スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またか? 杉元ぉ。お前ナツコミ好きだなぁ~~~。

 こんばんは、星野です。
 正直、早くも次号のキングダム巻頭カラーの展開が怖い私ですが、ナツコミの宣伝に癒されました(笑)
 杉元さんアンタ…その容器に詰め込んでる缶バッチ、何ィィィ!?(笑)
 和む一ページ。………しかし本編の展開は、とても和めるモノではありませんでした。
 
 耳をすませば。
 殺りたいひとができました。
 狂っていても「兵士」としての腕は確かな二階堂。
 中の人数は精々が2~3人と見抜き、杉元だけは殺すなと言いつつ、突入の準備を着々と進めます。
 一方、尾形は江渡貝くんの家の窓には悉く鉄格子がついており、侵入するなら玄関からしかない、という状況を利用して、自分はいち早く二階へ駆け上がって狙撃に有利なポジションを確保。玄関に詰め寄りつつあった兵達に狙撃を開始します。
 一方、二回の窓が破れる音でその事に気づいた二階堂もまた、ひさしの下に入り、狙撃に狙われないように指示を出します。
 そこへ容赦なく、土方の銃撃が…!!

 扉から離れ過ぎれば狙撃の餌食となり。
 うかつに入ろうとすれば土方の銃撃の餌食となり。

 …戦闘要員がたった二人とは思えぬ戦いぶりですが、流石は北鎮部隊の異名を持つ第七師団の兵達は、一筋縄ではいきませんでした。
 尾形に対しても逆に狙撃を敢行し、玄関先の人員を援護しています。
 そこで初めて、尾形は木陰や外の建物の影にも、思った以上に仲間がいた事を知りました。
 
 一方、玄関からも突入が開始されます。
 二階堂と共に突入したもう一人は、二回の尾形を狙って駆け抜けます。
 一方、二階堂を自慢の愛刀で狙う土方ですが………。

 二階堂さん強ええええ!!!
 一瞬にして銃による応戦を捨て、土方にタックルをかまして超接近戦へと持ち込みました。その咄嗟の判断力と言い、やはり彼も第七師団の兵なんだな、と改めて感じます。
 かぶってるモノはとんでもない変態性を醸し出してるのに!! ていうか江渡貝さん、どこかしらに乳首をちりばめるのはアナタの拘りか何かですかッ!?

 さて、その頃二階の尾形は突入してきた人と交戦状態に。
 一撃で急所に銃剣を突き立てましたが、恐ろしい事に明らかに致命傷を負ったの筈の相手は、凄まじい形相で尾形に逆襲を開始しました。銃底で尾形をブン殴り、反撃を開始しています。
 一階では、煙に巻かれた家永さんがこれまでか、と諦めモードに入っています。
 土方組、絶体絶命…!? と、思ったその瞬間!!!

 漢・牛山様を攻撃表示で召喚!!!

「牛山様ッ」
 …どう見ても家永さんがヒロインに見えました。
 本当にありがとうございます&なぜかその背中にひしいっ! と張り付いてるアシリパさんが無駄に可愛いです。
 そしてそのまま、杉元は牛山がこじ開けた窓から中へ突入。
「死ね!! コウモリ野郎がッ」
 もはや痛みすら超越しているのか、裏切り者の尾形を憎しみのまま殴り殺そうとしていた第七師団の頭に一撃。…おそらくこれが、トドメになったのでしょう……。
 そしてこの時の尾形の無表情っぷりが恐ろしいです。
 二階堂とはまた違う形で、彼の心の中にも何か、ひどくドス黒い闇が溜まっているように思えてなりません………。
「なんだよ。お礼を言って欲しいのか?」
「お前が好きで助けたわけじゃねえよ。コウモリ野郎」
 …杉元のこの言葉、彼はどちらかと言えば、尾形を殺そうとしていた第七師団側の人に内心では同意するものがあったのかも知れません。
 目的の為には手段を選ばないとはいえ、彼は基本的には真っすぐな好青年で、裏切りとか謀略とか、そういったものは好まない性格です。今は手を組んでいるとはいえ、やはり尾形は好かないのでしょうね…。
 ていうかこの男がアシリパさんに接触しないように、ぜひとも警戒してください杉元!!!

 さて、一階では土方VS.二階堂の闘いがまだ続いていました。
 圧倒的に有利なポジションなのに、土方は凄まじい腕力でトドメの一撃を未だ許していません。
 変態ヘッドギアを付けた男に押し倒されるサラサラヘアーのおじいちゃん。
 …なんかものっそい絵面です。やあああッ。
 
 しかしその膠着状態を、杉元の一声が打ち破りました。
「土方どこだ?」
 その声は、彼を狂わせた張本人であり、どんな状態になろうとも復讐せずにはいられない男のもの。
「杉元佐一ッ」
 土方のことなど忘れ、すぐさま杉元の元へ行こうとした二階堂ですが………。
 ダメだよ!! 土方みたいな人に簡単に背中を見せたら………ッ!!!
「ええ?」
 どこか間抜けな声と共に、突然バランスを崩した自身を不思議に思う二階堂。…その後ろには切断された片足。正直、このままトドメを刺しといてくれと思わずにはいられない状況ですが、土方もまずは脱出が手いっぱいだったのでしょうか…。

