スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしたらね、出たんですよ!!

 ……耳ながお化けが!!
 どこの稲○淳二さんですか(苦笑)

 まだまだ怪談話で涼みたい時期なのに、思い切り風邪をひきました…(汗)普段はこんな時期にひかないのに、やたらしつっこいです。皆さまもこの時期、体調に気を付けてお過ごし下さいませ。
 
 ――さて、やっぱり怪しい怪しいと思っていたら、どうやらアイヌに成りすました方々だった様子…。
 そしてアシリパさんが地味にピンチだったり、「死んだ」と言われていた熊岸さんが生きていたり、色々と物語が動いた先週号でしたが、今週号……遂に……来たんですよ!!!
 ジェノサイドモードの杉元が!!!(汗)
 ――ヒグマの様子を気にかけ、オソマの振りをして席を立ったアシリパさんですが、アイヌに成りすました連中の一人に捕まってしまい、地味にピンチです。
 そして一方、何も知らない杉元一行にもまた、不穏な空気が流れ始めていました………。
「ムシオンカミってどういう意味だ?」
 こういう尾形の鋭さは流石の一言ですが、そこは偽アイヌも一筋縄ではいかず、「アイヌにも方言があるから知らない」とトボケます。
 杉元はなまじっかアイヌに関して半端に知識がある&今まで関わったアイヌの人達が良い人ばかりだっただけに、「この人達に失礼なマネはゆるさんぞ!」とか思いっきり庇っていますが、杉元…杉元ぉ!!!
 よくよく考えて!!
 アシリパさんがわざと鉢巻を外さなかったり、突然挨拶を邪魔するような事をしたり、そこには必ず意味がある筈です。
 そこは、こそっと汲んであげようぜ!!(苦笑)
 …さて、「ムシオンカミ」の答えですが、それはアシリパさんが教えてくれました。

 それは、「蠅のようにせかせか早く手を動かす無作法なオンカミ(礼拝)を嘲る言葉」だと。
 鉢巻を外さずに入った時に注意をしてこなかった事からも、彼女の中で「この人達はアイヌのフリをしている」と確信したのでしょう。元々、ヒグマの檻を見た時点で怪しんでたみたいですし…。
 しかし熊岸さんは、慌ててそんなアシリパさんを黙らせました。
 そんな話をしたら、子供といえども殺されてしまうよ、と………。

 アシリパさんはとても賢い子ですが、まだその「賢さ」を隠せる程大人でもないんだなぁ…と改めて思いました。
 そして熊岸さんが脱獄したような人とはいえ、一応まだ多少はまともな人でホッとしました…(汗)また、どんな変態かと期待ドキドキしていたので。。
 さて、この偽アイヌの連中ですが、彼らは樺戸監獄を脱獄した囚人たちでした。
 アイヌの集落を乗っ取って潜伏し、熊岸さんは彼らに脅されて贋札作りをやらされています。
 彼らを脱獄させたのは、網走から脱獄してきたという男・鈴川聖弘
 どうやらかなりの腕の詐欺師のようで、熊岸さん達を脱獄させた時も、政府のお偉いさんになりすまして火災時用の緊急用の開錠装置を使わせ、監獄のカギを全部開けさせてしまったのです。
 熊岸さんは、アシリパさんを逃がしてあげる代わりに、何とか助けを呼んで欲しいと頼みます(自分も脱獄囚なので警察は困る…とか、虫の良い事言ってるなぁとは思いましたが^^;)
 そしてアシリパさんは「網走監獄」というキーワードで、ふと思い当りました。
「その男には変な入れ墨がなかったか?」
 ………どうやら杉元達は、新たな入れ墨の囚人&熊岸さんという二つの重要なキーに遭遇したようです。

 さて、そんな事も知らず、未だに偽アイヌを庇い続ける杉元。
「アイヌは耳たぶが厚いんだ。シンナキサラじゃない」
「福耳にしか見えねえけどな」
 …こればっかりは尾形に全面同意だ!!!(苦笑)
 そして更なる怪しげな状況証拠が積み重なっていきます…。
「ウンカ オピウキ ヤン!(私たちを助けて!)」
 ………窓から顔だけを覗かせて懸命に叫ぶ女性。…そして、杉元達の前に座る女性もまた、同じ言葉を口にしました。
 それを偽アイヌは「和人を快く思わない人もいるから知らない方がいい」なんててきとーに誤魔化します。

 ますます疑いの色を濃くする尾形。
 あくまで偽アイヌを信じる杉元は、例の「キサラリ」の木を使って確かめようとします。
 …当然、偽アイヌにそんな知識はありません。それはまるで「タバコ芸(但し5本使用+そのままジュースを飲む)」を頼まれたオインゴ兄の如き慌てっぷりを見せる偽アイヌ。あともう一押しだったのに、何故そこで牛山さんに振るんだ杉元ぉぉぉ!!!

