅん…!!!
いつかの退場は覚悟してましたが、もう、この様な形で来るとは!直接渡せなかったのが、無念です。
今週のカラー扉は、江渡貝くぅんへの手向けだ!と思ってます。

待ちかねましたぁぁぁ!!!

待ち続けて、実に二ヶ月以上っ……!!
ゴールデンカムイの感想復活っ!!!(嬉泣

んで、江渡貝くぅぅぅんも、はや退場ですか……
つか、刺青人皮に関わる人達の死亡率高すぎぃぃ!!!!
主人公組の白石、土方組の土方・牛島以外で
途中参加で生き残っているのって、家永くらい?
月島軍曹も、ここんとこ急にキャラ立ちしてきましたけど
いつまで命が保つのやら……

それにしても、今回何気に主人公大ピンチじゃないですかね?
何気に、初期の白石との追いかけっこで凍死しかけた以来の
命の危機かと思われますけど……
(ギャグっぽい感じでしたけど、状況的にはかなり逼迫してましたよね、アレ。)

てな訳で、実に久々のレビューごっつぁんでした!!

………で、銀英伝の感想も…(ぼそっ

和風闇鍋ウエスタン

星野さんお疲れ様&お久しぶりですー!

毎回思いますがゴルカムの扉絵ってホント良いっすよね⁉︎和風闇鍋ウエスタンてコピーも秀逸。

しかし意外や意外、ここ何週かであの落書き…じゃなくて絵描き歌で書いたような顔の月島軍曹の活躍が際立ってる!まさか山猫・尾形ともやりあえるとは…。

江戸貝くぅぅぅんはどうやら退場しそうな雰囲気ですが…ペロペロは本当謎のままで良かったぜ(笑)

あの台詞には

ホント泣けたなー(TT)絶対何か必殺技を出して欲しい

炭鉱爆発といえばどうしても81年の
大規模事故を思い出しますね
あれから夕張の試練始まったのかな(--;)

最近なにかと記事になるのがおおくて
今度アイヌ料理がテーマ  実際に
料理を出している店と一緒に画像がでてました(^o^)
次の記事はってついつい期待(他地域の方ごめんorz

Re: 江渡貝くぅぅぅん!!!

 とおりすがりさま、こんばんは。
 江戸貝くぅぅんの脱落は、やっぱりちょっと切ないですよね…。正直私も惜しむ気持ちが強いです。
 ヨシヨシペロペロして貰いたかったでしょうにね…江戸貝くぅぅん………(涙)

 私もあのイケメンなカラー絵は、彼への手向けかな、と思います。
 嗚呼………もう、彼は回想シーンでしか登場しないんですね…。

Re: 待ちかねましたぁぁぁ!!!

 よっしーさま、こんばんは!
 お待ち頂いて、ありがとうございます…!

 話の展開上、いつかは退場するとは思っていましたが、まさかこんなトロッコチェイスの果てとは…。

> 月島軍曹も、ここんとこ急にキャラ立ちしてきましたけど
> いつまで命が保つのやら……
 
 せめて月島さんが何とかアレを鶴見中尉に届けて欲しい気もしますが、正直彼が一番怪しいですよね……(汗)
 江戸貝が見つけた「役目」は、果たしてちゃんとその役目を果たせるのか?
 それとも、山猫にかっさらわれてしまうのか?
 杉元達の手に渡ってしまうのか?
 …どうなるのでしょうね…。

 銀英伝も書きたいのですが、なかなか(^^;)
 猫元帥が久々に登場&ユリアンの元へ還るヤン、の構図が凄く嬉しかったので出来ればどこかの記事で語りたいなぁと思います。
 …ヤンはこうやって、どんなに危険な最前線へ赴いても、いつもユリアンの処へ還ってたんだよな、と改めて思いました。なのに何故、あの一度だけ(涙)

Re: 和風闇鍋ウエスタン

 カリツォさま、こんばんは! お久しぶりです(^^)
 和風闇鍋ウエスタン、私もツボです…! 本当にあれが単行本に収録されないのが惜しい!! 惜しすぎるッ!!!

 月島さん、なんかいきなりキャラ立って来ましたし、ここで退場は惜しすぎますよね…。江戸貝くぅぅんからも入墨人皮を託されましたし…。
 ペロペロについては永遠の闇に葬られそうですが、これはもう…葬られちゃったままの方が良さそうですね(^^;)

Re: あの台詞には

 鹿角さま、こんばんは。
 炭鉱と事故って切り離せないとは言え、本当にそんな大規模な事故があったのですか…。

 アイヌ料理、オハウとかはちょっと食べてみたいなーなんて思うので、メニューにアイヌ料理のあるお店とかあったら行ってみたいですね。賞も取っていますし色んなメディアで知名度が更に広がってくれたなー、と思います。
 …ただ、出来ればまだ、アニメ化や実写化は避けて欲しいな…とは思います。(特に実写化だけはダメ!!! 絶対ッ!!!)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR