スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀牙 ―THE LAST WARS― ちょっとハマッております

 こんばんは、星野です。
 三連休の最後に何をしているんだ…と思いつつ、漫画喫茶で「銀牙伝説ウィード オリオン」から続いて読んでみた「銀牙―THE LAST WARS―」がちょっと気になってしまいました。。
 「オリオン」では、天下統一を狙っていた政宗が切腹して再び犬達の楽園が戻った…と思いきや!!!
 なんかすごいの来たァァァ!!!
 前作の「銀牙伝説赤目」はチラッとゴラクのを読んだだけなのですが、どうやら赤目本犬の話…ではなく、赤目のご先祖様のお話しみたいで、ちょっとそちらは飛ばしてしまったのですが(^^;)
 再び始まったという新作を読んでみたら、なんかすごいことになってる!?

 まず、冒頭から銀が………。(涙)
 流れ星銀の時は溌剌とした若犬であった銀が、もうすっかり老犬という感じになっています。白内障を患い、もはや視力も殆ど失われた中でなお、失わぬ熊犬としての本能と闘争心。
 もう正直、彼には大輔の元へ帰って天寿を全うして欲しいものです………。
 というか、確か赤目とかクロスの方が年上な筈なんですがあの…彼らは一体いま何歳なのでしょうか(汗)
 なんで銀より若々しくて元気溌剌なの!?

 というのはさておき。

 そろそろ自分の死期でも悟り出したのか、「いつでも心置きなく旅立てる」なんて呟く銀に、「冗談でもそんな事言うのやめてよ」なんて言ってたウィードが、まさかの親父殿より先に旅立ちそうな状態になったのにビックラこきました………。
 風に乗って届いた何やら「とてつもなく嫌な気配」に身構えた銀に対し、「ちょっと様子を見て来るよ」と行ってみたら、なんか熊が来たァァァ! そして三代目総大将が速攻でやられたァァァ!!!
 ………正直、もはや唖然とするしか………。
 ウィード…。あなたまだ若いよね!? しかも、単行本60巻に及ぶ長い活躍をしてきたわんこじゃありませんかぁ………!!!
 祖父のリキが見てたら泣きますよ!!!

 犬達の楽園・二子峠を襲ったのは、嘗ての銀の宿敵・赤カブトの子供である巨熊・モンスーン。
 配下の熊2、30頭を引き連れて群れを成して二子峠を急襲、序盤でウィード世代からの数々の名犬達が犠牲になりました…。

 中でも泣けたのがリディアです。
 元々はロシアから北海道へ侵略した軍犬でしたが、やがてジェロムと恋に落ち、妻となって奥羽の楽園で母となった彼女。
 もはや助からない息子を、それでも助けようと熊達に吶喊し、致命傷を負う姿がもうね。…もう、泣けますよ…。
「私は静かな犬(ひと)が好きなの…だからあなたについていった」
「もう、行かなきゃ…子供達が待ってるわ」
 まだ6歳という若さで………。戦闘能力的にもめっちゃ高く、奥羽軍の中ではクロスさんに次いでりりしい女戦士であっただけに、結構思い入れあったんですよ………。
 彼女が退場する回の扉絵、ジェロムと子供達と、良き妻として母として微笑む一コマが泣けました…。

 そして、そんな惨い現状を前にし、大輔達に重傷を負ったウィード、譲二を託し、自らは囮となってモンスーン達を引き付ける銀。
 遠吠えだけでモンスーンの部下熊たちを怯ませる姿は流石の一言だなあと。
 老いたとはいえ、それでも熊犬としての闘争本能はまだまだ健在で、熊たち数頭を相手に奮闘する姿を見て、やっぱり銀じいちゃんがいないと!!! と改めて思ってしまいます。
 しかし伝家の宝刀・抜刀牙も返り討ちに遭い、殆ど視力のない状態で、ああ、まさかもうここで退場!? とうとうお別れ!? と思っていたそこに、今度はヒロの退場ですよ………!!!(´;ω;`)
 アンタ、キンとタマと麗華さん遺してそんな………(涙)
 囮になった銀を最後まで守り抜き、散った姿は男ではありましたが………。アンタ…銀の気持ちをムダにするんじゃあないよ………。

 かくして、銀は再び大輔と再会。ウィード、譲二共々お世話になることになります。
 大輔…銀の眼の事、気づいてあげて欲しいなぁ…。もうほとんど見えてない、という処は気づいていないのか、「ははは、健康だ」なんて言ってましたが、全然健康じゃないよ大輔ェ!!! 目が…目が!!!

 そして、地味に和ちゃんと残念な事になっていたのが泣けた………。全私が泣いた………。
 銀ちゃんにばっかり構ってるから………。キャリアウーマンになっちゃったのだけが理由じゃないよ絶対………。

 しかし、ホッとしたというか、これで銀は大輔の元にいられそうです。
 犬社会に於いては圧倒的カリスマを持ち、隠居の身となっても尚、犬達には絶大な信頼を寄せられて、精神的支柱となっている銀も、大輔の前では仔犬のように「クーン」と甘えるのがなんとも好きです。

 楽園は熊達の猛攻の前に陥落。
 赤目はたまたま修行に出ていて難を逃れていたウィードの三兄弟(ベラは…もう飼い犬になった感じですかね^^;)に、楽園の危機を伝えます。
 あの仔犬だったシリウス、オリオン、リゲル、ベラがそれぞれみんな逞しく、美しく成犬に成長していて、なにかじーんと来るものがあります。そして何より、ボン、山彦、そしてアンディ・バルコム!!!
 メッチャカッコ良くなってるじゃあありませんかァ!!!
 特にボン。マテウスに似ている感じになってますが、なかなかイイ男に成長しています。
 そんな彼らに齎された「楽園危機」の急報に、山彦の勢力も合流。雲斎の軍も加わり、再び熊たちから楽園を取り戻さんとするオリオン達。
 しかしまあ、モンスーンがなんかもう化け物過ぎて………。

 もうこうなりゃ、全国から「漢」を集める旅に出るしかねぇ………と、思わずにはいられません。(^^;)

 改めて、リキの偉大さが身に沁みます。
 たった一匹で熊たちからナワバリを護って闘い、全国から「漢」が集うのを待ってたんですから…。パネェわんこです。

 ああ、こんなん書いてたら、改めて「流れ星銀」が観たくなってきた………。
「銀ーっ! オラ達ずっと友達だよなあーっ!! 家の戸さ、開けて待ってるぞーっ!!!」
 こんな少年の大輔が、今や大人になってるんですよねぇ………。
 銀が老犬になっても仕方ないのですが、クロスや赤目を見ていると、まだまだ元気に長生きして、大輔の家でのんびり暮らしてって欲しいなぁ…なんて思ってしまいます。

 ともかく、なんか妙に先が気になってきました。。
 犬同士の戦いより、やっぱり熊が出てくると引き締まるというか…、今後が気になる展開です。

 それと、クロスがまだまだバッチリ強い女戦士だったのが嬉しい…。。
 並みの雄犬程度、アッサリのしちゃう処、流石だぜ、クロスの姉御!!!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。