スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンカムイ&銀河英雄伝説

 こんばんは、星野です。
 どうやら、今年最後の記事になりそうです。本日やっと大掃除も終わり、ひといきつきながら、今更録り貯めしていた「鬼平犯科帳ファイナル」を見ていました(笑)
 今年はどんな一年だったでしょうか。
 良いお年を!!!

 ――さて、遂に、遂に、待ち侘びたアスターテ会戦に入った「銀河英雄伝説」と、すごいエロかった!!! ゴールデンカムイを纏めて語ってみます。
 今までエロと言ったらアレです…姫の汚ねえ乳首とか、インカラマッさんの緊縛エロとか、ちょっとマニアックなアレだったのに、今週はエロい…! 正統派のエロですぞ!! どうしたんだ野田先生!!!
■銀河英雄伝説
 「永遠の夜の中で」は、銀英伝の数ある細部タイトルの中でもかなり好きな部類に入ります。
 宇宙を行く美しき白い戦艦「ブリュンヒルト」の艦橋で、「星はいい…」と呟くラインハルトの姿。姉を奪われたあの時は無力な少年だった彼が、いまや上級大将として艦隊を預かる身になっているとは。
 そして、今後の物語でも多いに活躍するファーレンハイト&メルカッツも登場しましたね。…メルカッツ提督はベテラン提督勢の中でもかなり好きな人なので、やっと拝めて嬉しかったです!!!
 そしてパトロクロスには、アッテンボローが乗り込んでましたね。…これはアニメ準拠かな?? 

 さて、そろそろ後の物語のメインキャラが出て来て胸躍る中、早くも二人の英雄達がその卓越した眼を魅せてくれます。
 嘗て同盟が帝国に圧勝した「ダゴン星域会戦」を模した同盟軍の陣形を、ヤンは「わが軍が全滅する未来しか見えない」と憂いを見せ、ラインハルトは「絶好の勝機」と語ります。
 後に銀河の英雄にその名を遺す名将である二人が、遂にまともにまみえる時が来ました。
 周囲の誰もが見えていない勝利と敗北の姿をそれぞれしっかり見据える両雄。
 早くアレがみたい!! アレ!!!
「わが艦隊は負けやしない」
 ………楽しみです…! やっとここまで来たなあ、としみじみ。正直アスターテまでもう少しかかるものと思っていたので、年内に入って貰えてテンションが上がってしまいました。。

■ゴールデンカムイ
 なんかもう、谷垣の凋落っぷりが泣けてきました…。
 カッコイイキャラの筈なのに!! カッコイイキャラの筈なのにッ!!
 チカパシやインカラマッさんに「ヒモ」呼ばわり………。この上はアシリパさんを何が何でも無事に連れ帰るしかないよ、谷垣ィ……!!!
 しかし、フチはちょっと危ないですね。…そんな、こっそり死に装束を作っているなんて…。(涙)
 インカラマッさんは「私は占いに出た事を言ったまで」と珍しくシリアスな表情で言いましたが、果たしてその言葉もどれだけ本当なのか。
 
 さてそんな中、凶悪な二人の夫婦が今週初登場します。
 道行く人々を狡猾な手段で殺して金品を奪う「蝮のお銀」と、監獄を逃げ出し、あちこちで強盗殺人を繰り返す「稲妻強盗」坂本慶一郎。
 凶悪な二人はある時ふと出会い、惹かれ合っていきます………。
「凶悪だからこそ、惹かれ合った」
 の見開きの二人に、しかしあまり明るい未来は見えない気もします。

 そんな二人は、銀行や郵便局ばかりを狙った強盗を繰り返し、世間には反権力として一部持て囃されたりもしています。馬で逃げながら、追手に躊躇いなく銃をぶっ放すお銀さんのイッちゃった笑顔がかなり来ます。
「走って走って走り続けよう。誰かが俺達の息の根を止めるまで」
 ………正に、俺達に明日はない世界です。
 この二人は、誰と出会ってしまうのか。
 第七師団か、谷垣達か、杉元達か。土方達か。
 いずれにせよ、蜂の巣エンドですか。…わかりません!!!

 そんな二人の夫婦生活は10年に及んでおりましたが、実は一時期、中断しておりました。
 稲妻強盗・坂本は、実は一時期監獄へ収監されており、二人はその間離れ離れになっていたのです。久し振りの逢瀬を熱く愉しむ二人。
 ………エロい!!!
 蝮の入墨がそのエロさを更に増している…!!!
「寂しかったわ」
「俺もさ。もうお前を独りにさせない」
「少しでも私のこと考えた?」

 ――交じり合う二人。
 お銀に応えるその男の背中には。

「毎日お銀を想っていたさ」

 はい、例の入墨ィ!!