 …かくして、使い方など全く分からない木の枝を使用しての、チンポ先生の謎のコントが始まりました。
 あたい未亡人…戦争で夫を亡くしてひとりぼっち。でも体は正直でうずくのよ。
 ………チンポ先生ぇぇぇぇぇぇぇ!!!
 どう見てもそれ違う! と全面的に解る謎の使用法。しかも「ハアンッ」とかムダに色気のある吐息とか、この人の性欲は半端ねぇと改めて感じました。
 …アシリパさん相手には全く発動していないようなので、そこはとりあえず安心していますが…。
 さて、じゃあいよいよ正しい使い方を見せてくれ、とばかりに杉元は今度は偽アイヌのご老人に話をフリます。
 杉元のこの何の邪気もない笑顔、実は内心どこか怪しいと思っていてわざと振ってるのか、それとも本当に信じ切っているのか分からなくなってくるレベルです(^^;)
 ………しかし。
 当然の如く、このご老人は「正しい」使用法をしていません。
 にも関わらず、まだ「そういう使い方もあるのか!!」などと感心する杉元。…この人、本当に根がイイ人なんだなぁ…としみじみ思いました。
 それに対し、尾形はと言えば。
「もういいよこせ。俺が正しい使い方を当ててやる」
 …ハナッからじいさんのやり方が「正しいやり方」だと信じていない台詞を言いつつ、にこやかに棒を受け取るや………。

 ぎゃああああああああ!!!

 そのままじじいの小指を粉砕! 玉砕!! 大喝采!!!
「痛たあっ」
 日本語で叫んだじじいに対し、「これが正しい使い方だったようだな」と笑う尾形。そういえば、先週のチカパシくんはこういう時、アイヌの言葉で「痛い」って言ってましたよね。…人間、咄嗟のときには馴染みのある言動の方をしてしまうものです。にも拘わらず、この流暢に日本語を話すご老人は、日本語で「痛い」と言いました。
 ここへ来て、流石に牛山も怪しく思い始め「日本語が話せたのか?」と訝しみ始めます。それでも「日本語が話せるアイヌなんて珍しくも何ともないッ。なんてことをするんだ尾形ッ」と庇い続ける杉元。
 ………やさしい。
 ほんとに優しい!!!
 この人達、旅人達を何人も殺してる凶悪犯の筈なのに、そのじじいですら「ポッ」とさせてしまうやさしさがそこにありますが、ぶっちゃけここまで来たらちょっと考えようよ杉元ぉ!!!
 しかし現在のアシリパさんと違い、事情を何も知らない杉元からすれば「この人達がアイヌのふりをして何の得があるって言うんだ!?」という疑問もまあ解ります。
 ………しかし。
 ここまで杉元が徹底的に騙されてくれていたというのに、彼らは致命的なミスをやらかしました。
「そうだな。俺もぜひそこが知りたいね。ちょうど戻ってきた弟くんにも聞きたいことがあった」
 ………その視線の先には、さっきアシリパさんの様子を見に外へ出てきた「弟さん」の姿が…。
 しかし彼の傍に、アシリパさんの姿はありません。
「あれ? アシリパさんは?」
 その問いかけに対し、彼らは、決してありえない返答をしたのです。
「弟が言うにはあの娘は近所の女性に刺繍を教わって夢中になってるそうだ。まあこんなところは子供に見せない方がいいだろう」

 はい、ダウト!!!

 ………これは来る。
 と思ったんですよ。
 そうしたらね、出たんですよ!!

