スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと全体的に今週のヤンジャンを語ってみます。。

 こんばんは、星野です。
 今週のヤンジャン、何か足りないなーと思っていたら、ブンゴが足りていなかった…。

 さて、また暫くバタつきますが、今週も見どころがちらちらありましたので、幾つか纏めて語ってみようかと思います。
■ゴールデンカムイ
 …扉絵の白石の状況がどんどん悪化(?)していく中、未だ(救けなくても…まだいいか…)と言われ続ける白石。
 折角単行本の表紙も決まったというのに…。一体彼が何をしたというのですか!?(汗)

 というのはともかく。インカラマッさんの正体についてますます謎が深まりますが、今週は例の1コマが色々と持っていきました。
 ちょっと…いや、かなりマニアックですが、結構なエロだったと思います。
 何でもかんでも裸にすればエロくなるってモンじゃないという事を、改めて野田先生は我々に教えてくれた…!!! と、思います。
 一体何度今週号で「勃起」という言葉を見たのやら(^^;)、数える気も失せておりますが、あの1コマは本当に魂が勃起するエロシーンだったと思います。
 インカラマッさんのおっぱいが縄で締め付けられてかわいそう…それなのに…。
 ほんの1ページ前、インカラマッさんを助けなきゃとカッコ良かった君は一何処へ行ったんだい? チカパシくん…(^^;)
 けれど最後の最後、ピンチになった谷垣ニシパを救うチカパシくんのチカパシ。
 ………谷垣が身も心もヒモにならない事を、切に、切に祈ります………。あなただけは…ッ、あなただけは、この作品の良心でいて下さい…ッ!!!

■キングダム
 …飛信隊に弓使いの兄弟が加入。遂に飛び道具部隊来たぁぁぁ!!! と、私は大・歓・喜!!! だった訳ですが(そしてサラッと中華十弓のルーツも明らかに…)、そこへ来て再び政治パートへ。
 法の番人・李斯が、これまでの恨みつらみも乗り越えて遂に仲間に、というエピソードかと思いきや、まさかの軍総司令による「まともにやりあっては李牧を攻略できません」宣言が…!! このシーン、李斯が、いつもポーカーフェイスな昌平君の胸の内に気付いてるシーンが印象に残りました。只者ではないと感じさせると同時に、四柱として分野は違うとは言え長く一緒に仕事をしてきた同士、何か通じるものがあるのかなあ…と感じます。
 それはさておき。
 政は多大な犠牲を承知の上で、昌平君の「奇策」を受け入れるのか!?
 なんとなく、あの薄皮の防御陣ミルフィーユ作戦、ラインハルトがヴァーミリオン会戦でヤンに対して取った戦術に似ているなー…なんて思った私です。

 そして、それはそうと!!!
 遂に!!!
 500話まで、あと5話です!!!

 500話目はどんな話になるのでしょう…。少しくらい、信と羌姐が進展してるといいなあと、遠い目をしながら思う私です。

■銀河英雄伝説
 やっと…やっとッ!!!
 第四次ティアマト会戦キタァッ!!!
 猫元帥が相変わらずカワイイです。(´・ω・`)みたいな顔してユリアンに抱っこされてる姿が愛らしい…。この時はまだ、ヤンを見送るだけの立場だったユリアン少年が、いつか共に…と、自分も軍人になろうと決心するシーン、いいですね。
 そして、ラップが随分アニメ版と印象が違いますねー。
 ジェシカはアニメ版とはキャラデザは違いますが、割とイメージ通りかも、です。
「うらやましいか?」
「いや。私の夢は年金で生活しながら歴史の研究をすることだし。それについてきてくれる女性がいたら……かな?」
「いねえよ…」
 この時のラップの微妙な表情が何とも言えません。

 そして今回、ヤンはどの程度活躍するのかなぁというのがひそかに気になります。
 劇場版ルートを往くのか。
 原作通りな感じなのか。
 個人的に、ラインハルトとヤンが互いを意識するのは、あくまでアスターテ会戦がいいなあと思うので、劇場版程の凄い活躍はしなくても…と思うのですが、どう描くのか楽しみです。
 ブリュンヒルトでの初陣となるラインハルト。
 ウランフ、ボロディンといった同盟軍の名将たち。
 彼らの活躍もどう描くのか♪

 …そして、果たしてアスターテまで、今年中にたどり着けるのでしょうか…(^^;)

■リクドウ
 どうしてこう、どこか禍々しいキャラが多いのでしょうか…。
 あの、にゃんこですら禍々しさを感じるって、どういう事ッスか………!? ( ゚Д゚)