 一方、二階の尾形が再び狙撃に専念できる状況になった事で、もはや迂闊に館へは近づけなくなったほかの第七師団の面々。館にも火が回りつつあり、彼らも襲撃を諦めたのでしょうか。
 杉元達も、そして尾形もゆうゆうと脱出に成功しました。
 家永さんまさかの生還…ッ!! おめでとうございますッ!!
 しかし結局、贋物に繋がる手がかりは得られず、樺戸監獄に収容されているという男からも有力な情報が得られなければ、やはり当初の予定通り網走監獄行きを決行せざるとえないでしょう。杉元達は二手に分かれて逃げようと考えました。
 しかし樺戸監獄が待ち合わせ場所って、またすごい場所をチョイスするものです(^^;)
 一方、このまま網走監獄へ行くしかないとしても、それはそれで土方にとっては悪くない展開なのですね。何故なら彼らが共闘する限り、最大のカギとなるアシリパさんもまた、行動を共にするからです。
「娘になら全てを話すだろう。あの子は奴にとっての全ての希望だ」
 ………そんな土方に、杉元は改めて言いました。

「俺にとっては…のっぺらぼうの目的もあんたらの目的もどうでもいいことだが…。
 アシリパさんは立派にアイヌを生きている。あの子を育てた男がアイヌのための金塊を奪ったとは思えない」

 何故、彼が「のっぺらぼうはアイヌかな?」と言ったのか。それはキロランケから、元々アシリパさんの父親がロシアから移住してきた事を聞かされたから、とかそれだけの理由じゃなかったのですね。
 そして勿論梅ちゃんの事は大事とはいえ、彼の中で、もう金塊探しの理由はそれだけじゃなくなってるんだなぁ…とも改めて。
 立派にアイヌを生きている、のコマのアシリパさんの逞しくも美しい姿に、杉元のアシリパさんへのリスペクトっぷりがよく伝わってきます。のっぺらぼうが本当にアシリパさんの父親だとして、彼は本当は「何の為に」金塊を奪ったのか。その答えが、アシリパさんにとって納得のいくものかどうかは別として、杉元は彼女の旅路に最後まで付き合う気満々だと改めて思いました。

 さて、土方&家永さんは、まずは永倉達と合流してから後を追う事にしたようです。
 今は炭坑で月島軍曹の遺体を探す彼らですが、そこにももしかしたら、第七師団の手が伸びているかもですしね…。しかしヒロイン・家永さんは牛山さん達と一緒に行った方が良いんじゃ(汗)永倉達と合流するまで、ちょっと土方側の戦力が少なすぎて心配になります。
 そして牛山の肩にちょこんと乗ってるアシリパさんの懐きっぷりを見ていると、少なくとも今の処、彼は信用しても大丈夫かな…とホッとしましました。何せ、尾形も何を考えているのか今イチ不明な上、アシリパさんの出身を知った事で何やらよからぬ事を考えそうな気がしますし………。
 
 ――そして。

 燃え落ちる館の中から、一人の兵士が這い出して来ました。
 まずは片割れ。次に耳。次に片足。更に言えば、正気も。
 …人として色々と大事なものを次々と失い、それでも尚生き延び、慟哭する二階堂。彼の魂はどうすれば救われるのでしょう……。
 というか、もうやめて!! 二階堂の精神はとっくにゼロよ!!!(涙)
 もうやめよう二階堂…。第七師団からも離れて、何もかも忘れて、どっかで静かに暮らして欲しい………。今更そんな事は無理かも知れませんが、片足まで失った今、自分の手で復讐する事すら絶望的でしょうから…。
 失うほどに強く成る、とアオリは言いますが、それはもう、手に入れちゃいけない部類の「強さ」な気がします。

 そして、焼け落ちた中にセンター分けの姿は見えない事をまずは確認し、ホッとしました。
 …今度こそ出番は終了っぽいですが、どうか逞しく生きてってくれよ…。

 かくして杉元一行の目的地は、網走からいったん離れて月形へ。
 予告の「白石が転がる!?」も気になります。永倉達も無事であることを願いつつ、以下次号!!!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

耳をすませば

星野さんお疲れ様でーす!

えーっと今週も色々のゴルカムでしたが扉絵につきますね!

殺りたいひとができました

野田先生ー!アウトー!(笑)

どうしたんすか先生⁈アレ?そっちのスタジオ出身でしたっけ⁈
いやーコーヒー吹きましたわ。
野田先生のこうゆう悪ノリ本当に好きです!

来週は…樺戸ですかね!
楽しみッス!

Re: 耳をすませば

 カリツォさま、こんばんは!
 …アウトですよね(笑)でも、読者的にはセーフ(!?)もっとやって欲しいですね(笑)

 来週は樺戸へ行く前に、またアシリパさんの美味しいアイヌグルメ紹介シーンが欲しいなぁ…と思います。
 脳みそを食べていいぞ、と言われてチンポ先生が何かの動物の脳みそをすするシーンが見られる…かも!?
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。