 こ れ が 正 し い 棒 の 使 い 方 だ!!!(注:この偽アイヌ達に対しての)

 一瞬にしてブチのめされる「弟くん」。
「アシリパさんが『刺繍に夢中』だぁ? てめえ……あの子をどこへやった?」
 地味にアシリパさんの女子力を全否定している杉元(苦笑)ですが、今まであれだけ怪しい状況証拠を積み上げられても信じていた彼が、一瞬にして「こいつらは違う」と気付くポイントがアシリパさん、という処が非常にツボです。
 さて、ブチのめされた弟さんの足元にあったのは、ヤクザの入墨。
 尾形は弟くんが出ていく時、目ざとく足元のそれに気づいていたんですね。…流石超一流のスナイパーというべきか…こういう処は本当に優秀で恐るべき男なのに、何故にどこかツメが甘いのか(^^;)
 
 一方、例の棒の「真の使い方」をマスターした杉元の怒声は、アシリパさんの耳にも届きました。
「耳ながお化けだ!」
 …こんな状況なのに呑気にこんなセリフを言えるアシリパさんの胆力半端ないです(苦笑)
 
 いや、あの…脱獄囚の皆さん。
 素直にアシリパさんを傷一つ付けずに帰した方が良いですよ…!!!
 これは来週、久々にジェノサイドモードの杉元無双が始まるか…!?

 熊岸さんは割とまともな(?)人だったので、鈴川さんの変態っぷりに期待しつつ。
 相変わらず秀逸なアオリです。「出たんですよ!!」って(^^;)
 アシリパさんはどこかにさらわれ、偽アイヌのヤクザに囲まれ、思いっきりシリアスなシーンの筈なのに、全く危機感が無いのは何故なんだ………。(ガクガクブルブル)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはです

尾形さん、突っ込みご苦労さまと言いたい。内心杉本のアイヌ薀蓄いらついてただろうなあ

アシリパさんが平穏なのも危機感感じないのも

そりゃ第7師団ならともかくたかがヤクザ数人に杉本・牛山・尾形ってオーバーキル確定じゃないですか

星野さん風邪ー⁉︎
早く治りますように。
近くのスーパーでヒグマの胆とか売ってると思うので煎じて飲んでください。あと庭に生えてるプクサを使ってユクオハウなどで滋養をつけて安静に。

本題(笑)
いつかは終わってしまうこのパーティだけどコンビネーション良過ぎ!

杉元から棒を受けとる時の尾形が少しかわいい…と思った刹那!
はい!偽長老の足小指粉砕ー(笑)

インカラマッちゃんのおっぱいをどうしても触りたいチカパシくんの
「ハイーッ」はコレの伏線だったのか!

確かに状況だけで考えるとかなり窮地なハズなのになんだろう危機感が全くわかない(笑)
あのコタンの偽アイヌ達!はよ逃げてー!(笑)

本当は最初から…

なんというか…杉元と尾形のボケとツッコミ(?)、先生の謎の踊りは面白かったんですが。
杉元は、最初っから連中が偽物だと解ってたんじゃないでしょうかね?
アシリパさんが挨拶もろくにしないで出て行ったあたりから。
女性たちの助命嘆願も解ったうえで偽アイヌ達を素知らぬフリで追い込んで。

騙されたフリなのか、彼等をかばって「やさしい」なんて思われた場面は、辺見のあたりの話を思い出しました。

やくざ数人に3人全員でかかる必要もないかと思ったり。
大穴で、粗末に扱われていたあの子熊に、熊岸さん以外やられてしまったリという展開もありかな?

あたい未亡人

風邪の所更新ありがとうございます。
チンポ先生のキャラがどんどん変わってますね…杉元は最終回までに後何回、オッサンから「やさしい」と思われるかがもはや楽しみです。
ここ暫くは変態達の競演(饗宴?)状態でしたが、久々に昔のノリになった様な。耳長おばけの話が今頃になって見事な伏線となりましたね!
熊岸さん、とりあえず生きてて良かったです。シスターに惹かれる位だから、根はマトモな人なのかもしれないですね。
気に入ったキャラが退場する流れが続いているので、既に心の準備をしてますが、せめて最後はシスターと再会させて欲しいですねぇ。シスターにはやっぱり今でも、あの聖女なままで出てきてほしいです。