 三原さん、ボクサーとしては、もう選手生命を絶たれてしまったようですね…。でも、未だ諦めずにボクシングに関わろうとする姿には暗い影を今は感じないので、そこはちょっとだけ救いというか…。
 そして、リクはいつになったら苗ちゃんとあの…アレするのでしょう…。
 正直、次の試合以上にそっちも気になって仕方がない私です。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です

私も更新がつらくて隔週になってます。ブログ更新て忙しいとほんときついわ。 ブログがどんどん閉鎖されてツイッターが増えるのも納得です。
>ゴールデンカムイ
 徐々にぶっとんでますので体力落ちた私ではきついっす。

>500話まで、あと5話です!!!
 お互いによくもここまで読んで書いたものよ。。。[絵文字:v-7]アニメの方も書いたなぁ(遠い目)。 原先生の特番を視聴しました。中華統一まで10年かかるとかで、1000話は確定なのだろうか。そこまで生きているかなと痛切に思う私でした。

>ウランフ、ボロディンといった同盟軍の名将たち。
 パエッタさんの顔はいただけなかったなぁ。。

>リクドウ
 さすがに原先生と仕事したせいか、リクドウも主人公チートってめったにないな。周りが強い奴ばっかり。ちなみにリクドウって六道とかけているのかな。

ユリアン、立つ!

こんにちは、大阪のスネークです。
ユリアンがヤン提督のお手伝いをする、と決意を固める大事なシーンでしたね。ただ、ヤン提督をはじめ、ユリアンやフレデリカさん、ラップやジェシカを待つ運命を思うと複雑な気持ちです。ユリアンはお手伝いどころか、もっと高い所まで行くのですから。この銀英伝でひとつ気になるのは、ヤンの事をユリアン視点で描くのはいいとして、ラインハルトをキルヒアイス視点から描いているのは、今は良いとしても、今後どうしていくつもりだろーかと考えてしまいます。人気キャラだから原作のあのシーンそのものを変えるのか?未来の皇妃・ヒルダさん視点になるのか?それとももっと別な描き方になるのか?
ヤンもラインハルトも、奥さんがとても素晴らしい人なのでそこは強調してほしいですけどね。

No title

>スネークさん
>そこは強調してほしいですけどね
しかし悲しいかなヤンファンクラブ会員。親父にサイン貰ってきてとねだる…原作封神演戯の美人三姉妹が美人w三姉妹に変えられてショック受けたかもしれない人たちの気持ちが始めて分かりましたよ

Re: お疲れ様です

 うしつぎさま、こんばんは。
 忙しいときついですよね…。ツイッターは私はどうにも苦手で手は出していません。
 うしつぎさまもご無理はしないように、頑張ってくださいませ。

 500話まであと少しですねー。
 正直、これだけ長くレビューを書き続けた作品は後にも先にもきっとキングダムだけでしょう…。
 しかし物語としてはまだまだ序盤。…本当に、私たちというより作者もちゃんと生きて完結させてくれるかが心配になって参ります(^^;)

 >リクドウ
 おそらく「六道」とも掛けてるのかなぁ…と私もなんとなく思います。
 しかしまた、最近の展開もエラい事になっていますね(苦笑)

Re: ユリアン、立つ!

 スネークさま、こんばんは!
 あのシーンは大事でしたよね。最初はあくまでヤンの被保護者、という存在だった彼が、やがてヤンの後を追って軍へ入り、そして最終的にはヤンの遺志を継いでいく。
 その大事な第一歩を少年が歩み始めたんだなぁ…と感じます。

>ラインハルトをキルヒアイス視点から描いているのは、今は良いとしても、今後どうしていくつもりだろーかと考えてしまいます。人気キャラだから原作のあのシーンそのものを変えるのか?未来の皇妃・ヒルダさん視点になるのか?それとももっと別な描き方になるのか?

 私はキルヒアイスの後はヒルダが継ぐのかなぁ…と思っています。
 彼女もまた、キルヒアイスとはまた違った意味で、ラインハルトの生涯に相当な影響を与えた人物だと思いますし、間違いなくラインハルトにとって必要な存在だったのは間違いないですし。キルヒアイスの視点を継ぐなら、彼女かなぁと思っています。

> ヤンもラインハルトも、奥さんがとても素晴らしい人なのでそこは強調してほしいですけどね。

 ここは大いに同意です!!
 もし、作中でこの二人が出会う事があったらどんな会話を交わしたのだろう…と、ちょっと気になっています。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。