 …普通にエロくてなんかこう、目のやり場に困りました(苦笑)
 入墨の囚人登場!!! となる筈が、なんかもう色々持ってかれちゃいました(^^;)果たしてこの二人、どうなるやら………。
 以下、次号!!!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわです
ファーレンハイト登場
…そりゃ確かに金髪並みの貴族とは名ばかりの貧乏&黒猪と同じ猛将タイプって特徴ありますけど

あのガムくちゃくちゃの馬鹿ヤンキー風はねえだろ!と

そりゃ特徴づけは自由ですしこれが藤リュー節かもしれませんが
黒猪の軍服破り捨てランボーとか帝国軍結構規律厳しく下に示しつかないから上は特に自分で気にするのに
あれじゃあ同盟の空戦部隊だよ…
(一番はフレデリカのヤンFC入りで父親に「ヤンのサイン貰ってきて」ですが)


>………正に、俺達に明日はない世界です。

実在の人物と出てなければボニー&クライドを元にしたキャラなのか?と思うところですよね
まあ白石と牛山も実在のモデルいますけど
(津山三十人殺しとかも)

では良いお年を




ファーレン&ビッテン

大晦日の夜ですが、お久しぶりです(*^^*)

ついに…アスターテまで来ましたね!
年明け早々にヒートアップしそうで今からワクワクです♪

ファーレンファイトのあのキャラには笑っちゃいました!
んで、ふと思い出したことがあって、単行本引っ張り出してきたんですが、
ファーレンハイトとビッテンフェルトって、『回廊の戦い』でコンビ組んで
出撃するんですよね。
あのアウトローなファーレンと猪突猛進なビッテンが、あの激戦でどんな
コンビネーションを見せてくれるのか…遥か先の話ですが、なんか妙に
ワクワクしてしまいました(^^;

アッテンボローはどう見てもチェ・ゲバラだし、この先どんなキャラが出てくるのか
ますます楽しみになってきました☆

No title

明けましておめでとうございます

夫婦強盗がどの陣営につくのか。それとも中立勢力になるのか。
ギャグっぽいところのない悪党なので今後が気になりますね

ボニー&クライドの要素がありますが、男の方は明治期に実在した強盗「坂本慶次郎」、女は江戸時代の女賊「鬼神のお松」がモデルみたいですね

Re: ファーレン&ビッテン

 Seagreenさま、こんばんは! 今年もよろしくお願いします。良い一年になりますように(^^)

 やっと…やっとアスターテですよね!! 何かまた、OVAを観返したくなってしまいました。。
 ファーレンハイト、キャラデザ自体はアリかなぁと思いましたが、ガムクチャ&あのガラの悪さにちょっと笑ってしまいましたね。…いやいやいや…あのキャラからどうやったら「宜しい、本懐である」になるかが、逆に見ものになって来ましたが(^^;)

> ファーレンハイトとビッテンフェルトって、『回廊の戦い』でコンビ組んで
> 出撃するんですよね。

 そうなんですよね、実はコンビ組んでるんですよね。
 藤崎先生Ver.だとどんなコンビになるやら…。OVAではまだびってんフェルトの抑え役的な感じになっていたファーレンハイトですが、藤崎先生Ver.ではビッテンフェルトと先を争うかの如く一緒にカチ込みをかけそうな(^^;)
 
 アッテンボローもかなりアレな感じですし、あとすっごく気になるのは不良中年&きらきら星から来たという高等生命体がどのようになっているか…ですね(笑)

コメントありがとうございました>瓶さま

 瓶さま、こんばんは! 今年もよろしくお願いします。良い一年になりますように!
 ファーレンハイトのキャラ、色々思う処ある方が多そうですね(^^;)

> あのガムくちゃくちゃの馬鹿ヤンキー風はねえだろ!と

 元々猛将タイプのキャラなので、OVAの謎の美形化&あのカッコよすぎるイケボの方が若干違和感のある私だったりします。。
「食うために軍人になった」
 と自分で言っている位なので、アレが実際の処、素なんじゃないかなぁとか…。
 ただ、公式の場であのガラの悪さはちょっと、とは思いますが(^^;)幾ら貧乏貴族とは言え、帝国側の軍人の皆さまは基本的に公式の場ではかっちりした方が多いイメージなので、ガムクチャ&あのガラの悪さはちょっと…ですね。。
 あそこからどうやったら「宜しい、本懐である」になるのかは、逆に見ものだとも思います。

> (一番はフレデリカのヤンFC入りで父親に「ヤンのサイン貰ってきて」ですが)

 フレデリカのアレの方が、寧ろやりすぎ感というか、もうちょい大人しめにしてほしかったなぁ…というのが個人的な感想だったりしますが、あのフレデリカ嬢も、ヤンの副官として現れる頃にはもっとビシッ! としているのでしょうか(^^;)
 あんな「ヤン様の集い」とかやっているキャラでは、ヤン様もドン退きですよ………。

 ゴールデンカムイの強盗二人は、やっぱりあのボニー&クライドが元ネタかなぁ…と思ってしまいますよね。
 それだけに、まさかの壮絶なあのラストになるのか、つい気になってしまいます。
 ただ、そうすると稲妻さんの入墨も蜂の巣になってしまうので、それはそれでもうちょいアレンジ加えてくるのかな? とも思いますが…。

コメントありがとうございました!

 明けましておめでとうございます。良い一年になりますように!

> 夫婦強盗がどの陣営につくのか。それとも中立勢力になるのか。
> ギャグっぽいところのない悪党なので今後が気になりますね

 今の処は彼は彼らの道を突っ走っている感じなのでどこにもつかない…となりそうですが、彼らがどの勢力と遭遇するのか? にも依るかもしれませんね。
 鶴見中尉一派と出会ってしまうと、二人とも正に明日はない展開になりそうですが。。
 どこかの勢力と手を組んで…なんて事になったら、それはそれで面白いかも知れませんね。

> ボニー&クライドの要素がありますが、男の方は明治期に実在した強盗「坂本慶次郎」、女は江戸時代の女賊「鬼神のお松」がモデルみたいですね

 それぞれモデルがいるのですね!? 「鬼神のお松」…!? 恐ろしい!!
 この二人は凶悪ではありますが、今の処変態要素もギャグ要素も全く無さそうなので、暫くシリアスな展開が続くかも…と思っております。。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。