コメントありがとうございました>瓶さま

 こんばんは!
 …あの杉元のアイヌ蘊蓄は、正直尾形でなくても相当イラッと来ますよね(笑)
 なんかこう、皆に説明したくてたまらない感じがカワイイです。

> そりゃ第7師団ならともかくたかがヤクザ数人に杉本・牛山・尾形ってオーバーキル確定じゃないですか

 全く以ってそうですよね…やっぱりもう、オーバーキル確定ですよね…。
 鈴川さんの戦闘力次第ですが、彼はあくまで詐欺師みたいですし、多分頭脳派でしょうから、…アシリパさんを人質に…いや、それは多分もっとダメ…うん、やっぱりご愁傷さまとしか言いようがないですね(^^;)

コメントありがとうございました>カリツォさま

 …ヒグマの肝…メッチャ効きそうですね(笑)
 残念ながら近所のスーパーには売っていなかったのですが、代わりにアイヌの美少女に売りに来て欲しい…! 変な値切り方とかしないから!!(切実)

> インカラマッちゃんのおっぱいをどうしても触りたいチカパシくんの
> 「ハイーッ」はコレの伏線だったのか!

 びっくりですよね、まさかこれが伏線だったなんて。
 そしてチカパシくん、まさか本当にインカラマッさんのおっぱい触りには行かない…よね!? きっとジェントルメンな谷垣ニシパがそんな事させないよね!? と、この三人の旅路も注目しつつ信じています(笑)

 そしてあの偽アイヌ達はもはや、「超逃げて!!」…としか、言いようがありませんね……。

Re: 本当は最初から…

 あの杉元の無茶フリっぷり、本当に「最初から知っててわざとじゃ?」って疑いたくなりますよね。
 …彼の場合、辺見さんの時もそうですが、本当に「スイッチが入るその瞬間まで」ああして優しくお人よしで善良な青年である、という処が恐ろしい処なんでしょうけど…。

> 大穴で、粗末に扱われていたあの子熊に、熊岸さん以外やられてしまったリという展開もありかな?

 そうなんですよね、あの子熊は絶対何か最後にやらかすというか、何かの伏線に思えるので、私は結構この展開もアリかも知れないと思っています。
 …そしてその場合、熊岸さんももしかしたら容赦なく餌食になるかも…。暴走したヒグマに襲われそうになるアシリパさんを庇って、とか普通にありそうで。
 どのみち、あの偽アイヌ達はもうご愁傷さま、としか言いようがないですね…。

Re: あたい未亡人

 とおりすがりさま、こんばんは!
 チンポ先生、いいキャラ過ぎていつか来るであろうお別れのときが今から辛いです。。
 そして確かに、「オレは不死身の杉元だッ!」の台詞をあと何回言うか?」も気になっているのですが、オッサン達から「やさしい(ポッ)」と思われるかのカウントもしたいですね…!
 辺見さんだけでなく、親分一筋の姫でさえ「やさしい」ってなりましたから、杉元のあのやさしさはきっと万人に効くのでしょうね。

> せめて最後はシスターと再会させて欲しいですねぇ。シスターにはやっぱり今でも、あの聖女なままで出てきてほしいです。

 確かに! せめてもの救いになれば…と思いますね。
 私も、シスター宮沢さんにはあの時の聖女然とした姿のまま再登場して欲しいな…と思います。

遅いかもですが

2年前に行った白老コタンを思い出しました
まだ夢中になる前だったので
こんな事ならもっと真剣に見るんだったоrzと後悔(TT)


先日の月形所長の銅像落成式の少し後の記事で
開拓の犠牲になった受刑者等の鎮魂碑が建てられたそうで
これもまた長倉が知ればなんというのでしょう(--;)

いま小樽市総合博物館でゴールデンカムイの展示をしてるそうです
連載前に作者が明治期の写真を借用したそうで参考にした
場面の展示もあるそうです
9 25まで開催なので時間があれば行ってみたいです
(今忙しいので行けるかなあTT)

星野さんも時間があれば行ってみて下さい


Re: 遅いかもですが

 鹿角さま、こんにちは!
 小樽、行ってみたいのですがなかなか時間がなくて…、東京の方でもやってくれないかなあ…なんて願っております。
 北海道は行けたら是非、小樽を始めゴールデンカムイの聖地巡りをしてみたい今日この頃です。

 鹿角さまは行ける事を願っております…!!
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。